レーザー加工機で製作した紙のバレンタインカード

バレンタインカード

トロテックのレーザー加工機でオリジナルのバレンタインカードを作ってみましょう。シンプルな無地の紙でもレーザーカットやレーザー彫刻を施すと素敵なデザインに。チョコレートに手作りのカードを添えて・・・


材料

このサンプルの紙は、トロテックの商材「LaserPaper」を使用していますが、日本では商材を販売していません。トロテックの商材について詳しくは下記をご覧ください。

Trotec Materials(英語)

使用機種

  • Speedy 360
  • 80W
  • 1.5インチレンズ

※このサンプルのように細かく複雑なデザインをカットする場合には、1.5インチレンズの使用をお薦めします。
Speedyシリーズの他の機種でも加工できます。

アクセサリー

加工テーブル: バキュームテーブルとハニカム カッティング テーブル


ステップバイステップ

ステップ1:デザインのデータ出力(=ジョブの作成)

このページ下のデザインファイルをダウンロードして、cdrかpdfファイルをグラフィックソフト(CorelDRAWまたはIllustrator)で開きます。あるいはオリジナルのデザインを作図してください。

次にデザインデータをレーザー加工機用データ(=ジョブ)に出力します。デザインを選択し、グラフィックソフトの印刷でプリンター「Trotec Engraver」を選択、環境設定をクリック、出力設定タブを表示して下記を設定します。設定が完了したら最後に印刷を押して、JobControl(ジョブコントロール)レーザーソフトウェアにデータを出力しジョブを作成します。

印刷 > Trotec Engraver > 環境設定 > 出力設定

印刷のデータ出力設定

印刷設定(加工オプション)

加工モード 解像度 カットライン
標準 500 dpi none
ハーフトーン調整 その他
カラー  ―

ヒント

デザインデータのハートを形成している小さな丸は、ハート型を抜き取りたい場合のミシン目としても活用できます。


ステップ2:レーザー加工(彫刻)

JobControl(ジョブコントロール)レーザーソフトウェアをPC画面に表示し、ステップ1でデータ出力したジョブをJobControlのプレート上に配置します。

次にJobControlの「材料テンプレート」を開いて、下記のパラメーターを設定します。このサンプルでは様々な加工(速いスピード、遅いスピード、淡い彫刻、濃い彫刻、スクラッチング)を施すために何種類のパラメーターを使用しています。

パラメーターの設定後、材料の紙を加工テーブルにセットし、レーザー加工を行います。

パラメーター設定

カラー 加工の種類 パワー (%) スピード (%) 周波数 (ppi/Hz)
彫刻 CO2 17 20 500
彫刻 CO2 25 20 500
彫刻 CO2 12 1 1000
シアン カット CO2 5 1 1000
グリーン カット CO2 24 2 1000
パス(繰返し) エアアシスト Zオフセット アドバンス
1 on +3 mm 高品質
1 on - 高品質
1 on - -
1 on +4 mm -
1 on - -

ヒント

加工テーブル上の空きスペースを材料とは別の紙で覆うと、バキュームテーブルの吸引力が強くなり加工品質をアップすることができます。


ステップ3:仕上げ

加工した紙に彫刻カスが残っている場合は、柔らかい布で拭き取ります。紙がたわむため濡れた布で紙を拭かないでください。


もっとアイデアをプラス!

  • 写真のように、様々な色の紙や2層タイプの紙などをレーザー加工して、たくさんのカード・バリエーションを作ってみましょう。
  • プリント&カットの製作には、トロテックのJobControl® Vision(ジョブコントロールビジョン)システムの使用が最適です。ヘッド部に搭載した小型カメラが印刷された「レジストレーションマーク」(黒丸)を読み取って、位置がズレても自動補正するので正確にアウトラインをカットできます。
  • 紙のレーザー加工については下記ページを参考にしてください。

レーザー加工機による紙の加工技法


ダウンロード

デザインデータ(cdr/pdf)

※デザインデータは、CorelDRAWまたはIllustratorのグラフィックソフトウェアで開いてください。


トロテックの推奨モデル