JobControl® Vision

JobControl® Vision(ジョブコントロールビジョン)は、ヘッド部に搭載した小型カメラが、印刷された「レジストレーションマーク」を自動で読み取り、正確にアウトラインをカットできるシステムです。

対応機種

Speedyシリーズ
  • Speedy 300
  • Speedy 360
  • Speedy 400
SPシリーズ
  • SP500
  • SP1500

最適なアプリケーション

アクリルなどを材料としたPrint&Cutビジネス


印刷物のアウトラインを正確にカット!

JobControl Visionは、レーザー加工機に搭載したカメラが、印刷のズレや歪みを認識し、印刷物のアウトラインを正確にカットできるシステムです。アクリルなどの硬い材料から、紙などの柔らかい材料まで、印刷物のアウトラインを綺麗にレーザーでカットできます。


例えば、Print&Cutビジネスでは、印刷したデザインのアウトラインに沿って全くズレのない精度でカットすることが非常に難しく、重要な課題の一つのとなっています。POPディスプレイの細いラインを切り抜く際に発生するカットズレ、あるいは型抜きしたアクリルにプリントする際の印刷ズレは、作業時間だけでなく、材料コストも無駄になります。

トロテックなら、レーザー加工機による美しいカットラインと、JobControl Visionによる正確な検知&補正システムで、カットミスを削減し、クオリティの高いPrint&Cut製品が作れます。

JobControl Visionは、Speedyシリーズ*とSPシリーズのレーザー加工機に追加できるオプションです。新規導入のマシンだけでなく、既存のトロテック・レーザー加工機にも取り付けられます。対応機種についてはトロテックにお問い合わせください。

*Speedy 100を除く

JobControl® Visionのメリット

  1. カットミスの削減
  2. カットラインの美しい製品づくり(製品の品質向上)
  3. 作業効率のアップ
  4. 多様なデザイン、少量生産に対応
  5. Print&Cutビジネスに最適

【メリット1&3】JobControl Visionは、材料のセット時に位置がズレても、自動で位置ズレを補正してアウトラインをカットします。それは、レーザーヘッドのカメラが印刷上とJobControlソフトウェア上の「レジストレーションマーク」を照合してカットするからです。したがって、材料の位置決めに時間を取られることなく、効率良く作業を進めることができます。何より、カットミスの削減につながります。

【メリット2】Jトロテックのレーザー加工機は、アクリルなどの硬い材料から、紙や布などの柔らかい材料まで、アウトラインを綺麗にカットできます。レーザーカットしたアクリルの断面は、とても滑らかに仕上がります。しかも、研磨やバフ掛けなど、手作業による後処理が不要です。紙や布など、セット時に平らになりにくい材料でも、JobControl Visionの補正機能が作動して、自動で画像のゆがみを調整し、カットラインの美しい製品を作ることができます。

【メリット3&4】JobControl Visionを使えば、アウトラインを綺麗にカットしなければならない製品のデザインは無限と言えます。グラフィックソフトウェアでデザインを作成するだけで、様々なデザインの製品を効率良く生産できます。クライアント毎に、仕様毎に、幅広い注文や小ロットのリクエストに柔軟に対応できます。

【メリット5】JobControl Visionを搭載したトロテックのレーザー加工機は、Print&Cutビジネスに最適です。UVプリンターで色鮮やかにプリントした印刷物をアウトラインに沿って綺麗にレーザーでカットすることができます。


JobControl® Visionの補正機能

JobControl Visionは、材料のセット時に位置ズレがあっても、レーザーヘッドのカメラが印刷上とJobControlソフト上の「レジストレーションマーク」を照合し、自動で補正してアウトラインをカットします。

また、印刷されたデザインが元のデータ(カットラインデータ)とはサイズや角度が異なっていても、数学的アルゴリズムによって画像の歪みを補正し、実際の印刷物のアウトラインにカットします。


補正の種類

参考例
(印刷物と元データ ⇒ 印刷物と補正データ)
※青色の線がデータのカットラインになります。

回転・位置ズレを補正
材料をレーザー加工機にセットした際に、回転して位置がズレても自動で補正してアウトラインをカットします。

線形の歪みを補正
印刷されたデザインに線形の歪みがあっても、自動でカットパスを補正します。
例えば、サイズや角度が元データと異なっていても、実物のアウトラインをカットします。

非線形の歪みを補正
印刷されたデザインに非線形の歪みがあっても、自動でカットパスを補正します。例えば、元データと異なる曲線があっても、実物のアウトラインをカットします。

JobControl® Visionの使い方

JobControl Visionの基本的な作業フローは、デザイン→印刷→レーザー加工です。

作業フロー

詳 細

参考イメージ

Design


1.カットラインの作成

レーザーカットしたいデザイン(アートワーク)をCorelDRAWのグラフィックソフトで開き、アートワークにカットラインを作成します。
カットラインは、線幅「0.001mm(Hairline)」、色はトロテックカラーパレットの赤を選びます。

※トロテックカラーパレットをグラフィックソフトにインポートすると便利です。

2.レジストレーションマークの作成

1のアートワークにレジストレーションマークを追加します。

レジストレーションマークの推奨直径は6mmです。色はトロテックカラーパレットRGB16色から好きな色を選びます。参考イメージでは黒を選択しています。

Print


3.レジストレーションマーク付きデザインを材料に印刷

2のレジストレーションマークが付いたデザインデータをカットしたい材料(紙、フィルム、アクリルなど)にUVプリンターなどの印刷機でプリントします。

この時、レーザー加工用のカットラインを印刷しないように、カットラインのレイヤーを無効にします。

4.レジストレーションマーク付きカットラインのデータをレーザー加工機に出力

2のデータをCorelDRAWで開いて、レジストレーションマーク付きカットラインのデータをレーザー加工機に出力します。
この時、アウトワークのレイヤーを無効にします。

出力先は、トロテックのJobControlレーザーソフトウェア(プリンタドライバー)を選択します。
CorelDRAWの印刷 > 環境設定の画面で、材料やカットライン(赤色)のパラメーターを設定します。

設定終了後「OK]→「JC」→「印刷」でJobControlにジョブとして出力データを送信します。

Laser


5.3の印刷済み材料をレーザー加工機にセット

3でプリントしたレジストレーションマーク付きの材料をレーザー加工機にセットします。

6.4で出力したデータ(ジョブ)をJobControlソフトウェアの加工エリアにドラッグ&ドロップ

JobControlソフトウェアを開き、4のジョブ(出力データ)をJobControl画面上の加工エリアにドラッグして配置します。

7.JobControl Visionのカメラが全レジストレーションマークの位置を読取

JobControlの「スタート」ボタンをクリックすると、JobControl Visionの実行画面が開きます。

JobControl Visionのカメラが、全てのレジストレーションマークの位置を読み取ります。

位置がズレている場合は、ソフトウェア画面の矢印キーやレーザー加工機のキーパッドで正しい位置に移動します。

正しい位置の場合は、カメラのモニター画面で、緑色の円が印刷されたレジストレーションマークと重なります。

8.JobControl Visionのカメラが全レジストレーションマークの位置を検知した後、レーザーカットを開始

JobControl Visionのカメラで全てのレジストレーションマークが正しい位置であることを認識したら、キーボードの「Enterキー」または画面上の「OK」ボタンを押して、レーザーカットを開始します。

※さらに詳しいJobControl Visionの使い方は、本ページ上部右側のカタログ&ガイドブック(ZIP形式)をダウンロードしてご覧ください。

さらに詳しい情報は・・・

JobControl® Vision(ジョブコントロールビジョン)は、Speedyシリーズ(Speedy 100を除く)とSPシリーズのレーザー加工機に追加できるオプションです。新規導入のマシンだけでなく、既存のトロテック・レーザー加工機にも取り付けられます。対応機種、価格や仕様など、JobControl® Visionのさらに詳しい情報は、お電話かメールでお問い合わせください。

【お問い合わせ先】
・Tel: 03-4578-2782
※受付時間:平日9:00~18:00(土日祝日および当社休業日を除く)
・メール
下記の「お問い合わせ」をクリックし、お問い合わせページから質問事項をご記入ください。