自動車産業におけるレーザーマーキング

金属やプラスチック製部品のレーザーマーキング。恒久的なデータ・マトリクス・ラベリング、プラスチック部品のレーザーカット。

自動車産業
キャストやプラスチックの部品の恒久的なデータ・マトリクス・ラベリング

自動車産業におけるマーキングのためにレーザー加工機を使う方法

自動車産業で安全性が求められる部品には、明確なトレーサビリティが必要とされます。 レーザーは、自動車産業で使用される材料のほとんどに、鮮明なコントラストで見やすく、耐久性にも優れたマーキングができます。

したがって、データ・マトリクス・コードやその他の英数字のマーキングが最適に読み取れることが前提となる自動車産業では、レーザーマーキング装置が最適なツールです。自動車産業の部品に多く採用されているパーツ材料に、コードやその他のコンテンツをスピーディかつ正確にマーキングし、クオリティの高いラベリングに役立ちます。

自動車産業でのレーザーマーキングに関する詳しい情報をお探しですか?

お気軽にご相談ください

レーザーマーキングが合理的である理由
技術の比較

自動車産業におけるレーザーマーキングサンプル例

自動車産業においてレーザーマーキングで経費を節約する方法

製品のトレーサビリティのためのレーザーマーキングは、大幅なコスト削減につながります。こちらの例では、ラベルあたり、または投資期間全体の節約効果を示しています。レーザーコストは、投資コストとランニングコストを含みます。

一緒に考えましょう
経験豊富な担当者がアドバイス致します

今すぐ相談する

業務用レーザーマーキングにはどのレーザー加工機が必要ですか?

SpeedMarkerシリーズは、ダイナミックデータを簡単にレーザーマーキングできるので、製品のトレーサビリティーに最適です。レーザークラス 2 のガルバノを使って、個別の部品や大量の部品にマーキングし、トレーサビリティを管理。また、ブランドのロゴ入れや機能的なマーキングも実現できます。

ガルバノ式レーザー「SpeedMarker」 のご紹介

お客様の声

「トロテックのレーザー加工機は高品質でサポート体制が優れているので、安心して購入できました。2 台の加工機のおかげで、生産と試作の幅が広がり、外注にかかる時間とコストを節約できました。」

David Hoskins

製造技師 - Abb Ltd.

「SpeedMarker 700 を使用して、当社のモーターにブランドやロゴ、すべての仕様や認証をマーキングしています。このシステムは、当社の ERP と完全に統合されており、作業指示書をスキャンすると、すべての情報が自動的に引き出されます。トロテックは、特にプログラミングや校正の初期段階で完璧なサポートを提供してくれます。SpeedMarker 700 を使うと、ステンレススチールや軟鋼に最高品質のマーキングができます。」

George Barbuc

プロジェクトマネージャー - Van der Graaf

「当社は、ハウジングやプリント基板へのマーキングなどで、他のレーザーシステムメーカーとの生産経験があります。ただし、それらのメーカーは当社の要求に適したソリューションを提供してくれません。一方、トロテックは大判レーザー加工機 SP1500 を使って最適な生産ソリューションを提供してくれました。」

Stefan Beichter

製造プロセス開発者 - 製作技術、Pilz GmbH & Co. KG

自動車産業でレーザーを使用する際のよくある質問。

自動車のどの部品にレーザーマーキングできますか?

自動車部品をレーザーマーキングする方法を教えてください。

部品のマーキングのために、製造現場にレーザー加工機を導入したいとお考えですか?
ご相談のみでも喜んでアドバイス致します

今すぐ相談する

会員 troGROUP Logo