レーザーソフトウェアの再定義 - Ruby®

シームレスな

ワークフロー

ネットワーク化された

オープンプラットフォーム

創造意欲をかき立てる

直感的なユーザーインターフェース

Ruby® レーザーソフトウェアが必要な理由

多くのレーザーユーザーが、今、そして未来に必要としているものは何でしょうか?それは毎日のレーザー加工をスムーズにこなすことのできるレーザーソフトウェアです。トロテックのレーザーソフトウェア「Ruby®(ルビー)」を使えば、アイデアから製品化までのワークフローが、シンプルでスピーディに行えます。これによって、収益性の高い注文処理が保証されます。またデジタル化、ネットワーク化されたWeb ベースのプラットフォームを実現。さらに、使うのが楽しくなるユーザーインターフェイス機能がついています。

Ruby® は、レーザー加工をより簡単に、よりスピーディにするために開発されたレーザーソフトウェアです。

ワークフローをシンプルにしたいですか?
レーザーソフトウェアRuby®を入手

レーザー加工のワークフローをシームレスに
 

レーザーグラフィックデザインソフトウェア。シームレスなワークフローを可能に

シンプルな図形の作図やテキストの入力、写真の挿入などが行えます。デザインの調整は、統合化ワークフローを利用して迅速に行うことができます。Ruby®は、グラフィックプログラムとレーザープログラムの両方を兼ね備えているため、「デザイン」と「準備」のステップを 1 つのソフトウェアでいつでも切り替えられます。これらの機能性により、アイデアから製品化までの時間を短縮できます。

ネットワーク化された作業環境。複数のレーザー、無限のユーザー数、単一の Web ベースプラットフォーム

Ruby® は所有している全てのレーザーマシンを1つのネットワークに接続します。ジョブを 1 台の PC または Mac から複数のマシンに分散させることができます。ジョブはレーザー加工機の内蔵ストレージにロードされ、追加の PC なしで加工が完了します。新たなワークフローのおかげで、場所や時間に制約されることなく、一人のユーザーがジョブを準備し、別のユーザーが製作を行えます。

使うのが楽しくなるユーザーインターフェース

レーザーソフトウェアRuby® は、ユーザーをアイデアから完成品までサポートします。シームレスなワークフローにより、デザインから準備、製品化に至るまで、一貫して作業を行うことができます。直感で操作できるので、トレーニングの労力が最小限で済みます。クラウドベースの材料データベースにより、最高品質のレーザー加工が保証されます。ユーザーは素材および素材効果 (深彫り、暗彫り、キスカットなど) を選択することができます。

アイデアから製品化まで

レーザー加工の作業工程のすべてが 1 つのソフトウェアに統合されています。この統合ワークフローが、レーザー加工のアイデアから製品化に至るまで手順毎にユーザーをガイドします。

また、このワークフローは作業によって分割することも可能です。グラフィック作成、レーザー加工の準備、レーザー操作など、フローの作業別によって異なる担当者が実行できます。

※下記機能には、一部未実装のものも含まれています。今後のアップデートで実装を予定しております。

グラフィックやテキストの作成

Ruby®を使って、デザイン、グラフィック、写真、テキストの要素を作成します。デザインやジョブを編集する際、レーザーソフトウェアとグラフィックソフトウェアを切替える手間はありません。レーザーユーザーが必要とするグラフィック・ツールを装備しています。

1
ソフトウェア 設計機能

RGBカラー、シートサイズ、ヘアライン設定が不要

プリンタードライバがなくても、pdf、 svg、 png、 jpg または ai といったファイルを直接Ruby®にインポート可能です。グラフィックプログラムからレーザージョブをプリントアウトする手間がなくなります。ファイルをアップロードすると、レーザー加工ができるデータに自動的に最適化されます。

>10 0
フォーマットをインポート プリンタードライバー

Mac、 タブレット、 Windowsに対応

Macでレーザージョブを作成、パラメーターをWindowsのPCで設定し、レーザー加工の進捗を外出中にタブレット上で確認。Ruby®は、Windows、 Linux または Macなど様々なオペレーティングシステムに対応しています。

1
プラットフォーム オペレーティングシステム

いつでもどこからでもアクセス可能

どこからでもレーザージョブを準備できます。建築モデルの図面を家で作成、オフィスで試作品をレーザーカット、顧客からのデザイン変更の対応:など、Ruby®を使えばレーザー加工機で直接行う必要はありません。
Ruby®はどこからでも使えます。

1
準備する場所 ネットワーク

複数のユーザー

異なる役割と権限を持つチームが一緒に加工準備ができます。例えば、オペレーターはレーザーパラメーターを調整することはできず、割り当てることしかできません。学生は先生がいないとレーザー加工をできません。そのような状況でも、グラフィックの準備とレーザー加工作業がシームレスに連携しているので、複数のユーザーでレーザー加工の準備をすることができます。

1 0
レーザー バリア

Ruby® レーザーソフトウェアのその他の機能


ファイルを直接インポート
pdf、svg、png、jpg、ai ファイルを直接インポートし、自動的にクリーンアップします。

1つのPCから複数のレーザー加工機をコントロール
PCから複数のマシンにジョブを送信可能。

ネットワークにレーザー加工機を接続
ネットワーク内のすべてのレーザー加工機を、ローカルまたはクラウド経由で接続します。

材料効果を割り当てる
レーザーパラメーターの設定が簡単になりました。キスカットや彫刻の濃淡などご希望の効果を設定することができます。

いつでも、どこからでも、ジョブデータにアクセス
どこからでもレーザージョブを準備。Ruby® は、PCをレーザー加工機に直接接続している必要はありません。Ruby® はネットワーク上でもリモートでもどこでも使えます。

オンライン、オフライン両方で完全に利用可能
オンラインアップデートで常に最新の状態にし、インターネットに接続せずにレーザー加工機で作業可能。レーザーパラメーター、ジョブ、デザインはローカルで保存されます。

全てのSpeedyレーザー加工機に適合
Ruby®は、2004年以降に製造されたすべてのトロテックのSpeedy レーザー加工機で使用可能です。

Ruby®をオンラインショップに接続
Ruby®をお客様のオンラインショッププロセスに統合し、顧客注文をダイナミックに作成。

ジョブ、デザイン、およびレーザーパラメータを共有
ジョブ、デザイン、およびレーザーパラメータを他のレーザーユーザーと共有可能。

回転彫刻向けのスムーズなワークフロー
対象物の回転ジョブを作成、拡大縮小、回転。3D のプレビューを作成し、無限に彫刻可能。

拡張された印刷および切断機能
レジストレーションマークを使って、印刷される材料の位置、回転、歪みを判定可能。最も低いコントラストでも、 印刷および切断のレジストレーションマークを検出します。

カットジョブを最適化
材料の利用率の向上のため、ネスティングをし、カットジョブを最適化します。

切断スクリーン
ベクターオブジェクトに画像を挿入可能。

マージ、クロッピング、交差
「マージ」、「クロップ」、「交差」ツールを使用して複雑な形状を作成し、その形状を画像で彩ることが可能。

ファイルインポートを高速化
自動インポート用の “Hot Folders” にファイルを保存可能。これによりファイルインポートが高速化します。

クイックスタート
統合化されたユーザーガイドを使用して、ソフトウェアをすぐに使い始めることが可能。

リアルタイム通知を受け取る
利用率を向上するため、いつでもマシンのステータスを知ることが可能。

ワークフローをシンプルにしたいですか?
レーザーソフトウェアRuby®を入手する

シームレスなワークフローを可能に。
デジタルの新たな扉を開きましょう。

Ruby® デジタル化への旅:

ワークフローをシンプルにしたいですか?
レーザーソフトウェアRuby®を入手する

シームレスなワークフローを可能に。
さあ、デジタルの新たな扉を開きましょう。

Ruby®についてのFAQ

レーザー彫刻に最適なレーザーソフトウェアは?

レーザーカット用に使用するレーザーソフトウェアは何ですか?

Ruby® レーザーソフトウェアはMacで動作しますか?

レーザーソフトウェアはどの言語で利用可能ですか?

Ruby® のご案内をご希望ですか?
お問い合わせください

今すぐご相談ください

会員 troGROUP Logo