デジタルファブリケーションにおけるレーザー加工機

メーカースペースやファブラボでレーザーカッターの使用:アイデアから完成品に至るまでデジタル化され、非接触で安全です。MDF、合板、布地、アクリルなどを使った試作品

ラピッドプロトタイピング
合板をレーザーカットして、試作品の制作

デジタルファブリケーションにレーザーカッターが最適な理由

アイデアをわずか数ステップで完成品に仕上げることが出来るレーザーカッター。レーザーカッターは、デジタル化された加工工程と正確なカットで、データ通りの精密に模型製作が出来ます。また、2Dデザインの模型も、レーザーの方が3Dプリンターより速く製作できます。レーザーカッターを使って、クリエイティブで革新的なアイデアやDIYプロジェクトを構想通りに再現することができます。

デジタルツールは、すでにワークショップの標準的な設備となっています。メーカースペースまたはファボラボでは、誰もがレーザーカッターを使ったデジタル制作が利用できます。木材、ボール紙、紙、プラスチック、アクリルなどの材料をレーザーカッターで彫刻・カットすることができます。

レーザーテクノロジーの様々な可能性を見つけましょう

ご相談のみでも喜んでアドバイス致します

デジタルファブリケーションにレーザーカッターを使う理由
技術の比較

レーザーテクノロジーのサンプル例

レーザーカッターの使用コストを計算する方法

学校やメーカースペース向けのレーザー加カッターを購入する場合、投資コストをユーザーと耐用年数の両方の観点から考える必要があります。以下の例では、レーザーを使用する際のコストを、コストの回収を考慮に入れて計算する方法を示しています。投資コストと運用コストが計算に含まれます。

一緒に考えましょう

アイデアの段階からレーザー加工機の設置後もサポート致します

ファブラボやメーカースペース、建築プロジェクトでの使用に適したレーザーカッターはどれですか?

Speedy シリーズのレーザーカッターは、安全性、スピード、そして革新的なテクニカルデザインを提供します。Ruby®レーザーソフトウェアのシンプルなワークフローにより、レーザージョブの準備をリモートで行うことができます ー レーザーの作業時間が効率的になります。

レーザー加工機のご紹介

お客様の声

「トロテック・レーザー が我々にとって興味深いのは、いくつかの理由があります。まず、レーザー自体が非常に高品質です。また、地域のつながりを大切にしているので、現場でのサービスが迅速で、新しい開発や改良に関する情報交換も提供してくれます。」

大学教授、Martin Kaltenbrunner 博士

研究所長 - ヨハネスケプラー大学:実験物理学研究所、ソフトマター物理学科

「トロテックのレーザー加工機を導入したことで、メーカースペースに人が集まってくるようになりました。使ってみて、その用途の広さや便利さに気づくと、ここで長時間プロジェクトに取り組むことが多いのです。また、メンバー全員が使用できるので、とても貴重です。」

Luke Tansell

Makerspace Adelaide

よくある質問

建築におけるデジタルファブリケーションとは?

デジタルファブリケーションのプロセスとは?

デジタルファブリケーションはどこで使われていますか?

メーカースペースやファブラボでのレーザーカッター利用には何が必要ですか?
喜んでアドバイス致します

今すぐ相談

会員 troGROUP Logo