トレーサビリティ

デジタル製品や製作に対応した、恒久的で非接触的のダイレクトレーザーマーキング。10 分の 1 のコストで実現。

製品のトレーサビリティをレーザーマーキングで実現

非接触レーザーマーキングは、時間もコストもかかることなく、生産現場で確実なラベリングが可能です。ツールや部品に傷がついたり、不鮮明なマーキングになる心配はありません。 フライス加工部品にはシリアル番号とロット番号、キャスト部品にはデータマトリックスコード、そして射出成形品には製造年月日とシリアル番号がマーキングされます。

レーザーマーキングは、製品のライフサイクル全体のトレーサビリティを実現するための、恒久的かつ偽造を防止するマーキングです。レーザー技術は、同等の技術 (例: ラベリング) と比較して、10 倍の費用対効果があります。

レーザー加工機を生産現場に導入してトレーサビリティを改善したいとお考えですか?

ご相談のみでも喜んで無料でアドバイス致します
お問い合わせください

トロテックのレーザー加工機がトレーサビリティに適している理由
技術の比較

マーキング可能なもの。

レーザーマーキングで経費を節約する方法

製造現場のトレーサビリティにレーザーを利用すれば、コストを大幅に削減できます。これらの例では、レーザーマーキングをラベリングやニードルエンボスと比較し、マーキング当たり、または投資期間全体の節約効果を示します。補足情報:レーザーのコストには、投資コストとランニングコストが含まれます。

一緒に考えましょう

経験豊富なスペシャリストがアドバイス致します

レーザー製造でのトレーサビリティに必要なレーザー。

SpeedMarker レーザーマーカーは、動的なデータをレーザーで簡単にマーキングできるため、機械工学、エレクトロニクス産業、契約彫刻の分野に最適な製品です。Galvo レーザークラス 2 装置を使って、完全なトレーサビリティ、ブランド認知または機能的マーキングのために、個別部品および大きなサイズのバッチをマーキングします。

レーザーマーキング装置のご紹介

お客様の声

「トロテックのレーザー加工機は高品質でサポート体制が優れているので、安心して購入できました。2 台の加工機のおかげで、生産と試作の幅が広がり、外注にかかる時間とコストを節約できました。」

David Hoskins

製造技師 - Abb Ltd.

「SpeedMarker 700 を使用して、当社のモーターにブランドやロゴ、すべての仕様や認証をマーキングしています。このシステムは、当社の ERP と完全に統合されており、作業指示書をスキャンすると、すべての情報が自動的に引き出されます。トロテックは、特にプログラミングや校正の初期段階で完璧なサポートを提供してくれます。SpeedMarker 700 を使うと、ステンレススチールや軟鋼に最高品質のマーキングができます。」

George Barbuc

プロジェクトマネージャー - Van der Graaf

「当社は、ハウジングやプリント基板へのマーキングなどで、他のレーザーシステムメーカーとの生産経験があります。ただし、それらのメーカーは当社の要求に適したソリューションを提供してくれません。一方、トロテックは大判レーザー加工機 SP1500 を使って最適な生産ソリューションを提供してくれました。」

Stefan Beichter

製造プロセス開発者 - 製作技術、Pilz GmbH & Co. KG

よくある質問

製造業におけるトレーサビリティ手法

トレーサビリティのプロセスフロー

レーザーマーキングは消えることはありますか?

トレーサビリティにはどのレーザー加工機が使用されますか?

レーザー加工機を導入してトレーサビリティを改善したいとお考えですか?
お気軽にご相談ください

今すぐ 相談予約をする

会員 troGROUP Logo