製作現場におけるレーザー加工機

製作におけるレーザー加工機の使用:デジタル、恒久的、非接触。
精密工学や自動車製造において、機能性フォイル、エンジニアリングプラスチック、ハウジングのカッティングやマーキングを行うことで、コストを削減し、柔軟性を高めることができます。

製造業におけるレーザー加工機のメリット

製造業におけるレーザー加工機は、さまざまな用途に使用できます。時計のベゼルへのマーキングから、建築模型製作における安定性のあるカット、自動車産業での高精度のマーキングまで、様々な用途に対応します。

製造業界の企業には、製品の製造行程において、高度な信頼性が求められます。レーザー製作は、デジタルで、 磨耗のない非接触加工です。高品質なカットと彫刻の仕上がりは、製品の価値を高めます。

製造コストの見直しをしませんか?

個別の用途に合わせて最適なレーザー加工機を提案致します

今すぐ相談

トロテック レーザー加工機を製造現場で使うことが合理的な理由
技術の比較

製造サンプル

レーザー加工機を使って製作工程で生じるコストを削減する方法

製造現場にレーザー技術を利用すれば、コスト削減に有効です。ここで紹介する例では、マーキング当たり、または投資期間全体の節約効果を示します。
補足情報:レーザーのコストには、投資コストとランニングコストが含まれます。

一緒に考えましょう
最新の製造技術の分析から最大の生産性までをサポートします

今すぐ相談

製作に必要なレーザー加工機はどれですか?

SP シリーズのレーザー加工機は、最大限の生産性と使いやすさ、最高のカット品質、24 時間 365 日の信頼性を備えています。これらの特性により、レーザー加工機は製作に適した選択肢となります。

レーザー加工機のご紹介

お客様の声

「SP2000 を導入したことで、カットの質が向上し、より幅広いカスタムオーダーに対応できるようになっただけでなく、他の機器を使用したアクリル加工も内製化できるようになりました。また、新しいプロジェクトのための金型作成やプロトタイプを作るために機械工場への外注もなくすことができました。今では、自社のレーザー加工機で部品を記録的な速さで製造できるようになりました!」

Jeff Schuch、Mike Schuch & Jeff Green

生産・開発マネージャー - 社長、CEO、Graffiti Shield

「レーザー加工機には多くの利点があることは、誰もが知っています。ただし、企業が成功するためには、生産性と効率性が重要です。お客様は、高品質であることに加えて、迅速で時間通りの納品を期待します。ダウンタイムは許されません。したがって、レーザーシステムを購入する際には、システム自体の性能だけでなく、サプライヤーが提供するサービスやサポートについても考慮することが重要です。」

Alexander Evenhuis

Tapir マネージングディレクター

「トロテック のおかげで、お客様のニーズをより早く満たすことができます!」

Tom Whipple

Ameritape

製造コストの削減や生産性向上について個別のリクエストに合わせた
最適なレーザー加工機を選ぶためのアドバイスを致します

今すぐ 相談