データプレートのレーザー彫刻

データプレートに動的なデータを安定的にレーザーマーキング

データプレートとタグ
工場や機械工学のためのシリアルナンバーや可変データの彫刻。

部品やデータプレートに製品情報をレーザーマーキングする方法

レーザーマーキングは、データプレートの製作に最適な方法です。法律的に機械の部品にラベルを付ける必要がある場合や、単に機能的なマーキングが必要な場合など、様々な用途に対応できます。自己粘着性の材料、プラスチック、そして金属へのレーザーマーキングが可能です。

レーザー技術は、恒久的なマーキングを実現するのに役立ちます。データプレートや金属タグを、消耗品や接触、摩耗なしに製作することができます。

データプレートのレーザーマーキングに関する詳しい情報をお探しですか?

ご相談のみでもお気軽にお問い合わせください

データプレートのレーザー彫刻が合理的な理由
他の機械技術との比較

レーザーマーキングの加工例

レーザーマーキングで経費を節約する方法

製造現場のトレーサビリティにレーザー技術を利用すれば、コストを大幅に削減できます。これらの例では、レーザーマーキングをラベリングやニードルエンボスと比較し、マーキングあたり、または投資期間全体の節約効果を示しています。補足情報:レーザーコストは、投資コストとランニングコストを含みます。

一緒に考えましょう
専門のスペシャリストがアドバイス致します

今すぐデモを予約

レーザー加工のトレーサビリティに必要なレーザーは?

SpeedMarkerシリーズは、動的なデータをレーザーで簡単にマーキングすることができるため、機械工学、電子工学、コントラクト・エングレーバーなどの分野に最適な製品です。レーザークラス 2 のガルバノレーザーシステムを使って、個別部品および大きなサイズのバッチをマーキングし、完全なトレーサビリティ、ブランド認知または機能的なマーキングが実現します。

SpeedMarker レーザーマーキング装置のご紹介

お客様の声

「トロテックのレーザー加工機は高品質でサポート体制が優れているので、安心して購入できました。2 台の加工機のおかげで、生産と試作の幅が広がり、外注にかかる時間とコストを節約できました。」

David Hoskins

製造技師 - Abb Ltd.

「SpeedMarker 700 を使用して、当社のモーターにブランドやロゴ、すべての仕様や認証をマーキングしています。このシステムは、当社の ERP と完全に統合されており、作業指示書をスキャンすると、すべての情報が自動的に引き出されます。トロテックは、特にプログラミングや校正の初期段階で完璧なサポートを提供してくれます。SpeedMarker 700 を使うと、ステンレススチールや軟鋼に最高品質のマーキングができます。」

George Barbuc

プロジェクトマネージャー - Van der Graaf

「当社は、ハウジングやプリント基板へのマーキングなどで、他のレーザーシステムメーカーとの生産経験があります。ただし、それらのメーカーは当社の要求に適したソリューションを提供してくれません。一方、トロテックは大判レーザー加工機 SP1500 を使って最適な生産ソリューションを提供してくれました。」

Stefan Beichter

製造プロセス開発者 - 製作技術、Pilz GmbH & Co. KG

データプレートのレーザーマーキングについてのよくある質問

データプレートを彫刻する方法は?

動的データはどのように作成されますか?

データプレートをレーザー彫刻するためのレーザー加工機をお探しですか?

ご相談のみでも喜んで無料でアドバイス致します。