グラフィック仕上げ

デジタル印刷や看板制作において、アクリルや木、段ボールなどの印刷物をレーザーで仕上げることで、真の付加価値を生み出します。

レーザーカットがグラフィック仕上げの新製品と付加価値を生み出す理由。

印刷された高品質材料を正確にカットし、付加価値を作り出せます。その方法は?レーザー加工機を使って、アクリル断面を火炎研磨したり、木材やプラスチックに非常に美しい断面を作ることができます。作業工程やセットアップ時間を省くことで、コストを削減し、高品質な製品を製造できます。

アクリルのレーザー仕上げは、フライス加工などの代替技術に比べて最大 88% も経済的です。

グラフィック仕上げの分野を開発・拡大させませんか?
喜んでアドバイスさせていただきます。

商談を今すぐお申し込みください。

トロテック・レーザー加工機によるグラフィック仕上げの魅力の秘密。技術の比較。

印刷仕上げでできること。

レーザーカッターがデジタル印刷に生み出す付加価値とは。

利益率の向上、コスト削減、新製品は、会社の成功にプラスの影響を与えます。こちらの例では、購入価格と販売価格の概要を説明しています。見積りには、機械のランニングコスト、減価償却費、ファイル加工と機械使用のための人件費が含まれます。

一緒に考えましょう。
レーザー仕上げ用のレーザーカッターの購入検討段階から、レーザー購入後まで長い期間にわたってアドバイスします。

商談を今すぐお申込みください。

グラフィック仕上げに必要なレーザー加工機。

SP シリーズのレーザー加工機は、大型サイズの材料を高速かつ正確に加工できるよう設計されています。最大限の生産性と使いやすさ、最高のカッティング品質と信頼性の高い操作性により、グラフィック仕上げに最適です。

レーザー加工機のご紹介

お客様の声。

「トロテックのレーザーは、研磨されたカット断面を持つ製品を、効率的に量産できます。さらに、当社は機械の品質とサービスの両方を重視しています。それが、長期的なパートナーとして トロテックを選んだ理由です。」

Bernhard Eremit

マネージングディレクター - Alfred Eremit Gesellschaft m. b.H.

「お客様からの問い合わせがますます具体的になってきたため、当社は長期にわたってサービスを提供してくれるパートナーを探していました。トロテックのSP3000 は、照明技術の関係するあらゆる用途に対応できます。非常にシャープなエッジを備えたアクリルインレイを、レーザーカッターでカットできるのです。さらに、SP3000 では、材料効率の高い方法でデザインをネスティングできるため、経済的に部品生産ができます。」

Roland Plank

マネージングディレクター - Werner + Plank Licht & Metalltechnik GmbH

「レーザーを導入したことで、アクリル製品の受注が可能になり、売上高が大幅に増加しました。粉塵なしの製品品質と、お客様に求められる生産速度は、今のところレーザーでしか達成できません。SP3000 レーザーカッターは、Mister Druck の成長に貢献しています。」

Rune Slembrouck

Mister Druck GmbH

よくある質問

印刷仕上げ技術にはどのような種類がありますか?

グラフィックデザインにおけるレーザーカットの活用方法は?

印刷ワークフローにレーザー加工機を組み込むことはできますか?

レーザーカッターは、フライス加工機よりも早くアクリルを切断できますか?

グラフィック仕上げにおいて、レーザー加工機で付加価値を生み出すためには?
喜んで無料でアドバイスさせていただきます。

今すぐ 30 分の
商談を予約。