パススルー

Speedy 400 & SP 500 レーザー加工機用オプション

 

アプリケーションに高い柔軟性を

パススルー機能(背面の開口機能)を使用すると、大きいパーツや長いボードのレーザー彫刻とカットが可能になります。このオプションの加工では、レーザー安全基準はクラス4になります。

このオプションを使うことで、レーザー加工の柔軟性が高くなります。それは、パススルー機能によって、加工エリアよりも大きい材料のレーザー加工が可能になるからです。例えば、ドア、木製の壁パネル、ステンレスプレート、リフトパネル、ガレージゲート用品など、大きいシートのマーキングと彫刻が簡単にできます。

布地の加工に

パススルー機能を使えば、ロールタイプの布も加工できます。自動でロール材を送るユニットとベルトコンベアをレーザー加工機と統合すればさらに便利に加工できるので、布地のレーザーカット(裁断)に最適なソリューションです。

対応機種

Speedy 400 シリーズ
SP500

パススルー対応サイズ

機種名 幅(最大) 高さ(最大) 長さ(最大)
Speedy 400 1045 mm
 
100 mm
 
制限なし
Speedy 400 flexx 1045 mm
 
100 mm
 
制限なし
SP500 1400 mm
 
63 mm
 
制限なし

SpeedMarkerシリーズ
個々の部品や大規模なバッチの工業用マーキング。

レーザーマーキング装置のご紹介

ご質問などに喜んでお答えします

詳しくはこちらにお問い合わせください

会員 troGROUP Logo