Vision Design & Position: Speedy Run on Ruby® の新カメラシステム

以下に掲載 4. Mai 2022

新カメラシステムで加工物にジョブを直接配置

Speedy 360 及び Speedy 400 Run on Ruby® にトロテックの新しいVision Design & Position機能(ビジョン・デザイン&ポジション)を追加しました。Vision Design & Positionは、レーザーのトップカバーに組み込まれたカメラシステムです。レーザーソフトウェアRuby®で作成したデザインや、インポートしたグラフィックを材料に直接配置することができます。カメラで確認しながら配置できるので、材料の空きスペースにジョブを配置し、材料の無駄も削減できます。 Vision Design & Position を使用することで、材料にジョブを正確かつ簡単に位置決めすることができます。レーザーポインターを使った手動での位置決めや、ソフトウェアでのグラフィック位置の保存は不要です。レーザーユーザーの作業がよりシンプルに、より速く、より収益性の高いものになりました。

Speedy Vision Design & Positionについての詳細はこちら

レーザーソフトウェア Ruby® 2.3をリリース!

さらに、トロテックは、Ruby®レーザーソフトウェアをアップデートし、 いくつかの新しい機能を追加しました。トロテックのSpeedyレーザーを導入いただいているお客様は、Ruby® を無料でインストールし、お使いいただくことができます。つまり、トロテックのSpeedy100、300、360、400をお持ちのお客様は、Ruby®のすべての機能を無償でお使いいただけます。

Ruby® 2.3の詳細はこちら

レーザー加工をよりシンプルにより速く

Ruby®レーザーソフトウェアは、レーザー加工を再定義します

Ruby®は、アイデアから完成までの時間を半分に短縮します

会員 troGROUP Logo