Trotec Vision Design & Position

Ruby®レーザーソフトウェアでカメラを使用したジョブの位置決め

Trotec Vision Design&Positionを必要とする理由

Trotec Vision Design&Position(トロテックビジョン・デザイン&ポジション)は、
レーザー加工機本体のトップカバーに設置されたカメラが、加工エリア内部の加工物を読み取り、Ruby® レーザーソフトウェアに画像として表示するシステムです。 ソフトウェア上で映し出された画像を見ながら任意の位置にデザインやテキスト入力ができ、レーザージョブの調整などを行うことが可能です。レーザーポインターを使った手動でのジョブの位置決め、ソフトウェアへのジョブ位置の保存、材料やオブジェクトの測定、プリンタードライバー経由でのグラフィックソフトウェアへの出力などの面倒な作業工程が不要になりました。Trotec Vision Design&Positionを利用することで、大幅にレーザー加工の作業工程を効率化出来るようになりました。また、端材を無駄なく有効に活用できます。

Ruby® との完全統合により、レーザー加工機での作業をより簡単に、より速く、より収益性の高いものにします。初めてレーザー加工機を使う方でも、より早く完璧な仕上がりを得ることができます。

recorded-blue.svg
カメラアシストによるレーザーワークフロー

バーチャル・グラフィック・デザインとジョブの位置決め

software-ruby-blue.svg
Ruby® レーザーソフトウェアと統合

シンプル、高速、信頼性

produce-blue.svg
Speedy 400 Run on Ruby® で使用可能

最もスマートで高速なレーザー加工機(*Speedy 360 Run on Ruby®は2022年6月より販売)

recorded-blue.svg
カメラアシストによるレーザーワークフロー

バーチャル・グラフィック・デザインとジョブの位置決め

software-ruby-blue.svg
Ruby® レーザーソフトウェアと統合

シンプル、高速、信頼性

produce-blue.svg
Speedy 400 Run on Ruby® で使用可能

最もスマートで高速なレーザー加工機(*Speedy 360 Run on Ruby®は2022年6月より販売)

お客様お一人一人のご要望に応じたアドバイスをいたします

お問い合わせ

ワークピース上で直接行える、カメラアシストによるレーザージョブのデザインと位置決め

レーザージョブのデザインと位置決めが出来るTrotec Vision Design&Positionのカメラ機能を使えば、
レーザー加工機はリアルタイムで最高精度の視覚化が可能になります。
この機能により、レーザーワークフローが速くなり、思い通りの部分に正確にレーザー加工ができるようになります。より速く、よりシンプルに、より収益性の高い仕事が可能になります。

高画質カメラによるライブ画像の転送

トップカバーに搭載されたカメラは、最大12メガピクセルの解像度を持ち、作業面全体を鮮明かつシャープな画像でソフトウェアに表示します。
トップカバーが開いていても閉じていても関係ありません。加工物へのデザインや位置を事前に確認できます -  「見たままを形に」

Ruby®でバーチャルのジョブ位置決め

Ruby®を使って既存のレーザージョブを直接加工物に配置することができます。 リサイズ、回転、配置材料の無駄を削減し、対象物の面倒な測定が不要です。レーザーポインターを使った手動での位置決めや、ソフトウェアでのグラフィック位置の保存は一切不要です。

Ruby® でのバーチャルグラフィックデザイン

Ruby® を使ってレイアウトを作成・編集し、直接加工物に配置することができます。プリンタードライバーを搭載したグラフィックソフトウェアを経由するという面倒な方法は不要です。

Speedyシリーズ
これからビジネスを始める方や、生産能力を高めたい方にも理想的なレーザー加工機です

レーザー加工機のご紹介

機能やオプションに関して、ご案内をご希望ですか?
喜んでお手伝いいたします

お問い合わせ
会員 troGROUP Logo