レーザーカットについて知っておくべきこと。

高い精度、速度、多用途 – これがレーザーカットの素晴らしい点です。レーザー加工機は、ほとんどの材料をカットすることができます。

レーザーカットで何が作れる?

レーザー加工機は、細かい建築模型の作成や紙に仕上げを施すために使用することができます。また、レーザーカットは、大判の材料や工業用繊維をカットする際、例えば車のシートや内張りをカットする場合にも、よく使われています。レーザーカットの汎用性は、紙やボール紙に簡単かつ柔軟に穴や溝、切込みを入れることができるため、梱包の分野でも役立っています。

レーザー加工機に関する詳しい情報をお探しですか?
お問い合わせください、無料でアドバイスさせていただきます。

お客様のご要望に応じたアドバイスをいたします。

レーザーカットではどのようなものをデザイン・製作できますか?

レーザーはカット用途に加え、表彰盾やトロフィー、看板やディスプレイ、工業部品のマーキング、パーソナライズ、医療機器、建築モデル、スタンプ製作など、さまざまな材料や製品に彫刻やマーキングを施すことができます。

レーザーカッターは多くの産業で一般的な選択肢となっており、レーザーカット、レーザー彫刻、レーザーマーキングの組み合わせによって新製品の開発やビジネスの拡大が可能になります。

レーザーカットとは?

レーザーカットは熱で分離を行うプロセスです。レーザー光が材料の表面に当たると、材料は非常に強く加熱され、溶けたり、完全に蒸発したりします。 レーザー光が材料を貫通し、穴が開いたら、カットプロセスが始まります。 レーザーカッターは指定された形状に沿って移動し、材料をカットします。 用途によってはプロセスガスを使用することで、良い仕上がりにすることができます。

レーザーカットの用途は?

アクリルをレーザーカットする場合は、透明な切断面になりますが、布の場合は、レーザー光の熱で断面がシールされます。用途分野は、クリエイティブな用途から、アクリルプレートや箔など大判材料をカットする用途まで、多岐にわたります:

  • 広告技術、デジタル印刷:商品やPOSディスプレイ、ネオンサインや広告看板、アクリル文字などが、透明度の高い切断面で製作できます
  • クリエイティブな分野:木でできたおもちゃ、パズル、工作用品
  • ファッション、デザイン、手芸品:天然皮革、人工皮革、綿、麻、フェルトなどをカットして、衣服、宝飾品、装飾品などを作ることができます
    包装業界 - 紙(印刷物など)
  • 建築模型
  • エレクトロニクス業界:ポリエステル、ポリカーボネート、ポリエチレンテレフタレート、ポリアミドなどのプラスチック製の箔やメンブレンキーボードのレーザーカット

お客様に最適なレーザー加工機とは?

用途によって、さまざまな加工機が用意されています。

レーザー加工機とレーザーカッター:Speedyシリーズ

業界最速のレーザー加工機。事業を始めたり、生産能力を向上させたり、日々の業務での収益性を高めたりするのに理想的です。CO2およびファイバーレーザーを1台のマシンで利用できるため、彫刻とカットの用途のオプションには制限がありません。

大型レーザー加工機:SPシリーズ

SPシリーズのレーザーカッターは、大判素材をカットするための包括的なソリューションです。レーザー加工機は、看板やディスプレイ、プラスティック、フィルム製作に対応しています。

レーザーカットは、適切なソフトウェアがあれば簡単にできます。

レーザーソフトウェアRuby®は、レーザーでの作業をより簡単に、より速くします。デザイン、グラフィック、写真、およびテキスト要素を簡単に作成します。統合化ワークフローを利用して迅速に調整をすることもできます。「デザイン」と「準備」のステップを、グラフィックとレーザープログラムの両方を兼ね備えた 1 つのソフトウェアでいつでも切り替え可能です。レーザーユーザーが必要とする全てのグラフィック・ツールを装備しています。Rubyレーザーソフトウェアは、pdf、svg、png等のファイルを直接インポートできます。これらの機能性により、アイデアから完成品までの時間が半分になります。追加のソフトウェアパッケージのコストもかかりません。

レーザーカッターに興味がありますか?
お問い合わせください、無料でアドバイスさせていただきます。

お客様のご要望に応じたアドバイスをいたします。

レーザーカットに適した材料は?

レーザーカットは、プラスチック(アクリル、ポリアミドなど)、有機材料(木、紙、皮革、食品など)などに適しています。
レーザーカット用材料の概要は下表のとおりです:

  • 無垢材
  • ベニヤ板
  • MDF
  • フェルト(合成繊維)
  • 発泡材
  • 皮革
  • コルク
  • キャストアクリル

レーザーカットのメリット

なぜレーザーがカットに使われるのですか?


数多くの材料に対応したアプリケーション
木、アクリル、ガラス、布、紙、金属、石など、これほど多くの種類の有機・無機材料をカットできる技術は他にはありません。

後処理が不要
レーザーは、ほとんどのケースで、カットの後処理が不要です。合成繊維や絨毯などの繊維の端をシールするため、ほころびが発生しません。そのため、加工する材料によっては、機械によるシールや研磨のような後処理が不要になります。

最高の形状の正確なカット(10分の1の範囲)
切ミゾはレーザー光の幅とほぼ同じ大きさになります。そのため、どのような精密な形状でもカットすることができます。さらに、統合されているカメラ(Trotec Vision Print&Cut)はトンボを作成し、元のテンプレートがずれたり、回転したり、歪んだりしてもカットを自動的に補正できます。

ツールの摩耗がありません
レーザーカット機では摩耗が発生しないため、例えばツールヘッドが鈍くなることがありません。そのため、運用費を抑えることができます。

レーザーカットが利益を生む理由

レーザーカットは、他のカット技術に比べ圧倒的に安価です。フライス加工と比較して、時間やコストのかかる製作工程がありません。レーザー加工機の取得原価は1年間で償却されます。

レーザーカッターに興味がありますか?
お問い合わせください、無料でアドバイスさせていただきます。

お客様のご要望に応じたアドバイスをいたします。

レーザー技術を使ってアイディアから製品へ。

プロトタイプ作成、デジタル製造のための理想的なツール。

ファブラボ、メーカースペース、学校や大学はレーザーを模型作成、工業デザイン、プロトタイプ作成、そして多くのその他の DIY アイディアに使用します。レーザーだからこそ実現可能な、インスピレーションにあふれたデザインは、あらゆる芸術とデザインのプロジェクトに理想的です:レーザー加工機はMDF、ボール紙、ポリスチレンなどさまざまな異なる材料を加工するために使用されます。レーザーを利用することにより、ユーザーの皆様はアイデアを自由に再現することができます。レーザーカットとレーザー彫刻を組み合わせることで、わずかな工程で、クリエイティブな発想のデザインを実現することができます。

インスピレーション:レーザーカット用のサンプルテンプレート

サンプルセレクションでは、トロテックのレーザー加工機でカット、彫刻、マーキングされたレーザーサンプルをご紹介しています。
すべてのサンプルは詳細に説明されており、すぐに使用できる説明書とファイルテンプレートが付属しています。

説明書、ファイルテンプレート付きのレーザーサンプル

レーザーカッターに興味がありますか?
お問い合わせください、無料でアドバイスさせていただきます。

お客様のご要望に応じたアドバイスをいたします。