業界最速のレーザー加工機

新Speedy 400のOptiMotion™機能

レーザー加工における最高の生産性

トロテックのSpeedyシリーズに市場最速のレーザー加工機が登場しました。新しいSpeedy 400は最大加工速度4.2m/秒、最高加速度5gと、従来のスペックをさらに上回るモデルです。このモデルは、トロテックの開発チームによる2つのイノベーション(画期的なモーションシステムと斬新なドライブコンセプト)によって完成されました。この新Speedy 400は、最も効果的な生産性、最高の加工処理、そして高品質な製品による最大の利益をお客様に提供します。


OptiMotion™ で6倍速いカット

新しい Speedy 400 は、業界で対象のレーザー加工機と比較すると、6倍まで速くカットできます。それはOptiMotion™が、ジオメトリをベースに加工速度と加速度をリアルタイムで計算し、最適化するからです。この機能は、大型の切断システムでは標準的ですが、中型のレーザー加工機では革新的と言えます。OptiMotion™ の機能は、高品質で滑らかなカット面と、スピーディな加工処理をお届けします。

類似のレーザー加工機と比較テストすると、新しいSpeedy 400は、OptiMotion™ によってカットジョブが最高6倍も早く完了しました。トロテックは、レーザー・テクノロジーにまた新しいスタンダードを確立したのです。OptiMotion™は、非常に高性能に計算できるので、「デジタルツイン」コンセプト(つまり、レーザーエレクトロニクスにおける機器のデジタルレプリカ)によって、パスのプランニングをリアルタイムに行うことができます。OptiMotion™によって、機器とアプリケーションの両方から物理学上最高のモノを作り出します。

自動速度パラメーター

OptiMotion™ によって、自動的に最適な速度パラメーターを検索することができます。つまり、オペレーターはカットの形状に関わらず、カットに必要なパワーとスピードを決定するだけで良いのです。それはジョブを処理する時、OptiMotion™ がジオメトリ(形状)に合わせてリアルタイムに速度と加速度を調整するからです。オペレーターは、加工準備の貴重な時間を節約することができます。