業界最速のレーザー加工機

New Speedy 400のOptiMotion™機能

お問い合わせ

彫刻における最高の生産性

さらに高速で最高の品質結果を達成すべく最適化された新製品Speedy 400は、業界で最速かつ最も生産的な中規模のレーザー彫刻機です。新規モデルは、最大の彫刻速度であり、従来モデルよりも秒速30インチ速い秒速170インチでも、最高品質の結果を生み出します。 


OptiMotionTMとの切断が8倍速に

最高の切断品質にて最大の切断速度 – これこそが、OptiMotionTM モーションコントロール -  新しくイノベーティブなトロテックの経路計画システム- の意味するものです。Speedy 400 は、業界で比較できるレーザー加工機と比較して切断するとき8倍まで速くなります。OptiMotionTMを使うと、切断速度と加速度が形状によりリアルタイムで計算され、最適化されます。OptiMotionTM は高品質のカーブと、最大スループットをお届けします。

他社製品との試験の結果、OptiMotionTM.により切断ジョブが最高8倍速く完了することが示されています。Trotec Speedy 400と2つの同様の他社製品との比較は、アプリケーションの受容可能な質に基づいています。これらの作業を比較すると、同様の品質の出力を目指す場合、他社製品ではTrotec Speedy 400ほど高速に作動しないことが示されています。この結果、同じ時間ではアプリケーションのごく一部しか達成できません。

Trotec Speedy 400

100%完了

他社1

29%完了

他社2

12%完了

角が丸くなった長方形のアプリケーションがTrotec Speedy 400では100%仕上げられる一方、この時間では他社1の機械では29%、他社2の機械では12%しか仕上げられません。OptiMotionTM付きのSpeedy 400は同質の出力を提供する上で、他社1よりも3.5倍以上、そして他社2よりは8倍以上速いことが示されています。

Trotec Speedy 400

100%完了

他社1

44%完了

他社2

15%完了

 "cmyk"という文字のアプリケーションでも、同様の結果が示されています。Trotec Speedy 400では作業が100%仕上げられる一方、この時間では他社1の機械では44%、他社2の機械では15%しか仕上げられません。言い換えると、Trotec Speedy 400は他社1よりは2.3倍、そして他社2よりは6.5倍以上速いのです。

OptiMotionTM 7なしでのレーザーでの作業では、スピードを最大化するには、異なるスピードと出力のパラメータが必要です。OptiMotionTMを使った作業では、必要なパラメータを1つだけ - 素材を切断する出力 - 決定すると、OptiMotionTMが残りを処理します。OptiMotionTMはレーザー処理において多少速いだけですが、実際の時間の節約により、パラメータの検索が必要なくなります。例えば、ユーザが毎日1回のパラメータ検索で15分間節約した場合、1週間では1時間15分(週あたり5日)、そして年間で58時間(200日)となり、年間では1週間以上の労働時間になります。

速度パラメータの検索なし – レーザーファイルの準備の貴重な時間を節約

OptiMotionTMが自動的に最適な速度パラメータを検索します。言い換えると:オペレーターは切削形状に関わらず、素材を切断するのに必要な出力と速度を決定するだけでよいのです。作業を処理するとき、OptiMotion™ は形状によりリアルタイムで速度と加速度を調整します。オペレーターは、レーザーファイルの準備のための貴重な時間を節約できます。さらに、このイノベーションのおかげで、スピードパラメータの決定が非常に便利になりました。

Speedyシリーズを確認