カップに焦点を絞る

ロータリーアタッチメントを使った360度彫刻

Request a demo

ロータリーアタッチメントはどのような加工に使用しますか?

専用アクセサリーのロータリーアタッチメントをトロテックのレーザー加工機(SpeedyシリーズとSP500)に取り付けると、グラス、タンブラー、カップ、花瓶、ボトルなど円筒形や円錐状のオブジェクトに彫刻することができます。

ロータリーアタッチメントを使用すると、加工エリア内のY軸の動作がロータリーの回転の動きに変わります。またこのロータリーアタッチメントは、比較的様々な直径サイズの円筒形/円錐状のオブジェクトに対応することができます。

ロータリーアタッチメントの種類と対応機種

トロテックのロータリーアタッチメントには、大きく分けると、1)材料を2つのパーツで挟んで回転するコーンタイプと、2)材料を回転パーツの上に載せて彫刻するローラータイプの2種類があります。

また、ロータリーロータリーアタッチメントが取り付けられるレーザー加工機の対応機種は、以下の通りです。

ロータリーアタッチメントの対応機種
  • Speedy 100
  • Speedy 300
  • Speedy 360
  • Speedy 400
  • SP500

レーザー加工機の機種によって、ロータリーアタッチメントが異なります。
ロータリーアタッチメントの対応機種について、詳しくは下記ページをご覧ください。

ロータリーアタッチメント(レーザー加工機のアクセサリー)


ステップバイステップ

レーザー彫刻装置へのロータリー彫刻アタッチメントの挿入

最初に、レーザー装置のテーブルを最も低い位置に移動させます。Speedy 360 と Speedy 400 では、前面ドアも開けることができ、挿入が簡単になります。この時点ではレーザーの電源を切ります。ロータリー彫刻アタッチメントを着脱する際には、レーザーの電源を切る必要があります。これによって、加工エリアでの安全な取り扱いが確保されます。

この段階で、ロータリー彫刻アタッチメントをレーザー内に挿入し、強磁性彫刻テーブルまたはバキュームテーブルのルーラーに付いているクランプで固定します。次に、装置を接続ケーブルでユーザーの機械の内部に接続します。ここで、レーザーの電源を再投入します。これによって、レーザーの原点復帰プロセスが始まり、ロータリー彫刻アタッチメントが自動的に0°位置まで回転します。


グラフィックの準備

次の手順は好みのグラフィックプログラムで自分のグラフィックを準備することです。完了したグラフィックを印刷します。印刷ダイアログの「レイアウト」タブで位置設定を「右中心」に設定します。これによって、ソフトウェアでグラフィックが自動的に90°回転します。但し、変更はJobControl®でしか表示されません。.

次に、® 印刷ウィンドウに移動します。「ロータリーアタッチメント」オプションを確認し、グラフィックスの高さと加工物の直径を右側に入力します。加工物を彫刻したいポイントの直径を測定します。これで、JobControl®ソフトウェアは物体の外周を計算し、自動的にジョブサイズを適用します。ソフトウェアはこれらの設定を使用して、彫刻中の回転角度を計算します。これによって、JobControl®でのプレートの高さが加工物の外周に対応します。

次に、希望のパラメータを選択してジョブを送信します。

ヒント:

「ジョブサイズに最小化」オプションはJobControl®でのジョブの配置を容易にします。


加工物の位置決め

ここで、希望の加工物をロータリー彫刻アタッチメントに留めてバネで固定します。また、加工物は締めすぎないように緩すぎがないように固定して、彫刻する加工物をすばやく交換できるようにします。

加工物がワイングラスのように円筒形でなく円錐形である場合、Speedy 300、360および400では、左側に付いているロッカーレバーを使って彫刻部分を加工テーブルと平行に揃えることができます。さらに、円錐は両側で高さを調整でき、色々な加工物直径で作業できるようになっています。

把手付きのグラスまたはカップを彫刻する場合は、彫刻が行われる領域に把手が回転して入らないように配置する必要があります。最初に、Y軸 (回転動作) を最上部に移動させます。把手がレーザービームの少し上にあるように加工物を固定します。レーザー加工では加工物が後方に回転するため、加工物がレーザーヘッドと衝突する危険はありません。

安全のために、ロータリー彫刻アタッチメントと衝突しないようにノズルを外してください。加工物の彫刻領域に焦点を合わせます。

ヒント:

円錐状の物体を彫刻する場合は、彫刻領域を X 軸に平行に設定して焦点位置が一定になるようにする必要があります。Speedy 300、Speedy 360、Speedy 400 および SP 500 の各モデルでは、ロータリー彫刻アタッチメントをこの端の方に傾けることができます


レーザー彫刻

ここで、キューからプレートにジョブを配置します。ジョブが「円筒形彫刻」オプションで送信されると、JobControl®におけるプレートの背景が同様に変化し、ロータリーアタッチメントを表示します。

ここで、JobControl®をレーザーに接続します。十字線を使用してジョブを加工物に配置します。

ここで、ジョブを起動し、レーザー彫刻される自分流にアレンジした加工物をTrotecレーザー彫刻装置で作成します。



関連ページ

加工サンプルでは「作り方」をご紹介しています。デザインデータやパラメーターもダウンロードできます。上記テキストまたは下記イメージをクリックして加工サンプルページをご覧ください。


さらに詳しい情報は・・・

ロータリーアタッチメントについて、さらに詳しい内容やご質問は、トロテックに直接お問い合わせください。

【お問い合わせ先】
・Tel: 03-5826-8032
※受付時間:平日9:00~18:00(土日祝日および当社休業日を除く)
・メール
下記の「お問い合わせ」をクリックし、お問い合わせページから質問事項をご記入ください。