unique glasses engraved with a trotec laser

ウェディンググラス

ステップバイステップガイド

レーザー彫刻で一点もののウエディンググラスをつくって、想いのこもった価値あるプレゼントに!


準備

材料

  • シャンパングラス
  • ペーパータオル
  • ペーパータオルを濡らすための水

使用機種

  • Speedy 300、80W、2インチレンズ
  • アクセサリー:ロータリーアタッチメント

ステップバイステップ

ステップ1:グラスの下準備

スポンジやスプレーをつかって水で、ペーパータオルを適度に湿らせます。
レーザー加工によってグラスが破損するのを防ぐために、湿らせたペーパータオルを表面に貼り付けます。


ステップ2:ロータリーアタッチメントの設置

レーザー加工機の主電源をOFFにして、ロータリーアタッチメントを加工テーブルに設置して必要なケーブルをつなぎます。主電源をONします。
その後、下準備を終えたグラスをロータリーアタッチメントでしっかりと固定します。
円錐形のグラスの場合は、加工をしたいデザインに合わせて傾きを調整してください。


ステップ3:レーザー加工

PDFファイルを開き、Corel Drawへデータをインポートします。
データをレーザー加工機に送信。すぐにガラスの彫刻が始まります。
レーザーパラメータは使用する加工機や出力によって、設定値が変わります。

*プロパティー画面で「ロータリーアタッチメント」に✔が入っていること、対象物の「直径」が入力されているのか確認してください。

推奨パラメータ設定(Speedy 300、80W、2インチレンズの場合)

彫刻(黒): パワー:100%、スピード:60%、パルス:1000 ppi、エアアシスト:off

彫刻が完了すると同時に、ペーパータオルをグラスの上から取り除いてください。