リサイクルレザーの
デスクパッド

お問い合わせ

レーザーカッターを使って、リサイクルレザー*からオリジナルのデスクパッドを作りましょう。

*リサイクルレザーとは、皮革製品を製造する際にでる革の余りや破片、くずなどを集めて粉砕し、再加工してシート状にした再生レザーのことです。


材料

  • リサイクルレザー:このサンプルの完成品サイズ 580 x 380mm

使用機種

  • Speedy 360
  • 80W
  • 2.0インチレンズ

※他のSpeedyシリーズのモデルでも加工できます。

アクセサリー


ステップバイステップ

ステップ1:デザインのデータ出力

このページ下のデザインファイル(PDF)をダウンロードして、グラフィックソフト(CorelDRAWまたはIllustrator)で開きます。お好みで希望のサイズやデザインに変更してください。

次にデザインをレーザー加工機用データ(=ジョブ)に出力します。デザインを選択し、グラフィックソフトの印刷でプリンター「Trotec Engraver」を選択、環境設定をクリック、出力設定タブを表示して下記を設定します。設定が完了したら最後に印刷のOKを押すと、JobControl(ジョブコントロール)レーザーソフトウェアにデータが出力され、自動でジョブが生成されます。

印刷 > Trotec Engraver > 環境設定 > 出力設定

印刷のデータ出力設定

印刷設定(加工オプション)
加工モード 解像度 カットライン
標準 500 dpi なし
ハーフトーン調整 その他
モノクロ -

 

 


ステップ2:レーザー加工

材料のリサイクルレザーを加工テーブルの左上コーナー座標0/0にセットします。

次にJobControl(ジョブコントロール)をPC画面に表示し、ステップ1でデータ出力したジョブをJobControlのプレート上に配置します。PC画面上のジョブも座標0/0の位置に移動します。

それからJobControlの「材料テンプレート」を開いて、下記のパラメーターを設定します。パラメーターの設定後、レーザー加工を開始します。

パラメーター設定

Color 加工の種類 パワー(%) スピード(%) 周波数(ppi/Hz)
カラー 彫刻CO2 60 100 500
パス(繰返し) エアアシスト Zオフセット アドバンス
1 on -2mm 高品質

ヒント

  • -2mmのZオフセットを設定すると、レーザー光の焦点をずらして焦点を材料に近づけることができます。このマイナス値のZオフセットにより、レーザー光がより集中的に照射されて、線を太めに彫刻することができます。
  • パラメーターは、加工する材料の材質や色、そしてレーザー加工機の機種やレーザー出力(W)によって異なります。仕上りの良い最適な加工を検出するために、いくつかのパラメーターでテストすることをお薦めします。

ステップ3:後処理のクリーニング

革は天然素材のため、レーザーでの彫刻やカット中に燃えやすく、独特な臭いが発生します。さらに裁断面は黒く変色します。ほとんどの革は簡単にクリーニングできますが、変色の可能性があるので目立たない箇所でクリーニングテストをしてください。最初に乾いた布でスモーク(煙)や加工による残留物を取り除きます。それでも取れない場合は濡れた布かアルコールベースのクリーナーできれいにします。


もっとアイデアをプラス!

  • 名入れをすれば贈り物に良いでしょう。
  • デザインのサイズを小さくして、お揃いのデザインでマウスバッドも作ってみましょう。

ダウンロード

デザインデータ(pdf) JobControlパラメーター

※デザインデータは、CorelDRAWまたはIllustratorのグラフィックソフトウェアで開いてください。

※JobControlのパラメーターをインポートする際、データベースに同じファイル名が既存している場合は上書きされますのでご注意ください。


トロテックの推奨モデル