MDFをプリント&カットしたマッチングゲーム

MDFをプリント&カットした
マッチングゲーム

お問い合わせ

お客様向けにカスタマイズしたノベルティやギフトをお探しなら、MDFをプリント&カットして作ったマッチングゲームはいかがですか?


材料

  • MDF:600 x 300 mm、厚さ6mm、2枚
  • 透明アクリル(TroGlass Clear):606 x 301 mm、厚さ10mm、1枚
  • 空いている加工テーブルのエリアを覆う材料(紙など)

※このサンプルは、トロテックが販売しているレーザー加工用の材料「トロテック商材」を使用しています。

トロテック商材

※トロテック商材には、日本で取り扱っていない種類があります。
詳しくはトロテック・レーザー・ジャパンにお問い合わせください。

使用機種

※JobControl® Vision付きで、加工エリアがSpeedy 300以上なら他の機種でも加工できます。

アクセサリー

JobControl® Vision(ジョブコントロールビジョン)
カメラ付き自動カットシステム(オプション)
加工テーブル
  • アルミニウム カッティング グリッド、またはハニカムカッティングテーブル(木材用)
  • アクリル カッティング グリッド(アクリル用)

ステップバイステップ

ステップ1:MDFカードの印刷と加工用データの出力

先ずMDFにUVプリンターでデザインを印刷します。マッチングゲームなので同じデザインが2枚ずつ出来上がるようにMDFの板材2枚に同じ印刷をします。デザインはこのページのサンプルデータ(PRINT-Matching-Game.pdf)を使用するか、オリジナルを用意します。

※グラフィックデータの作成方法は、JobControl® Vision使い方のヒントを参照してください。

MDFの印刷が完了したら、このページ下のレーザー用デザインファイル(CUT-Matching-Game.cdr)をCorelDRAWグラフィックソフトで開きます。

次にカット用のデザインをレーザー加工機用データ(=ジョブ)に出力します。デザインを選択し、グラフィックソフトの印刷でプリンター「Trotec Engraver」を選択、環境設定をクリック、出力設定タブを表示して下記を設定します。設定が完了したら最後に印刷のOKを押すと、JobControl(ジョブコントロール)レーザーソフトウェアにデータが出力され、自動でジョブが生成されます。

※下記の印刷設定は、JobControl® Visionが黒丸のレジストレーションマークを読み取れるように必ず実施してください。

印刷 > Trotec Engraver > 環境設定 > 出力設定

印刷のデータ出力設定

印刷設定(加工オプション)

加工モード 解像度 カットライン
カットジョブ 1000 dpi なし
ハーフトーン調整 その他
カラー 高度なジオメトリ
最初に内部ジオメトリ

※JobControl® Visionが黒丸のレジストレーションマークを読み取れるように、グラフィックソフトからデータ出力する時、印刷設定のオプション画面で「ベジェとパスをドライバーに送る」にチェックを入れてください。

詳しくは、JobControl® Vision使い方のヒントの下記セクションをご覧ください。

  • JobControl® Vision用データ作成の注意点

ステップ2:MDFカードのレーザー加工

印刷したMDFをアルミニウム カッティング グリッド、またはハニカムカッティングテーブルの加工テーブル上にセットし、2.5インチレンズを取り付けます。

次にJobControl(ジョブコントロール)レーザーソフトウェアをPC画面に表示し、ステップ1でデータ出力したジョブをJobControlのプレート上に配置します。それからJobControlの「材料テンプレート」を開いて、下記のパラメーターを設定します。パラメーターの設定後、レーザー加工を開始します。

パラメーター設定(レジストレーションマーク用)

カラー 加工の種類 パワー(%) スピード(%) 周波数(ppi/Hz)
レジマーク - - -
パス(繰返し) エアアシスト Zオフセット アドバンス
- - - -

パラメーター設定(カット用)

カラー 加工の種類 パワー(%) スピード(%) 周波数(ppi/Hz)
カットCO2 90 0.6 1000
パス(繰返し) エアアシスト Zオフセット アドバンス
1 on   -

ヒント

1)【重要】木材のカットには、口径の小さいノズルを使用します。さらにエアアシストを増やします。

2)マスキングテープを使って焦げを防ぎます。ただしカメラが読み取れるように、レジストレーションマークにはマスキングテープを貼らないようにします。

JobControl® Visionを使用した加工は、下記のヒントをご覧ください。

JobControl® Vision 使い方のヒント

3)このサンプルは、JobControlソフトウェアの標準パラメーター値を使用しています。標準的な材料のパラメーターデータは、下記のウェブサイトからダウンロードできます。

レーザーパラメーター(トロテックの加工商材用)

4)パラメーターは、加工する材料の材質や色、そしてレーザー加工機の機種やレーザー出力(W)によって異なります。仕上がりの良い最適な加工を検出するために、いくつかのパラメーターでテストすることをお薦めします。


ステップ3:アクリルホルダーのデザインデータ

アクリルをカットしてカードの穴に通す棒とブランクのカードをくっつけてホルダーを作ります。このページのサンプルデータ、Acrylic-holder-matching-game(cdr/pdf)ファイルをグラフィックソフトで開きます。棒状ホルダーの幅が大き過ぎて穴に入らなかったり、逆に小さ過ぎてフィットしない場合は、カットで溶ける幅を考慮してデザインを調整してください。

次にアクリルホルダーのデザインをレーザー加工機用データ(=ジョブ)に出力します。棒状の長方形と絵のないブランクカードのデザインを選択し、グラフィックソフトの印刷でプリンター「Trotec Engraver」を選択、環境設定をクリック、出力設定タブを表示して下記を設定します。設定が完了したら最後に印刷のOKを押すと、JobControl(ジョブコントロール)レーザーソフトウェアにデータが出力され、自動でジョブが生成されます。

印刷 > Trotec Engraver > 環境設定 > 出力設定

印刷のデータ出力設定

印刷設定(加工オプション)
加工モード 解像度 カットライン
カットジョブ 500 dpi -
ハーフトーン調整 その他
- 高度なジオメトリ
最初に内部ジオメトリ

ステップ4:アクリルホルダーのレーザー加工

材料のアクリルをアクリル カッティング グリッドの加工テーブル上にセットします。

次にJobControl(ジョブコントロール)レーザーソフトウェアをPC画面に表示し、ステップ3でデータ出力したジョブをJobControlのプレート上に配置します。それからJobControlの「材料テンプレート」を開いて、下記のパラメーターを設定します。パラメーターの設定後、レーザー加工を開始します。

パラメーター設定(カット用)

カラー 加工の種類 パワー(%) スピード(%) 周波数(ppi/Hz)
カットCO2 95 0.1 20000
パス(繰返し) エアアシスト Zオフセット アドバンス
1 on -3 mm -

ヒント

  • アクリルのカットには、口径の大きいノズルを使用します。またエアアシストを増やします。

ステップ5:仕上げ

レーザー加工したMDFとアクリルを柔らかい布などで拭いてきれいにします。アクリルの棒をアクリルのブランクカードの穴に取り付けてアクリルホルダーにします。これでマッチングカードゲームが完成です。さあゲームを始めましょう。


もっとアイデアをプラス!

  • 印刷していないカードの裏面はロゴやデザインをレーザーで彫刻しはいかがですか?またカードのカタチや材料を変えたりして、思い通りにデザインしてみましょう。
  • このサンプルのカードは、カット面にストライプ模様を彫刻して少し凝った装飾を施しています。加工方法は、カードホルダーで固定し、四つの側面をレーザー彫刻します。
    ※カード裏面のロゴや側面の装飾は、サンプルデザインのAcrylic-holder-matching-game(cdr/pdf)ファイルを参照してください。

ダウンロード

デザインデータ(cdr/pdf)

※レーザー加工用のデザインデータは、CorelDRAWまたはIllustratorのグラフィックソフトウェアで開いてください。


トロテックの推奨モデル