レーザー加工した木材のパーツを組み立てた飛行機模型

飛行機模型の組み立てキット

板材をレーザー彫刻とレーザーカットして作る木製パーツ

大人も子供も大好きな飛行機模型。トロテックのレーザー加工機で木材を彫刻・カットして、飛行機模型の組み立てキットを作ってみましょう。


材料

  • 板材
    ・チェリー材1枚:厚さ3mm
    ・ウォールナット材1枚:厚さ3mm
  • 加工テーブルをカバーする物(紙など)
  • マスキングテープ

※このサンプルは、2種類の板材を使用してパーツを作成しています(例:ロゴの入った胴体パーツとその他のパーツ)。
※このサンプルは、トロテック・レーザー・マテリアルで販売している木材を使用していますが、日本では現在この商材を販売しておりません。

使用機種

  • Speedy 360
  • 80W
  • 1.5 インチレンズ

※他のSpeedyシリーズ機種でも対応可能です。
※1.5インチレンズの方が2インチレンズよりも、滑らかな切り口にカットできます。

アクセサリー


ステップバイステップ

ステップ1:デザインの作成

このページ下のデザインPDFをダウンロードして、グラフィックソフト(CorelDRAWまたはIllustrator)で開きます。板材や作りたい模型の大きさに合わせてデータを拡大/縮小します。“trotec”のロゴは好きなロゴやテキストに変更してください。また彫刻の模様(デザインの黒い部分)もオリジナルデザインに変更してもよいでしょう。

重要ポイント

デザインPDFの模型は厚さ3mmの板材用に設計しています。厚さ3mm以外の板材を使用する場合は、接続部分の幅を実際の板材の厚さに変更してください。

印刷のデータ出力設定

デザインが完成したら、次にレーザー加工機用データに出力します。グラフィックソフトの印刷でプリンター「Trotec Engraver」を選択し、環境設定をクリック、出力設定タブを表示して下記を設定します。設定が完了したら最後に印刷を押して、JobControl(ジョブコントロール)レーザーソフトウェアにデータを出力します。

印刷 > Trotec Engraver >環境設定 > 出力設定

印刷設定(加工オプション)

加工モード 解像度 カットライン
標準 500 dpi なし
ハーフトーン調整 その他
カラー

高度なジオメトリ
最初に内部ジオメトリ


ステップ2:レーザー加工

JobControl(ジョブコントロール)レーザーソフトウェアを起動し、ステップ1でデータ出力したジョブをJobControl画面のプレート上に配置します。次にJobControlの「材料テンプレート」を開いて、下記のパラメーターを設定します。

パラメーター設定

カラー 加工の種類 パワー (%) スピード(%) 周波数(ppi/Hz)
彫刻 CO2 70 50 500
カット CO2 100 1 1000
パス(繰返し) エアアシスト Zオフセット アドバンス
1 on +6 高品質
1 on - -

パラメーターの設定後、材料を加工テーブルにセットしてレーザー加工を行います。板材にマスキングテープを貼ると加工による焦げを抑えることができます。

加工テーブルの種類は、用意できればアクリル カッティング グリッドの使用をお薦めします。このテーブルを使うと、材料の裏面にあたるレーザー光の反射を最小限に抑えることができ、仕上りが良くなります。ハニカム カッティング テーブルの場合でも、加工テーブル上にある程度高さのある物を置いて、材料とテーブルの間に空間を作るとレーザー光の反射を抑えることができます。

加工テーブル上の空きスペースを紙などの別の材料で覆います。こうすることで加工テーブルの吸引力が強くなり、材料がずれるのを防ぐことができます。最後にフォーカスツールとレーザー加工機の操作パネルで焦点距離の位置決めをしたら、レーザー加工をスタートします。

ヒント

  • Zオフセット値を上げると、濃い目の彫刻ができます。同時に彫刻のキメが荒くなるので、Zオフセット値は+4mm~最大+6mmを推奨します。
  • パラメーター設定は、加工する材料の材質によって異なります。仕上がりの良い最適な加工を検出するために、様々なパラメーターでテストすることをお薦めします。
  • 下記ページからトロテック・レーザー・マテリアル(商材)のパラメーターをダウンロードして、JobControlソフトウェアにパラメーターをインポートすることができます。ただし、現在、日本ではトロテック・レーザー・マテリアル(商材)を販売しておりませんので、実際に使用する材料での加工テストをお薦めします。
    トロテック・レーザー・マテリアルのパラメーター
  • JobControlのパラメーターをインポートする際、データベースに同じファイル名が既存している場合は上書きされますのでご注意ください。

ステップ3:組み立て

糸くずの出ない布を水で湿らせて、加工した材料に付着したホコリや焦げによるススを拭き取ります。次にクリーニングしたパーツで飛行機を組み立てます。外れやすい接続部分は接着剤で固定します。

ヒント

  • プロペラを手で回せるようにすると、彫刻のデザインが回転してリアル感のある模型になります。
  • カット後、すぐにパーツをクリーニングすると汚れが取れやすいです。

もっとアイデアをプラス!

  • 模型キットをギフト用に加工する場合は、プレゼントを受け取る人の名前を翼や胴体に彫刻してみましょう。
  • さまざまな種類の木材を組み合わせて、木目や木の風合いが異なる模型を作ってみましょう。

ダウンロード

デザインPDF

※デザインPDFは、CorelDRAWまたはIllustratorのグラフィックソフトウェアで開いてください。


トロテックの推奨製品