JobControl ソフトウェア

レーザー加工機専用ソフトウェア

JobControl®(ジョブコントロール)は、トロテックが独自に開発したレーザー加工機専用の出力ドライバーソフトウェアです。ユーザーの操作性を追求し、高品質なレーザー加工を簡単にできる便利な機能が多彩に搭載されています。

それらの機能を提供している製品  

レーザージョブを簡単でしかも迅速に処理

レーザーソフトウェアJobControl®はレーザー彫刻およびレーザー切断中にユーザーに対して完全な支援を提供します。革新的なJobControl®機能によって毎日の作業が簡略化されます ー 切断および彫刻の仕上がりを完璧にするのための機能です。通常のプログラム (CorelDraw, Photoshop, AutoCAD, Illustrator, InkScape, Wordなど) で動作し、PCまたはMACのいずれからでもレイアウトをレーザーに送信します。TrotecプリンタドライバーはQuick Printを使用して、ファイルを直接レーザーまたはレーザーソフトウェアJobControl®に送信します。多くの巧妙な機能によって作業フローを最適化することができます。レーザーを使用した作業で、これほど優れた支援をユーザーに提供するレーザーソフトウェアは他にありません。そのようにして、Trotecレーザーを最大限に活用することができます。

ソフトウェアのダウンロード

「仮想レーザーマシン」としての画面

JobControl®を使用すると、小さなディスプレイでレーザージョブを検索しなくても、サイズの大きなコンピュータモニターを活用することができます。画面をマウスでクリックして、ジョブリストから未処理の彫刻ジョブを仮想レーザーマシンでの任意位置に移動することができます。双方向通信であるため、作業場所から離れずに彫刻ジョブを開始できます。また、JobControl®には、作業を容易にする多くの有益なインテリジェント機能が備わっています。それは生産性が当社の目標であるためです。

一目で分かるJobControl®の特長

ジョブの主要機能

繰り返しのジョブに備えて、レーザー設定 (大きさ、材料、分解能、切断線など) を保存します。セットアップ時間を保存して、エラーのリスクを低減します。

WYSIWYG

「画面表示どおり出力。」 材料の浪費を防ぐために、印刷出力が画面上の元の表現に対して忠実であるかどうかを確認します。

自動焦点

ワンクリックするだけで、きわめて正確な自動焦点が実現されます。彫刻の仕上がり、材料の厚さ、レンズの焦点距離、カッティングテーブルなど、すべてを材料データベースに保存することができます。ソフトウェアが適切な位置を計算して、焦点のところで正確に彫刻しますーこれによって、最良の彫刻仕上がりが実現されます。

ジョブ管理

レーザーに送信されるすべてのジョブが明瞭にレイアウトされたリストに保存されます。名前、日付、加工処理の種類、分解能などによるフィルター。ワンクリックするだけで、すべてのジョブをいつでも繰り返すことができます。

双方向通信

レーザーとJobControl® は常に通信状態にあります。それによって、ジョブがワーク (加工される材料) 表面においてどこにあり、どのように進行するかを確認して、レーザーを制御することができます。

ガイド

高精度の加工作業に最適で、テーブル上で材料が存在する場所にジョブを正確に配置して、材料の浪費を防ぎます。

ジョブの複製および回転

 キューから、必要な頻度で空間最適化された方法によって、ワーク表面にジョブを配置することができます。ジョブを簡単に複製および回転します。

マーカー

磁気位置決め補助機能によって、ユーザー独自のジョブテンプレートをすばやく簡単に作成することができます。ジョブテンプレートは保存しておいて、繰り返し行なわれるタスク (作業) に使用することができます。

彫刻時間カリキュレータ

レーザー加工処理に要する時間を事前に表示します。これによって適切に計算して計画を立てることができます。

フォト最適化彫刻

完璧できわめて鮮明な彫刻された絵に適しています。

優れた幾何学的形状

切断線が完全なアーク/ツールパスでレーザーに転送されます。すべての材料において最適な切断の仕上がり

材料データベースJobControl®の心臓部分

様々な標準材料に対する定義済み設定が、可能なかぎり最良の彫刻および切断仕上がりを実現するのに役立ちます。
また、ユーザー独自の材料を保存して管理することができます。

カラーマッピングを使った加工処理

色によって、彫刻または切断、速度、電力レベル、パス数、Zオフセットなど、加工処理設定を定義します。

  • 自動Z軸制御焦点位置が異なる対象物に対して有効です。
  • 複数の彫刻パス繊細な材料を処理するときに、可能なかぎり最良の彫刻または切断品質が得られます
  • ウェブ定義された間隔で切断線を中断することによって、切断された部位が未加工の材料から落下するのを防ぎます。これはスタンププレート全体または透かし細工の切り抜きを製作するときに非常に有効です。

すべての設定が単一の製作ステップで実行されます。さらに作業ステップを追加する必要はありません。

レーザーパラメータのインポート/エクスポート

バックアップコピーを作成したり他のPCで使用するために、材料パラメータを簡単にインポート/エクスポートできます。

レーザーパラメータをインポートする方法
レーザーパラメータをエクスポートする方法

管理者モード

管理者は個々の材料グループまたは材料データベース全体をロックすることができます。その結果、精巧なパラメータが消失しません。


追加のJob Control®機能が毎日の作業を簡略化します。