金属・メタル

(アルミニウム、銀、スチール、ステンレス等)
レーザーマーキング、レーザー彫刻

業務用マーキング​販促品

金属のマーキングと彫刻には、長年レーザーが使われてきました。それはアルミニウムのような柔らかい金属から、スチールのような硬い合金にまで、レーザーなら読みやすく正確な彫刻やマーキングがスピーディにできるからです。また、レーザーはアニーリングによって、金属の表面構造にダメージを与えずに、腐食や錆に強いマーキングが施せます。そして、正確にパラメーターを設定すれば、高品質の加工が一貫して保証されるのもレーザーの魅力です。このような利点からレーザー加工によるマーキングや彫刻が、トレーサビリティを必要とする製品の銘板や部品のシリアル番号の加工、販促物のロゴや名入れのカスタマイズに使用されています。金属へのレーザーは、製造業はもちろん、医療分野や自動車産業など、実に多彩な業界で活用されています。


レーザーマーキングとレーザー彫刻に適した金属

  • ステンレス鋼
  • アルミニウム
  • 陽極酸化アルミニウム
  • チタン、チタン合金
  • カーバイド
  • 貴金属(銀、金、銅など)
  • 真鍮
  • 被覆金属
  • 合金鋼

金属はレーザー加工機でカット(切断)できません。
極薄金属箔 (ホイル材)はカットできる場合があります。
詳しくはトロテックにお問い合わせください。

※当社はレーザー加工機を使用した委託加工を受けておりません。

お問い合わせ

どのような金属製品にマーキングしますか?

corporate history trotec laser

業務用レーザーマーキング

金属部品にレーザー彫刻
  • 製品のラベリング
  • 業務用タグ
  • トレーサビリティ
  • データマトリックスコード
  • シリアル番号
業務用金属製品のマーキング

販促物 + 標識

レーザーマーキング 金属製のフレーム
  • 販促物
  • マグカップ、キーリングなど
  • 看板や文字盤
  • 個別化
  • ロゴ、写真、テキスト
標識 + 販促物のマーキング
レーザーマーキングを施したドリル

産業向けレーザーマーキング

アプリケーション例

産業向けの金属のレーザーマーキング

金属のレーザーマーキングの用途

レーザーで金属にマーキングを施す典型的な例として、トレーサビリティの機能やコードを伴う製品をマーキングするという用途が挙げられます。この例は、電子機器や電機産業、機械工学、工具製造、医療技術、自動車産業などの分野や販促物や宝飾品の製作などにおいてよく見られます。

ステンレススチールにカラーマーキング

金属に対するアニーリングマーキングの特別な種類の一つに、ステンレススチールのカラーマーキングがあります。MOPAレーザーの機能をもってすれば、レーザーを使ってステンレススチールに再現可能な色でマーキングを施すことができます。ステンレススチール製の製品のメーカーであれば、企業ロゴなどを色付きのデザインで施したり、ステンレススチールの表面に「hot」や「cold」などの目印をマーキングしたりできます。

レーザーマーキングの方法の詳細はこちら

業界におけるレーザーの用途:

  • 盗難防止用の製品ラベリング
  • サイズ、直径など、機能的なレーザーマーキング
  • 製造日、ロット番号、シリアル番号などの製品情報
  • 永続的なトレーサビリティを可能にするコード
  • 品質管理用のデータマトリックスコード
  • ネームプレートなどのレーザー加工

カラーマーキングを行う典型的な業界

  • キッチン用品のメーカーが、製品前面のステンレススチールに色付きのロゴを入れて装飾
  • ナイフなどの食器メーカーが、ステンレススチール製の製品に色付きのロゴを入れて装飾
  • 彫刻店や製作工場が、新しい技術を取り入れて製品ラインナップを拡大
  • 他の業界でも、ステンレススチール製の金具類を加工する業者が、色付きのマーキングで他社に差を付ける

産業用レーザーマーキング~アプリケーション例~


メタルマーキング

産業用金属にレーザーマーキングを施す理由

非接触、永続的な金属のマーキング:

レーザー彫刻機による金属のマーキングは非常に精確に行われ、金属加工後の仕上がりも綺麗になります。シリアル番号やデータマトリックスコード、ロゴなどのマーキングを高い精度で製品や部品に施せます。金属へのマーキングと彫刻はレーザーによる非接触の加工で施されるため、加工前と加工後の作業が不要です。アニーリングマーキングにより、金属の表面を傷付けることなく、耐酸性、耐化学性、耐腐食性のレーザーマーキングを永続的に施せます。

お問い合わせ

レーザー技術の機能と長所

費用効率に優れた生産

  • 直接マーキングを行えば、インクや化学薬品、のり、スプレーなどの消耗品コストがかさみません。
  • 高価な材料を扱ったり破棄したりする必要がなくなります。
  • 加工前および加工後の処理が不要
  • ツールの摩耗なし

Trotecレーザーの利点

  • メンテナンス不要のファイバーレーザーを搭載したSpeedMarkerは、レーザーワークステーションとして、あるいは生産ラインに統合できます。
  • Trotecレーザーシステムの堅牢な機構は、最小限のメンテナンスで長期間のヘビーユースに耐えられるように設計されています。

数秒で終了するマーキングで多くの処理量を実現

  • シリアル番号、コードなど、変数データを伴うマーキングを高速に実現
  • 設備やツールを変えずに多才なマーキングが可能

Trotecレーザーの利点

  • 直感的で使いやすいインテリジェントなマーキングソフトウェア
  • SpeedMark Vision Smart Adjustカメラシステムを利用してコンポーネントを精確かつスピーディに位置調整
  • ERPファイルのコンテンツを統合可能

永続する彫刻

  • 他のテクノロジーと異なり、レーザーマーキングには耐摩耗性・耐熱性・耐酸性があり、効果が永続
  • トレーサビリティや品質確保の面で特に重要

Trotecレーザーの利点

  • どのような要件でも最適なファイバーレーザーシステムが見つかる多彩なラインナップ
  • 加工領域が最大1500 x 1250 mmのフラットベッドシステム
  • 加工領域が最大1120 x 653 mmのガルボワークステーション
  • 生産ラインに統合できるOEMガルボファイバーレーザー
  • お客様の要件に合わせてシステムをカスタマイズ

秀逸なツールによる完璧なマーキング結果

  • 小さく精密な形状でも極めて正確にマーキング可能
  • マーキング加工は加工後の材料の洗浄と組み合わせることもできれば、そのままコントラスト(データマトリックスコードとしてなど)を際だたせることも可能

Trotecレーザーの利点

  • 高品質なコンポーネントを使用し、理想的な光学装置と最適な光線のパフォーマンスを実現
  • 正確で使いやすい、カメラベースのコンポーネントの位置合わせ

非常に広いデザインの幅

  • レーザーなら実質的にどのようなデザインでも製作可能です。
  • 1ポイントのフォントや非常に小さい模様でもくっきりと見えるように作成できます。
  • どのようなデザインのマーキング、ロゴ、デザイン、バーコード、シリアル番号にも対応
  • 写真であっても最短時間で実現できます。

Trotecレーザーの利点

  • レーザーマーキングおよび彫刻用のソフトウェアであるDirectMarkまたはJobControlを使うことで画像処理ソフトから直接デザインを加工することができ、印刷と同じくらい簡単

非接触で信頼性の高い材料加工能力

  • 材料をクランプ止めしたり固定したりする必要なし
  • 常に優れた結果を短時間で実現

Trotecレーザーの利点

  • どのような要件でも適切なレーザーシステムが見つかる多彩なラインナップをご用意
  • 位置合わせをカメラがサポートしてくれるため、初めてでも非常に正確にレーザーマーキングを行えます。

ステンレススチールにカラーマーキング

  • レーザーなら、ステンレススチールにカラーマーキングを施すこともできます。
  • 特別なマーキングで色付きのロゴを付与
  • ステンレススチール製品に機能的なカラーマーキング

Trotecレーザーの利点

  • MOPAレーザーを使えば、再現可能な色でレーザーマーキングを施すことが可能
  • Trotecの専門家に応用方法の相談
  • 複数色のアニーリングマーキングを容易に行える直感的なマーキングソフトウェア

トロテックの推奨モデル

産業向けレーザー

レーザーマーキング 金属製のフレーム

広告用材料や標識のレーザー彫刻

用途の例

宣伝商材や標識など、様々な用途のレーザー彫刻

金属に使用するレーザー彫刻機の典型的な用途として、広告用材料、ギフト、標識のカスタマイズや、業務用途での利用が挙げられます。

金属のレーザー彫刻の用途

  • ドアの標識
  • ネームプレート
  • 食器
  • 耐熱フラスコ、ヒップフラスク
  • ポケットナイフ
  • キーホルダー
  • 額縁
  • ライター
  • 栓抜き
  • 携帯電話、タブレット、ノートパソコン
  • 宝飾品

典型的な業界分野:

  • 広告およびギフト産業
  • 看板メーカー
  • 彫刻サービス

レーザーの用途のアイデア


マーキング macbookの金属部

宣伝商材のレーザーマーキング製品を購入する際のポイント

費用対効果に優れた永続的な金属の彫刻とマーキング

金属のレーザー彫刻とマーキングは非常に精確に行われ、金属加工後の仕上がりも綺麗になります。金属製の広告用材料や標識にテキスト、ロゴ、画像を、コストを抑えつつ永続的かつ綺麗に施すことができます。金属へのマーキングと彫刻はレーザーによる非接触の加工で施されるため、加工前と加工後の作業が不要です。アニーリングマーキングにより、金属の表面を傷付けることなく、耐酸性、耐化学性、耐腐食性の金属をマーキングできます。

お問い合わせ

レーザー技術の機能と長所

レーザー彫刻で永続的なマーキング

  • 永続的で消えない、耐摩耗性・耐熱性・耐化学性のある彫刻を金属に施すことができます。

Trotecレーザーの利点

  • どのような要件でも最適なレーザーシステムが見つかる多彩なラインナップをご用意しています。

レーザーで得られる多才なデザインの選択肢

  • レーザーなら実質的にどのようなデザインでも実現可能
  • どのようなデザインのテキスト、ロゴ、デザイン、バーコード、シリアル番号にも対応
  • 写真でさえ、非常に短時間で加工できます。

Trotecレーザーの利点

  • JobControl®レーザーソフトウェア:プリンターのように簡単かつ直感的に使用可能

非接触方式の加工でレーザーマーキング

  • 材料をクランプ止めしたり固定したりする必要なし
  • 常に優れた結果を短時間で実現

Trotecレーザーの利点

  • どのような要件でも最適なレーザーシステムが見つかる多彩なラインナップをご用意

レーザーマーキングにより費用対効果が高い生産が可能に

  • 直接的なマーキングならインクや化学薬品、のり、スプレーなどの消耗品コストが不要
  • そういった材料を破棄する費用は高額になることが多く、その費用や手間も省けます。
  • 加工前および加工後の処理が不要
  • ツールの摩耗なし

Trotecレーザーの利点

  • メンテナンス不要のファイバーレーザーを搭載したSpeedMarker、ProMarkerあるいはSpeedy flexxレーザー装置
  • Trotecレーザーシステムの堅牢な機構は、最小限のメンテナンスで長期間のヘビーユースに耐えられるように設計されています。

お勧めのTrotec製品

販促物、標識など、多彩な用途のレーザーマーキング

レーザー彫刻機 Speedy flexx

CO2レーザーとファイバーレーザーを1台のレーザー装置に搭載し、最大限の柔軟性と連続使用を実現しました。

詳細

マーキングレーザー - ProMarkerシリーズ

販促物のカスタマイズに最適。印刷と同じ程度に簡単に様々な種類の金属と被覆金属を高速レーザーマーキング。

詳細

お問い合わせ

Trotecレーザーやその用途に関する詳細情報をお求めですか?

当社のレーザーの専門家が、製品やレーザー加工に関するご質問に喜んで回答いたします。レーザーで可能になることをすべて紹介させていただきます。一つの製品でも、非常に多くの用途に利用できます。さらに当社が製品の体験施設にお客様を招待し、レーザーや応用例をご覧いただくことも可能です。

お問い合わせ

金属にレーザーマーキングを施す方法

金属にマーキングあるいは彫刻を施す方法はいくつかあります。金属や品質要件に応じて、アルミニウム、スチール、ステンレス鋼、その他の金属にレーザー光線で彫刻、マーキング、研磨処理を施すことができます。それぞれの方法には固有のメリットとデメリットがあります。

金属のレーザー彫刻の原理

通常、彫刻はステンレス鋼、合金、その他の金属に対して使用します。彫刻、あるいは金属の除去に応じて、深い彫刻によって目視可能なマーキングが残ります。材料は除去されます。つまり、材料が蒸発して色が変わります。レーザー彫刻機のエネルギーは大きいため、ステンレス鋼、チタンやその他の金属などの材料が直に蒸発します。金属表面に残った茶色い色は、他のマーキングプロセスで綺麗にすることができます(研磨をご覧ください)。

研磨の原理

ステンレス鋼やその他の金属に白いマーキングを残すのが研磨です。研磨は「軽度」な形態の彫刻です。レーザーのエネルギーを減らし、材料の蒸発を抑えます。結果として除去される材料の量が減り、ステンレス鋼などの材料だけでなく、ほぼすべての金属に対して白いマーキングを施すことができます。

金属のレーザーマーキングの原理

レーザーマーキングあるいはアニーリングマーキングは、材料の表面に影響を与えない、非常に微弱なマーキングです。アニーリングマーキングを行う間に材料が除去されることはありません。そうする代わりに、金属を加熱することで色を変えることができます。例えば、ステンレス鋼の色は200°C~300°Cの温度で変わり、温度を変えることで異なる色を実現できます。通常、「真っ黒」な色が最終目標になります。完全な黒のマーキングはステンレス鋼やチタンでは可能ですが、その他の金属では不可能です。また、鉄が含まれる合金の場合はアニーリングも可能です。

CO2やファイバーレーザーによる金属の彫刻とマーキング

金属にマーキングを施す際、生産性および品質の面で最適なツールは、ファイバーレーザーです。加工前および加工後の金属の処理は不要です。精密な形状であっても、均一かつ非常に正確なマーキング結果が得られます。

コーティングされていない金属は、レーザーマーキング溶液だけを使用し、CO2レーザー彫刻機でマーキングすることができます。加工製品に金属マーキング溶液を付与する必要があります。まず乾燥させる必要があり、その後にレーザー加工中に金属に焼き付けられます。余分なマーキングペーストは、レーザー加工後に洗い落とす必要があります。

時計などの高価な加工製品のデリケートな表面にレーザーマーキングを施す際、製品を綺麗にするスプレーが不可欠です。さらに、マーキング溶液は危険物質にあたるため、ご注意ください。そのため、関連する安全規則を遵守し、自分自身や他の作業者の安全を確保する必要があります。