Speedy Run on Ruby® の新カメラシステム

Ruby®レーザーソフトウェアのカメラ機能で、加工物にレーザージョブを直接配置

当社Speedyシリーズのレーザーは、市場で最も速く、最も生産性の高いレーザー加工機です。生産性が高いということは、デザインから完成品までの時間が早いということでもあります。スピーディ360とスピーディ400のオプションである Vision Design & Position (ビジョン・デザイン&ポジション)は、レーザーのトップカバーに12メガピクセルのカメラが組み込まれています。カメラが加工エリアを即座に表示し、加工テーブルに配置された材料の状態を確認します。また、トップカバーを閉じた状態でも開いた状態でも加工エリアの画像を表示するインテリジェントな設計になっています(特許出願中)。

Speedyシリーズのレーザー加工機のご案内をご希望ですか?
お気軽にお問い合わせください

今すぐ相談予約

Ruby® と Speedyの相乗効果

Ruby®レーザーソフトウェアには次の機能が備わっています。Speedyシリーズのレーザー加工機に付属しており、カメラの高解像度画像を画面上に表示します。

  • Ruby®でデザインを作成 - 材料をRuby®に表示させ、ジョブの簡単配置
  • 作成済みのデザインを材料に素早く正確に配置することができます。端材も無駄なく有効に活用できます
  • デザインから完成品までの時間を短縮

お客様お一人一人のご要望に応じたアドバイスをいたします

アドバイスは無料です

今すぐ相談予約

会員 troGROUP Logo