UniDrive ソフトウェア

PS、PDF、画像、DXFのフォーマットを レーザー加工対応ファイルに変換できるソフトウェア

対応機種

Speedyシリーズ
  • Speedy 100
  • Speedy 300
  • Speedy 360
  • Speedy 400
SPシリーズ
  • SP500
  • SP1500

レーザーソフトウェア一覧へ


レーザー加工対応ファイルに変換

UniDrive(ユニドライブ)ソフトウェアは、様々なフォーマット(形式)のファイルを「Trotec Spool File」フォーマットに変換するプログラムです。このソフトウェアを導入することにより、CorelDRAW (cdr) やIllustrator (ai) 以外のファイル形式も、トロテックの JobControl(ジョブコントロール)ソフトウェアで加工できるようになります。

2つの変換方法: オートモードとマニュアルモード

変換方法の操作モードには、オート(自動)モードとマニュアル(手動)モードの2種類があります。オートモードでは、先ず特別なディレクトリが表示されます。このディレクトリにファイルを保存すると、ファイルが自動的に変換されます。マニュアルモードでは、変換したいファイルを1つあるいは複数を選択して、必要な設定を手動で行います。マニュアルモードで変換されたファイルはTrotec Spool directory に保存されます。

サポートしているファイルフォーマット

UniDrive ソフトウェアが変換できるファイルフォーマットは以下の通りです。

  • EPS/PS: プリプレス(印刷用途)のポストスクリプトフォーマット
  • DXF: CAD図面フォーマット
  • PDF: データ変換されたPDFフォーマット
  • BMP/JPEG/TIFF: 圧縮されてない画像フォーマット