Job Control® Cut

簡単な手順を踏むだけで完璧なカットを実現

Job Control®Cut(ジョブコントロール・カット)は、トロテックレーザー加工機専用ソフトウェアJobControl® 上で、基本的なカット形状を処理・最適化するための完全一体型エディターです。グラフィックソフトウェアで元の形状を再度変更する必要はありません。Job Control® 11.0にアップグレードすると、Job Job Control®Cutがついてきます。

  • JobContro®Cutは使い易く、トレーニングはほとんど不要。
  • 最適化されたワークフローによってコストが削減され、成果物の品質が向上。
  • 完璧なカット加工を実現。

仕組み

JobControl® Cutでは、以下の編集機能を使うことができます。

形状に色処理を設定し、カットラインが内側もしくは外側であるかを定義したり、ベクター彫刻として選択することができます。

カット形状が自動的に結合されるため、隣接線が統合されて連続的なカット形状が形成されます。これによってカット形状をすばやく簡単に修正することができます。ボタン一つで不要な穴あけ箇所を無くすことができます。

「Set start point (開始位置の設定)」機能を使えば、理想的な開始位置を選択することができます。これによってカットラインが不規則になることを避けることができます。

部品のはめあい精度や、レーザーの切ミゾによって生じる寸法誤差が、切ミゾ修正機能によって補正されます。差し込み接合位置が整合し、完璧にフィットします。

リードイン/リードアウト区分を定義することで、レーザーは実際のカット形状の外側からカットを開始します。この際、穴あけ工程によって完成品のエッジ品質が損なわれることはありません。ワーク全体のパスに亘って一定のエッジ品質となります。

並べ替え機能を使えば、カット順を最適化することができます。これによって処理時間が削減されます。シミュレーションによって、マシンでカットを実行する前にカット順を確認することができます。

元のデータは上書きされません。Job Control® は、編集されたバージョンを別途ジョブキュー内に保存します。


JobControl® レーザー加工機専用ソフトウェア

レーザー加工ジョブ準備における、ユーザーの使い易さを最大限に追及した革新的レーザーソフトウェア。印刷するように簡単

詳細情報