MOPA レーザー

全SpeedMarker レーザーシステムのMOPA レーザー

対象製品

SpeedMarker Series

More possibilities for marking metals and plastics

金属およびプラスチックのマーキング時の可能性を広げます。MOPAレーザーでは、プラスチックにコントラストが高く読みやすいマーキングを施すことができます。また、アルミニウムは黒で陽極化したり、金属に再現可能な色を作成したりできます。さらに、従来のファイバーレーザーよりも素早く、MOPA レーザーでは定性的に同等のマーキングを行うことができます。

MOPAレーザーでは、パルスの期間を4から200ns の事前定義の値に設定できます。MOPAレーザーは、市場で最も柔軟性のあるレーザーで、多数の加工に使用できます。パルスの期間は、従来のファイバーレーザー(比較的長いパルス)やNd:YAG または Nd:YVO4 (vanadate).などのクラシックなソリッドステートレーザー(比較的短いパルス)のプロパティをシミュレートできます。

Advantages of MOPA laser

短いパルスで低いパルスエネルギーの場合は、素材には同熱されずに、熱の影響を受けるゾーンが少なくなります。そのため、金属やプラスチックのレーザーマーキングに利点や可能性をもたらします。

  • 金属の彫刻の先端の燃焼や溶解が少ない
  • 金属へのアニーリングマーキング時に生成される熱がすくないので、侵食が少なくなる
  • アニーリングでステンレススチールに再現可能な色を付与
  • 陽極酸化アルミニウムに黒いマーキング
  •  プラスチックの溶解の制御
  • プラスチックの発泡性が少ない
  • プラスチックのマーキングがより均一で、コントラストが高い

従来のファイバーレーザーソース(メンテナンスなし、寿命が長い、空気冷却、経済的な価格)の利点はそのまま変わりません。