無地の紙にレーザー彫刻すると、オリジナル柄の素敵なパッケージが作れます。お菓子入れやギフトボックスなど、アイデアをデザイン化した紙パッケージを色々作ってみましょう。


材料

  • コーティングしていない色紙: 130 g
  • 接着剤、または両面テープ(丸型など)

使用機種

  • Speedy 360
  • 80W
  • 2インチレンズ

Speedyシリーズの他の機種でも加工できます。

アクセサリー


ステップバイステップ

ステップ1:デザインのデータ出力

このページ下のデザインファイル(cdr/pdf)をダウンロードして、グラフィックソフト(CorelDRAWまたはIllustrator)で開きます。必要があれば、サイズや模様等はカスタマイズしてください。

次にデザインデータをレーザー加工機用データに出力します。デザインを選択し、グラフィックソフトの印刷でプリンター「Trotec Engraver」を選択、環境設定をクリック、出力設定タブを表示して下記を設定します。設定が完了したら最後に印刷を押して、JobControl(ジョブコントロール)レーザーソフトウェアにデータを出力しジョブを作成します。

印刷 > Trotec Engraver > 環境設定 > 出力設定

印刷のデータ出力設定

印刷設定(加工オプション)
加工モード 解像度 カットライン
標準 333 dpi なし
ハーフトーン調整 その他
モノクロ -

ステップ2:レーザー加工

JobControl(ジョブコントロール)レーザーソフトウェアをPC画面に表示し、ステップ1でデータ出力したジョブをJobControlのプレート上に配置します。次にJobControlの「材料テンプレート」を開いて、下記のパラメーターを設定します。

サンプルのように濃い色の紙にレーザー彫刻する場合、明るい彫刻の仕上りにするために最小のレーザー出力(W)で加工します。パラメーターの設定後、材料の紙を加工テーブルにセットし、レーザー加工を行います。

パラメーター設定

カラー 加工の種類 パワー(%) スピード(%) 周波数ppi/Hz:
彫刻 CO2 10 10 500
カット CO2 2 2 1000
カット CO2 7 4 1000
シアン カット CO2 9 9 1000
パス(繰返し) エアアシスト Zオフセット アドバンス
1 on - -
1 on + 3 mm -
1 on + 3 mm -
1 on - -

※彫刻の濃淡には、グレースケールマトリックスを作成して活用すると効果的です。

※パラメーターは、加工する材料の材質や色、そしてレーザー加工機の機種やレーザー出力(W)によって異なります。仕上がりの良い最適な加工を検出するために、いくつかのパラメーターでテストすることをお薦めします。


ステップ3:組み立て

カットした紙を抜き取ります。折り目部分を全て折り、底面等をのり・接着剤、または丸型両面テープで付けて組み立てます。


もっとアイデアをプラス!

このサンプルの様に、紙に様々な模様のデザインを彫刻してみましょう。下記ページのサンプル写真やデザインデータも参考にしてください。


ダウンロード

デザインデータ(cdr/pdf)

※デザインデータは、CorelDRAWまたはIllustratorのグラフィックソフトウェアで開いてください。


トロテックの推奨モデル