トロテックのイノベーション

イノベーション

Trotec(トロテック)は、これまで30,000台以上の装置やシステムを導入し、世界90ヵ国以上のお客様をサポートしているレーザー加工機のグローバルメーカーです。レーザー分野のイノベーション・リーダーとして、トロテックは常にNew Standards(新しいスタンダード)を確立しています。なぜなら私達のゴールは、「イノベーションを通じて、お客様の利益向上に貢献する」ことだからです。

ゴールを実現するトロテックの“New Standards”とは? その内容についてご紹介します。

"Setting New Standards" それは・・・

市場最速のレーザー加工機

お客様の収益を追求して設計された「Speedyシリーズ」。3.55 m/秒、5gの最高速度を実現したレーザー加工機なので、製作工程の生産効率が飛躍的に向上します。

詳しくはこちら

flexxテクノロジー:1台のレーザーに2種類のレーザー光源

トロテックのSpeedy flexx レーザー加工機には、CO2レーザーとファイバーレーザーの2種類のレーザー発振器が1台に搭載されています。したがって木材やアクリルから金属まで幅広い材料を1台のマシンで同工程で加工できます。【特許取得済み】

詳しくはこちら

便利なオートフォーカス機能

トロテックのSonar TechnologyTM(ソナーテクノロジー)で、焦点距離(Z軸の高さ)を自動で設定できます。クオリティの高い加工には、レーザーヘッドと加工材料の間の距離、つまり焦点位置の正確さが不可欠です。【特許取得済み】

詳しくはこちら

ハイ・パフォーマンスで長寿命のレーザー発振器

トロテックとイラディオン社が共同開発したCeramiCore(セラミコア)は、100%セラミック製で、高品質な加工と長い耐用年数を可能にした画期的なレーザー発振器です。【特許取得済み】

詳しくはこちら

大型の材料を加工できるCO₂レーザーカッター

トロテック最大の大型レーザーカッターSP3000は、大きいサイズの材料をそのまま加工テーブルに設置して、高精度でスピーディなカットや彫刻のレーザー加工が行えます。

詳しくはこちら

印刷のように操作が簡単なレーザーソフトウェア

トロテックのJobControl®(ジョブコントロール)は、ユーザーの操作性を追求し、高品質なレーザー加工を簡単にできる便利な機能が多彩に搭載されているレーザー加工機専用の出力ドライバーソフトウェアです。

詳しくはこちら

プリント&カットに最適

JobControl® Vision(ジョブコントロールビジョン)を使えば、ヘッド部に搭載した小型カメラが、印刷された「レジストレーションマーク」を自動で読み取り、正確にアウトラインをカットできます。【特許取得済み】

詳しくはこちら

操作性に優れたガルバノマーキングレーザーのソフトウェア

早い段階からファイバーレーザーのメリットを認識していたトロテックは、市場で最も操作性の高いラベリングソフトウェアとして、SpeedMark(スピードマーク)レーザーソフトウェアを開発しました。

詳しくはこちら

印刷物に付加価値をつける紙加工

数秒で大量の紙をレーザーカットするGSレーザーシステム。特許申請中の「浮遊型」レーザーカットが、最高のカット品質で紙の仕上げ加工を行います。

詳細はこちら

医療用インプラントに使用される高精度のレーザーカットシステム

医療機器のステントを生産できる唯一のレーザーシステム、SpeedCutter Twin。同じ空冷式ファイバー光源を2台搭載しているので、2つのステントを同時にカッティングできます。【特許取得済み】

詳細はこちら

業界最高レベルの生産性を誇るCO₂スタンプレーザー

トロテックのLaserati(ラセラティ)を使えば、A4サイズのレーザーゴムを20分以内で彫刻できます。さらに、Multi Color製造プロセスによって、色と形状を保証しつつ、1つのプロセスで最大15色の正確な生産を実現します。【Multi Color製造プロセス:特許取得済み】

詳細はこちら

レーザー加工機関連の「ワンストップ・サプライヤー」

トロテックは、装置本体、アクセサリー、ソフトウェア、集塵機、そして消耗品や加工用材料まで、全てのレーザー加工機関連の製品を提供できる業界唯一のレーザーメーカーです。

詳細はこちら

市場最速のレーザー加工機、Speedyシリーズ

お客様の収益を追求して設計された「Speedy」

Speedy(スピーディ)の販売が開始されたのは、1999年。今でも稼働している初期のマシンがあります。Speedyのレーザー光源には、CO2レーザーとファイバーレーザーがあります。そして、1台にCO2とファイバーの2種類のレーザー発振器を搭載したflexxレーザーがあります。加工エリア別では、4種類のプラットフォームをラインナップしています。またSpeedyは、加工速度が最大3.55 m/s、加速度が5 gの市場最速のレーザー加工機です。この超高速なレーザー加工機は、お客様の収益を追求し、生産効率を高めるために開発されました。

Speedyシリーズ レーザー加工機の詳細

"We make our customers successful!"
- Andreas Penz, Spokesman of Trotec’s management - Trotec Laser -

flexxテクノロジー:1台のレーザーに2種類のレーザー光源

1台のレーザー加工機で幅広い材料を加工可能

flexx(フレックス)シリーズは、1台に2種類のレーザー発振器を搭載したデュアルソースのレーザー加工機です。トロテックは、このflexxテクノロジー(特許取得済み)を業界で初めて製品化に成功し、2005年に発売を開始しました。

  • CO2レーザー:木材ガラスプラスチックなど、様々な材料にカット・彫刻・マーキングが可能です。(波長:10600nm)
  • ファイバーレーザー:金属やプラスチックのマーキングに適しています。(波長:1064nm)
  • flexxレーザー:上記2種類の加工が可能です。

1つの工程で2種類のレーザーが稼働

flexxテクノロジーの特徴:レーザー発振器、レンズやフォーカスを交換・変更することなく、PC画面上のレーザーソフトウェアを設定するだけで、一つのジョブで2種類のレーザーが設定に応じて材料に照射されます。つまり、トロテックのflexxレーザーなら、CO2レーザーでアクリルのカットと木材の彫刻、ファイバーレーザーで金属のマーキングの加工が、マシンを止めることなく一つの工程で行えます。flexxレーザーは設置スペースだけでなく、作業時間も短縮できます。このflexxレーザーは、加工エリア別で4種類のSpeedyプラットフォームから選択できます。

flexxテクノロジーの詳細

オートフォーカスで正確なレーザー加工

Sonar Technology™で簡単フォーカス

トロテックは、Sonar Technology™(ソナーテクノロジー)の開発で、操作性に新しいスタンダードを追加しました。Sonar Technology™ は、焦点距離(Z軸の高さ)を自動で設定するオートフォーカスモードです。操作パネルのZ軸(上下)ボタンを押すだけで、レーザーヘッドの超音波センサーが加工材料の表面を検知します。加工テーブルからの焦点位置が自動的に計算され、Z軸が適切な位置まで移動します。この革新的な技術は特許取得済みです。

Sonar Technology™の詳細

ハイ・パフォーマンスで長寿命のレーザー発振器

耐用年数が長く、信頼性のあるレーザー加工機

耐久性に優れ、長い耐用年数を実現したトロテックのレーザー加工機には、国際的評価の高い高品質な部品を厳選して採用しています。

それによるメリットは、

  • 動作が安定
  • ダウンタイムの減少
  • メンテナンスと修理のコストを削減

共同開発されたCeramiCore® レーザー発振器

2012年からトロテックのレーザーシステムには、トロテックと米国のOEMメーカー、イラディオン社が共同開発したレーザー発振器を搭載しています。画期的なレーザー発振器として特許取得済みのCeramiCore®は、高い信頼性、高品質な加工、長い耐用年数を保証しています。

CeramiCore®レーザー発振器の詳細

"Each Trotec laser machine is subjected to a number of quality controls during production- for reliable laser machines with long service life."
- Quality Policy - Trotec Laser -

大型の材料を加工できるCO₂レーザーカッター、SPシリーズ

SPレーザーカッターで大型材料をレーザーカット

トロテックは、2001年に加工エリア 1300×1300 mmのProfessional TP1313 2001を販売し、大型レーザーカッターの基礎を作りました。2009年、このレーザーカッターを改良し、SPシリーズのSP1500として製品化しました。

2015年、トロテック最大の大型CO2レーザーカッター「SP3000」を開発し、大型材料のレーザーカットと大型材料のアプリケーションに新しいスタンダードを確立しました。最大の加工エリアとレーザー出力を備えたSP3000は、大きいサイズの材料をそのまま加工テーブルに設置して、高精度でスピーディなカットや彫刻のレーザー加工が行えます。

今日、SPシリーズは、加工エリア別にSP500(1,245×710mm)から、SP1500(1,500x1,250 mm)、SP2000(1,680x2,510mm)、そしてのSP3000(2,210×3,310mm)まで、4モデルをラインナップしています。フラットベッドタイプのSPシリーズは、アクリルボール紙プラスチック木材布地などの大型材料のカットに最適なレーザー加工機です。

また、トロテックのSPシリーズは、iFデザイン賞やドイツデザイン賞など、有名なデザイン賞を受賞しています。

SPシリーズ レーザーカッターの詳細

印刷のように簡単なレーザーソフトウェア、JobControl®

50種類のレーザーパラメーターで簡単操作

フラットベッドレーザー用のJobControl®(ジョブコントロール)レーザーソフトウェアは、グラフィックソフトウェア(CorelDRAW、Illustrator)で作成したデザインを、Trotecのプリンタードライバを経由してJobControlに出力できるように開発されています。またJobControlソフトウェアには、50種類に及ぶ材料のパラメーター値がプレインストールされています。加工したい材料のパラメーターを選べばレーザーカットやレーザー彫刻がすぐにできるので、初めてのレーザーユーザーでも操作や習得しやすいソフトウェアです。

高品質に仕上げるための便利機能

JobControl®レーザーソフトウェアには、選択範囲のデータ出力、ジョブリスト、処理時間の表示、フリーポジション&マーカー、ベクターオーダリング、ジョブプレビューなど、レーザー加工に便利な機能が十分に用意されています。操作性と機能性に優れたJobControl®によって、加工工程の生産性が高くなり、お客様の利益を向上することができます。

JobControl®レーザーソフトウェアの詳細

"Today, the company and all of its employees continue to learn new things every day, and I feel that this openness is one of Trotec's secrets for success. "
- Christian Spicker, Managing Director - Trotec Laser -

プリント&カットに最適、印刷物のアウトラインを正確にカット

プリント&カットの技法は、付加価値のある製品づくりを可能にします。トロテックのJobControl® Vision(ジョブコントロールビジョン)を使用すれば、印刷物のアウトラインを正確にカットできるので、特に印刷サービス業や広告技術の分野でクオリティの高いプリント&カット製品を作ることができます。

JobControl® Visionのように印刷された「レジストレーションマーク」を自動検知するシステムは、既に大型レーザーカッターでは最先端技術として使用されていました。コンパクトや中型レーザーでは、Speedy 300にiCut 2008ソフトウェアとマイクロカメラを搭載したのが始まりです。以降、他のレーザーテクノジーのように、トロテックはプリント&カットにおいてもお客様に最高のソリューションを提供するために、当社独自の自動検知アウトライン・カットシステムを開発し、JobControl® Visionをリリースしました。

JobControl® Visionの詳細

操作性の高いガルバノマーキングレーザーの標準ソフトウェア

2000年代、ファイバーレーザーが普及する以前、従来型のNd:YAG/Nd:YVOレーザーがまだ幅広く使用されている時代に、既にファイバーレーザーの利点を確信していたトロテックは、ファイバーレーザーにスキャナーを組み合わせていました。トロテックのファイバーレーザー用のソフトウェアも一般的になり、現在でも市場で最も使いやすいマーキングソフトウェアの地位を維持しています。

ユーザーフレンドリーなレーザー制御

ガルバノマーキングレーザーに標準装備されている「SpeedMark(スピードマーク)」は、フローチャートによるプログラミングとグラフィカルユーザーインターフェイスを組み合わせることで、プログラミングスキルのないユーザーでもレーザーを制御できるように開発された最初のソフトウェアです。毎年、更新リリースされている「SpeedMark」は、レーザーソフトウェアの操作性で常に新しいスタートを打ち立て続けています。

数年後、フラットベッドレーザーでも一般的になったように、ユーザーがプリンタードライバとしても機能するレーザーソフトウェアを使って、ガルバノファイバーレーザーも制御できるようにしました。つまり、トロテックのDirectMark プリンタードライバーの誕生によって、ユーザーが一般的なグラフィックソフトウェアを使ってガルバノレーザーをプリンターのように扱うことができるようになりました。

※SpeedMarkerシリーズは、日本で販売しておりません。

ガルバノマーキングレーザー SpeedMarkレーザーソフトウェア

"Our market is expanding, evolving and growing all at the same time. With stable leadership and guidance we will remain equally proud of our company for the next 20 years."
- Simon Moore, Managing Director - Trotec Laser -

紙加工:最高のカットを可能にする「浮遊型」レーザーカット

印刷物に付加価値をプラス

トロテックはデジタル印刷後の仕上げ加工に使用するGS1200を開発し、新たなスタンダードを打ち立てました。以降、レーザー技術を牽引しつつ、印刷サービス業のお客様をサポートしています。

以前は「印刷だけ」がデジタル化されていましたが、今日では「カット」もデジタルで可能になり、デジタル印刷に多くのメリットをもたらしています。仕上げ加工にレーザーシステムを導入することで、印刷サービス業のお客様は、競争の激しい市場で独自のセールスポイントを創出し、利益を増やせるようになりました。

トロテックは、スーパーパルス式CO2レーザーソースに加え、理想的なカット結果が得られる「浮遊型」レーザーカットも提供しています。この「浮遊型」は、市場初のタイプで特許出願中です。

※GSシリーズは、日本で販売しておりません。

GS1200の詳細

医療用インプラントに使用する高精度のレーザーカットシステム

人体の管状の部分(血管など)を管腔内部から広げるための医療機器、ステント。狭窄動脈を開いた状態に保つため、網目の筒状の形状をしています。非常に小さいステントには、優れた耐久性など極めて高レベルな品質が求められます。2012年、トロテックはいち早くステント用レーザーカット装置「SpeedCutter」の開発に成功し、インプラントの製造に革命をもたらしました。今では、生体吸収性の材料(ポリアセテート)もSpeedCutterレーザー装置でカットされています。

連続運転を目的に開発

SpeedCutterは、最先端の短パルスレーザーを搭載し、24時間自動生産を実現した高精度のレーザーカットシステムです。同一の空冷式ファイバー光源を2台搭載しているため、2つのステントを同時にカッティングできます。特許取得済みのSpeedCutter Twinは、ステントを生産できる唯一のレーザーシステムです。

※SpeedCutterは、日本で販売しておりません。

スタンプメーカーから業界最高レベルの生産性を誇るCO₂スタンプレーザーが誕生

トロテックの関連会社であるTrodat(トロダット)は、セルフインクスタンプ市場で世界的な大手スタンプメーカーです。20年前のトロダットには、もっと良品なスタンプを製造するために、当時市場で販売されていたスタンプ製造システムよりもさらに生産性の高いソリューションを提供するというビジョンがありました。この目標が、1997年に"Trotec"という独立した企業が誕生するきっかけになったのです。

粉塵から重要パーツを防護する防塵技術

レーザーシステムの開発に際し、トロテックは初期の頃からスタンプメーカーのニーズを考慮に入れていました。例えば、ゴム印の彫刻では裁断くずが多く発生するため、当初より全フラットベッドレーザーに防塵技術のInPack Technology™(インパック テクノロジー)を標準装備して製造しています。この技術によって、光学部品、駆動部品や電子部品など、ガスや粉塵に弱い部品は全て保護されているため、長年に渡りメンテナンスが最小限に済むようになっています。

InPack Technology™の詳細

Laserati:業界最高レベルの生産性を誇るCO2スタンプレーザー

大量スタンプ生産のニーズも満たすために、トロテックは2003年にこの目的で使用する初めてのレーザー、Laserati(ラセラティ)を発売しました。2008年には、さらに改良したLaserati DTをリリース。このLaserati DTは、最大220Wのレーザー出力で、20分以内にA4サイズのレーザーゴムを高品質で彫刻することができます。つまり、Laseratiは市場で最も生産性の高いCO2スタンプレーザーといえます。

さらにスタンプ台を染色する製品、Multi Color OptionとMulti Color Jetのリリースによって、TrodatとTrotecは複数色スタンプの分野で新たなスタンダードを打ち立てました。特許取得済みのMulti Color製造プロセスは、色と形状を保証しつつ、一つのパスから最大15色の正確な生産を実現できます。

※Laserati DTは、日本では販売しておりません。

Laseratiの詳細

"In my opinion, the impressive thing about Trotec is the combination of the company's innovative power and the passion of its employees."
- Martin Rehling, Managing Director - Trotec Laser -

レーザー関連製品のワンストップ・サプライヤー

装置本体から材料までレーザーユーザーに提供

トロテックはあらゆる種類のレーザー関連製品をレーザーユーザーに提供し続けてきました。例えば、販売当初からレーザー加工機と一緒に集塵機を提供し、集塵機の特別な開発も行っています。レーザー加工機専用の集塵脱臭装置を提供するメーカーは、2010年以来、当社以外には存在しないでしょう。

トロテックの幅広いラインナップを完結させるのは、レーザー加工用の材料です。「あらゆるものを一つのソースから」というモットーのもと、当社はレーザー加工機の使用に適した材料も提供しています。消耗品も取りそろえた当社は、あらゆるラインナップを完全に網羅した業界唯一のレーザーメーカーです。トロテックのお客様は、レーザー加工に適した材料をオンラインストアで世界中から簡単に注文することができます。

レーザー加工用商材の詳細


詳しい情報は・・・

トロテックの各製品やサービスについて、詳しくは下記の「お問い合わせ」ページからトロテックに直接お問い合わせください。