蝶のウォールステッカー

薄い二層板を使ってウォールステッカーを作ってみましょう。作り方と蝶のサンプルデザインをご紹介します。

黄金色の蝶のウォールステッカー

準備

材料
  • 薄い二層板(ゴールド/ブラック):厚さ0.5mm、1,000×600mm(TroLase Thins: European gold brushed/black, No. LT754-202)
  • 両面テープ

このサンプルの二層板は、トロテック・レーザー(オーストリア本社)が販売しているレーザー加工用の材料「トロテック商材」を使用しています。

※トロテック商材は日本で販売しておりません。類似品をご利用ください。

使用機種
  • Speedy 400
  • 80 W
  • 2.0インチレンズ
  • ショートノズル:口径7mm
  • 加工テーブル:アルミニウム カッティング グリッド(上) + ハニカム カッティング テーブル(下)

※他のSpeedyシリーズまたはSPシリーズのモデルでも加工できます。作りたいウォールステッカーのサイズに合わせて機種を選んでください。必要であればデザインのサイズを拡大または縮小し、カットパラメーターも調節してください。

ヒント

大きなモチーフをカットする時間は約3分、彫刻時間は約35分です。ウォールステッカーの製作時間をできるだけ短くしたい場合は、彫刻色を黒で隠すことで、輪郭のみをカットすることも可能です。また、ウォールステッカーの全面接着をご希望の場合は、裏面に自己吸着フィルムを貼った「TroLase Thins」をご注文いただくことも可能です。

ステップ・バイ・ステップ

ウォールステッカーの材料:薄い二層板
ステップ 1

デザイン

当社のテンプレートをインポートし、お客様のご要望に合わせます。

Create job」でデザインを「Prepare」画面へ移動します。

レーザー加工機で二層板をカットしウォールステッカーを製作
ステップ 2

レーザー加工

材料の表面から保護フィルムを取り除き、材料の金色の面を上にして、レーザーのアルミニウム製グリッドテーブルに置きます。残りの細い縁をテープで留めて、最適な真空状態にします。

ジョブを希望する位置に配置し、設定を適合させます。その際、材料データベースからTroLase Thinsのデフォルトパラメータを使用し、さらに彫刻の効果に「Relief」と「High Quality」を選択するだけです。

レーザーパラメータは、レーザーマシンの種類や使用可能なレーザー出力によって異なる場合があります。

ジョブをレーザー加工用の「キュー」に送信します。
 

パラメーター設定

効果 刻印の品質
プロセス 彫刻
カラー
パワー (%) 60
スピード (%) 80
DPI 500
ソース CO2
エアアシスト On
Zオフセット 1
パス(繰返し) 1
電力補正 10
ディレクション ボトムアップ
ディザリング ご注文
エングレービングモード 標準
高品質で安心できるものを選ぶ
効果 カット品質
加工の種類 カット
カラー たんせい
パワー (%) 30
スピード (%) 1.5
Hz 1000
出典 CO2
エアアシスト On
Zオフセット 0
パス(繰返し) 1
電力補正 10
レーザー加工機で二層板(表面:ゴールド)をカットしウォールステッカーを製作
ステップ 3

フィニッシング

レーザー加工後、バタフライをレーザー加工機から取り出してください。埃を取り除くために、柔らかく湿った布でウォールステッカーを丁寧に掃除してください。その後、とにかく自己粘着性のバックを使用しない場合は、ウォールステッカーの背面に両面粘着テープのいくつかの部分を接着します。
TroLase Thinsの他の色でもウォールステッカーを実行します。素材の色に応じて、パラメータの設定を調整してください。

TroLase Thinsの豊富なカラーパレットから選択し、モチーフのサイズを変更することで、お客様にとってより鮮やかで個性的なウォールデコレーションにすることができます。重要:その際には、必ずカッティングパラメーターを適宜調整し、素材の色に応じて適切なパラメーター設定を選択してください。

レーザー加工機で製作した蝶々のウォールステッカー(ゴールドとブラック)

もっとアイデアをプラス!

異なる色の二層板でウォールステッカーを作ってみましょう。例えば写真のように、色違いの蝶々を組み合わせて飾ってみてください。

Speedyシリーズ
名入れに最適なレーザー加工機です。

レーザー加工機のご紹介

レーザーの用途や設定に関するご質問はありますか?
喜んでアドバイス致します

お問い合わせ
会員 troGROUP Logo