レーザー加工機で作るMDF製パズル

準備

材料:
  • UV印刷された3ミリのMDF 
使用機種:
  • Speedy 400
  • 120 watts
  • 2インチレンズ
  • Vision Print&Cut(カメラシステム)
  • アルミニウム カッティング グリッドまたはハニカム カッティング テーブル
パズルのデザインは、無料のデザインテンプレートを使用しております。インターネット上では、無料デザインを提供しているサイトがたくさんあります。

ステップ・バイ・ステップ

Step 1

ステップ1:デザイン

最初に、テンプレートをダウンロードします。写真は、お好きな写真と置き換えてください。MDFに写真をUVプリンターで印刷します。

Ruby®の「ジョブを作成」をクリックし、デザインを「準備」画面に移動させます。

Step 2

ステップ2:レーザー加工

ジョブをお好きな位置に配置します。Vision Print&Cut.機能(カメラ)を有効にするには、「プリント&カット」のボタンをクリックします。レジストレーションマークが自動的に検出され、パラメーターに「プリント&カット」の設定が追加されます。下記を参考にパラメーターを設定します。次に、「キューを作成」ボタンをクリックし、ジョブを「製作」画面に移動させます。

パラメーターは、レーザー加工機の機種やレーザー出力(W)によって異なります。仕上がりの良い最適な加工を検出するために、いくつかのパラメーターでテストすることをお薦めします。

加工ヒント: アプリケーションテープやマスキングテープを貼るとプリントへの煙の付着を軽減できます。カメラシステムがレジストレーションマークを読み取ることができるように、レジストレーションマーク部分にはテープを貼らないでください。

パラメーター設定

エフェクト カットクオリティ
加工の種類 カット
レーヤー
パワー (%) 100
スピード (%) 1
Hz 1000
ソース CO2
エアアシスト Gas 1
Zオフセット -
パス(繰り返し) 1
パワー補正 7
パスのモード 標準
Step 3

ステップ3:仕上げ

完成したパズルを取り出します。すべてのパズルピースをテープで固定します。

Speedyシリーズ
名入れに最適なレーザー加工機です。

レーザー加工機のご紹介

レーザーの用途や設定に関するご質問はありますか?
喜んでアドバイス致します

詳細情報を希望する

会員 troGROUP Logo