レーザーカット・ペンダント

レーザーでカットと彫刻を施した13ピースのアクリルを組み合わせてペンダントを作ります。
接着剤を使用せずに組み立てるので、カットした溝の正確さが重要です。

レーザーカットしたアクリルのペンダント

アクリルパーツに彫刻をデザインすることでペンダントのアレンジができます。
身に着けた人の個性を活かすペンダントを作ってみましょう。

準備

材料
  • 表面は光沢のある透明で裏面がゴールドのアクリル :610 x 305 mm、厚さ1.6mm、1枚(TroLase Reverse gloss/gold 
  • ワックスコートされた紐、またはリボン

このサンプルのアクリルは、トロテックが販売しているレーザー加工用の材料(トロテック商材)を使用しています。

トロテック商材

※トロテック商材には、日本で取り扱っていない種類があります。
詳しくはトロテック・レーザー・ジャパンにお問い合わせください。

使用機種
  • Speedy 360
  • 60W
  • 1.5インチレンズ
  • ※他のSpeedyシリーズのモデルでも加工できます。

アクセサリー

加工テーブル:ハニカム カッティング テーブル、またはアクリル カッティング グリッド

※アクリル カッティング グリッドのテーブルを使うと、材料の裏面にあたるレーザー光の反射を最小限に抑えることができ、仕上りが良くなります。ハニカム カッティング テーブルの使用で仕上りに影響がでる場合は、ある程度高さのある物を加工テーブル上に置いて、材料とテーブルの間に空間を作るとレーザー光の反射を抑えることができます。

ステップ・バイ・ステップ

Step 1

ステップ1:デザインのデータ出力

このページ下のデザインファイル(pdf)をダウンロードして、グラフィックソフト(CorelDRAWまたはIllustrator)で開きます。デザインは、彫刻あり/なしの2種類を用意しています。

次にデザインをレーザー加工機用データ(=ジョブ)に出力します。デザインを選択し、グラフィックソフトの印刷でプリンター「Trotec Engraver」を選択、環境設定をクリック、出力設定タブを表示して下記を設定します。設定が完了したら最後に印刷のOKを押すと、JobControl(ジョブコントロール)レーザーソフトウェアにデータが出力され、自動でジョブが生成されます。

印刷 > Trotec Engraver > 環境設定 > 出力設定

印刷のデータ出力設定

印刷設定(加工オプション)
加工モード 解像度 カットライン
標準 600 dpi なし
ハーフトーン調整 その他
カラー 高度なジオメトリ

違う材料を使用する場合

このサンプルのデザインは、トロテック商材のTroLase Reverse 1.6mmのカット幅に合わせて設計されています。他の材料を使用する場合は、カットによる溶け幅を考慮して、パラメーターやデザイン自体を調整する必要があります。

Step 2

ステップ2:レーザー加工

材料を加工テーブル上にセットし、フォーカスツールを使って焦点の位置決めをします。

次にJobControl®(ジョブコントロール)レーザーソフトウェアをPC画面に表示し、ステップ1でデータ出力したジョブをJobControl®のプレート上に配置します。それからJobControl®の「材料テンプレート」を開いて、下記のパラメーターを設定します。パラメーターの設定後、レーザー加工を開始します。

パラメーター設定

カラー 加工の種類 パワー (%) スピード(%) 周波数(ppi/Hz)
彫刻 CO2 100 60 1000
カット CO2 50 0.6 2000
パス(繰返し) エアアシスト Zオフセット アドバンス
- on 2.5mm 高品質
- on - -
Step 3

ステップ3: クリーニングと組み立て

やわらかい布でパーツに付着した塵やほこりを拭き取ります。パーツをまとめて拭いても良いでしょう。次に各パーツを順番に組み立てていきます。接着剤が必要ないので、各パーツを確実にフィットするようにはめ込んでいきます。

ヒント

ペンダントを置くスタンドを作る場合は、下記のサンプルページを参考にしてください。

ジュエリーディスプレイ

Step 4

ステップ4:紐をつける

ペンダントトップ部分になる小さなディスクパーツの穴に紐を通します。結び目を作って、お好みの長さに切ります。

※ステップ5の写真が紐のついてない状態です。

Step 5

ステップ5:ディスクと側面パーツ

トップ部分のディスクパーツに縦パーツを1個はめます(写真参照)。

Step 6

ステップ6:ディスクパーツ

ステップ5で取り付けた側面パーツに横部分のディスクパーツを写真のように取り付けます。

Step 7

ステップ7:側面パーツ

残りの側面パーツを取り付けて、ネックレスの完成です。

Speedyシリーズ
名入れに最適なレーザー加工機です。

レーザー加工機のご紹介

レーザーの用途や設定に関するご質問はありますか?
喜んでアドバイス致します

詳細情報を希望する

会員 troGROUP Logo