レーザー彫刻で正しい解像度の選び方

レーザー彫刻で正しい解像度の選び方

正しい解像度の選択は、彫刻の仕上りに大きな影響を与えます。
正しい解像度は、加工する材料、彫刻するデザイン、そして加工時間との関係が重要な要素です。


材料とデザイン

材料の種類

レーザー加工では彫刻中に材料がエネルギー(熱量)を吸収し、強い熱のせいでドットが大きくなって重なったりします(=ドットブリード)。この特徴を効果的に活用するために、材料によって正しい解像度の選択が必要です。特に写真彫刻では重要な点なので、必ず下記表の解像度に注意しましょう。

彫刻する材料 推奨解像度
木材、ガラス、布地、石材

低解像度:
125、250、333 dpi

アクリル、二層板、紙、ボール紙 中解像度:
500~600dpi
スタンプ材、金属などのファイバーレーザーで加工できる材料 高解像度:
600~1000dpi

 

 

デザインのディテール

デザインのディテールが細かい場合は、上記の推奨値にかかわらず、解像度を600dpiに上げることをお薦めします。解像度を600dpiにすることで、細部を最適に彫刻することができるでしょう。

時間の要因

解像度が高ければ高いほど、彫刻する時間がかかります。この場合、解像度を低くすれば、彫刻時間を節約することができます。例えば大きなサイズの材料を彫刻する際は、低解像度を選択し、Zオフセット値を高く設定してピッチ間隔を補います。

従来の1/4の加工時間で、一定した彫刻の仕上りに

500dpiのデザインを125dpiで彫刻した場合、1/4の加工時間で仕上がる例を下記にご紹介します。

  Speedy 360, 80W, P=65%, v=50%
解像度 125 dpi 250 dpi 333 dpi 500 dpi
Zオフセット +12 mm +12 mm +9 mm +6 mm
時間 [h] 1.52 3.31 4.28 6.47

ゴムスタンプ彫刻の例外:解像度が高いほど、高速スピードで彫刻

スタンプ用ゴム板の場合は、高解像度によって彫刻中にエネルギー密度が高くなります。500dpiのゴムスタンプを推奨の深さ1.1mmに彫刻するには、彫刻スピードを遅くしなければいけません。逆に1000dpiの解像度の場合、彫刻スピードを速くすることができるので、高解像度に設定した方が時間を節約できます。


さらに詳しい情報は・・・

1)トロテック・レーザー加工機をご購入済みのお客様は、テクニカルサポートに直接お問い合わせください。

・Tel: 042-313-0740(テクニカルセンター)

テクニカルサポート

2)トロテック・レーザー加工機の導入をご検討されているお客様は、下記にお電話または下記の「お問い合わせ」バナーをクリックし、お問い合わせページからウェブサイト経由でご質問ください。

・Tel: 03-5826-8032

お問い合わせ