レーザーカッターでカモフラージュ模様に彫刻したパッケージ封筒

カモフラージュ模様の
パッケージ封筒

トロテックのJobControl(ジョブコントロール)レーザーソフトウェアのレリーフモード機能を使うと、3トーンカラーのカモフラージュ模様も簡単にスピーディに彫刻できます。

このレリーフモードを使って、レーザーで紙に模様をつけて、オリジナルのパッケージ封筒を作ってみましょう。


材料

  • ダークブルーの紙:270g/m2、A3、1枚 (LaserPaper Color dark blue)
  • ゴールドの紙:300g/m2、A3、1枚 (LaserPaper Color gold)
  • スレートグレー(灰色)の紙:300g/m2、A3、1枚 (LaserPaper Color slate gray)
  • 液体接着剤
  • スポイトタイプの接着剤、または両面テープ

※材料のサイズは作りたいカバーの大きさに合わせてご用意ください。

※このサンプルの紙 (LaserPaper Color)は、トロテックが販売しているレーザー加工用の商材(トロテック商材)を使用しています。

Trotec Materials(英語) 

トロテック商材には、日本で取り扱っていない種類があります。詳しくはトロテック・レーザー・ジャパンにお問い合わせください。

使用機種

  • Speedy 300
  • 60W
  • 2インチレンズ

※大きなデザインを彫刻する際、均一な仕上りになるように2.0インチレンズを使用しています。
Speedyシリーズの他の機種でも加工できます。

アクセサリー

加工テーブル: ハニカム カッティングテーブル


ステップバイステップ

ステップ1:デザインのデータ出力

このページ下のデザインファイルをダウンロードして、cdrかpdfファイルをグラフィックソフト(CorelDRAWまたはIllustrator)で開きます。

このデザインのカバー部分は、3色のグレースケールで描かれたカモフラージュ模様になっています。この模様は、JobControl(ジョブコントロール)レーザーソフトウェアのレリーフモード機能を使うと一回のプロセスで彫刻できます。

レリーフモードについて、詳しくはこちら↓

レーザー彫刻の加工時間を短縮できる「レリーフモード」

次にデザインデータをレーザー加工機用データ(=ジョブ)に出力します。カバー部分(カモフラージュ模様)のデザインを選択し、グラフィックソフトの印刷でプリンター「Trotec Engraver」を選択、環境設定をクリック、出力設定タブを表示して下記を設定します。設定が完了したら最後に印刷のOKを押すと、JobControl(ジョブコントロール)レーザーソフトウェアにデータが出力され、自動でジョブが生成されます。

印刷 > Trotec Engraver > 環境設定 > 出力設定

印刷のデータ出力設定

印刷設定(加工オプション)
加工モード 解像度 カットライン
レリーフ 500 dpi なし
ハーフトーン調整 その他
カラー 高度なジオメトリ
最初に内部ジオメトリ

ステップ2:レーザー加工

ダークブルーの紙を加工テーブル上にセットし、焦点位置を合わせます。

次にJobControl(ジョブコントロール)レーザーソフトウェアをPC画面に表示し、ステップ1でデータ出力したカバー部分(カモフラージュ模様)のジョブをJobControlのプレート上に配置します。それからJobControlの「材料テンプレート」を開いて、下記のパラメーターを設定し、レーザー加工を開始します。

パラメーター設定

カラー 加工の種類 パワー(%) スピード(%) 周波数(ppi/Hz)
彫刻 CO2 40 20 500
彫刻 CO2 9 2 1000
カット CO2 18 2 1000
パス(繰返し) エアアシスト Zオフセット アドバンス
1 on 0 高品質
1 on 0 -
1 on 0 -

ヒント

  • 加工テーブル上の空きスペースを材料とは別の紙で覆うと、バキュームテーブルの吸引力が強くなり加工品質をアップすることができます。
  • パラメーターは、加工する材料の材質や色、そしてレーザー加工機の機種やレーザー出力(W)によって異なります。仕上がりの良い最適な加工を検出するために、いくつかのパラメーターでテストすることをお薦めします。

ステップ3:フレームとストリップカーテンのデータ出力

フレーム部分とストリップカーテンのデザインを別々に選択して、個々のジョブを出力します。先ずフレーム部分のデザインを選択し、グラフィックソフトの印刷でプリンター「Trotec Engraver」を選択、環境設定をクリック、出力設定タブを表示して下記を設定します。設定が完了したら最後に印刷のOKを押すと、JobControl(ジョブコントロール)レーザーソフトウェアにデータが出力され、自動でジョブが生成されます。

同様に、ストリップカーテンのジョブも作ります。

印刷 > Trotec Engraver > 環境設定 > 出力設定

印刷のデータ出力設定

印刷設定(加工オプション)
加工モード 解像度 カットライン
ベクタージョブ 1000 dpi なし
ハーフトーン調整 その他
カラー 最初に内部ジオメトリ

ステップ4:フレームとストリップカーテンのレーザー加工

グレー色の紙を加工テーブル上にセットして、フレーム部分をカットします。

先ずJobControl(ジョブコントロール)レーザーソフトウェアをPC画面に表示し、ステップ3でデータ出力したフレーム部分のジョブをJobControlのプレート上に配置します。それからJobControlの「材料テンプレート」を開いて、下記のパラメーターを設定し、レーザー加工を開始します。

次にゴールドの紙をカットします。JobControl(ジョブコントロール)レーザーソフトウェアをPC画面に表示し、ステップ3でデータ出力したストリップカーテンのジョブをJobControlのプレート上に配置します。パラメーターはフレーム部分と同じなので、材料をセットし、焦点位置を合わせたらレーザー加工を開始します。

パラメーター設定

カラー 加工の種類 パワー(%) スピード(%) 周波数(ppi/Hz)
カット CO2 18 2 1000
パス(繰返し) エアアシスト Zオフセット アドバンス
1 on 0 -

ステップ5:組み立て

中央に穴が開いているカバーの内側にフレーム部分を液体接着剤か両面テープで取り付けます。写真(下の2枚)のようにストリップカーテンのパラパラひらく方の両端の先に両面テープをつけて、穴の空いているカバーの端とストリップカーテンの右端を、穴の空いていないカバーの端にストリップカーテンの左端を取り付けます。ストリップカーテンに付ける両面テープの面が右端と左端は異なりますので注意してください。パッケージ封筒を開けた時に細長い紙紐がカーテンのようにパラパラと動いて印象的なカードになるでしょう。


もっとアイデアをプラス!


ダウンロード

デザインデータ(cdr/pdf)

※デザインデータは、CorelDRAWまたはIllustratorのグラフィックソフトウェアで開いてください。


トロテックの推奨モデル