木目調の紙を使ったカタログカバー

木目調の紙を使ったカタログカバー

表面が木目調に加工された紙を使って、ウッド感のあるカタログカバーを作ってみましょう。


材料

  • 木目調に表面加工されている紙:A3サイズ、1枚(LaserPaper Wood
  • 加工テーブルを覆う材料(紙など)

※大きさはカタログのサイズに合わせてご用意ください。

※内部の仕上りに十分なボリュームを確保するため、少なくとも150g/m2の紙を使います。

※このサンプルの紙は、トロテックが販売しているレーザー加工用の商材(トロテック商材)を使用しています。

Trotec Materials(英語)

トロテック商材には、日本で取り扱っていない種類があります。詳しくはトロテック・レーザー・ジャパンにお問い合わせください。

使用機種

  • Speedy 360
  • 120W
  • 2インチレンズ

Speedyシリーズの他の機種でも加工できます。

アクセサリー

  • 加工テーブル:アルミニウム カッティング グリッド、またはハニカム カッティングテーブル

ステップバイステップ

ステップ1:デザインの印刷とデータ出力

このページ下のデザインファイルをダウンロードして、catalogue-print-file.pdfファイルを開きます。プリンターでこのデザインを木目調の紙に印刷します。

このサンプルは彫刻とカットの加工を行うため、レジストレーションマークの代わりにクロスマークを中央にデザインしています。このクロスマークによってジョブを正確に位置決めできます。

次にcatalogue-laser-file.pdfのデザインをレーザー加工機用データ(=ジョブ)に出力するために、catalogue-laser-file.pdfをCorelDRAWグラフィックソフトで開きます。

JobControl® Visionがレジストレーションマークを認識できるように、CorelDRAWの設定で「ツール」→「オプション」→「グローバル」→「印刷中」→「ドライバの互換性」の項目から「ベジェ/パスをドライバに送る」がオンになっているか確認してください。

グラフィックソフトの印刷でプリンター「Trotec Engraver」を選択、環境設定をクリック、出力設定タブを表示して下記を設定します。設定が完了したら最後に印刷のOKを押すと、JobControl(ジョブコントロール)レーザーソフトウェアにデータが出力され、自動でジョブが生成されます。

印刷 > Trotec Engraver > 環境設定 > 出力設定

印刷のデータ出力設定

印刷設定(加工オプション)
加工モード 解像度 カットライン
標準 500 dpi なし
ハーフトーン調整 その他
カラー 高度なジオメトリ
最初に内部ジオメトリ

ステップ2:レーザー加工

デザイン印刷した木目調の紙を加工テーブル上にセットします。テーブルの吸引力を上げるために、加工テーブル上の空きスペースを材料とは別の材料で覆います。

次にJobControl(ジョブコントロール)レーザーソフトウェアをPC画面に表示し、ステップ1でデータ出力したジョブをJobControlのプレート上に配置します。それからJobControlの「材料テンプレート」を開いて、下記のパラメーターを設定し、JobControl Visionでレジストレーションマークを読み取ったら、レーザー加工を開始します。

ヒント

スクラッチ彫刻を1番目にカットを2番目に加工するために、JobControlで赤から青に色の順番を変更します。

パラメーター設定

カラー 加工の種類 パワー(%) スピード (%) 周波数(ppi/Hz)
彫刻CO2 20 50 500
彫刻CO2 12 1.5 1000
カットCO2 5 1.5 1000
パス(繰返し) エアアシスト Zオフセット アドバンス
1 on +2.5 mm -
1 on - -
1 on +2 mm -

ステップ3:取り付け

レーザー加工が終了したら加工テーブルからカバーを取り出し、カタログに取り付けます。


もっとアイデアをプラス!

紙の木目調を活かして、デザインをカラー印刷してもまた違った印象のカタログカバーになるでしょう。


ダウンロード

デザインデータ(pdf)

※レーザー加工用のデザインデータは、CorelDRAWのグラフィックソフトウェアで開いてください。


トロテックの推奨モデル