レーザーでフィリグリーデザインを彫刻した革ベルト

フィリグリーデザインの
レザーベルト

シンプルな革ベルトにレーザーでフィリグリーデザインを加工して高級感やオリジナリティを出しましょう。


材料

  • カウハイド(生後2年を経過した牝牛の皮)で作られたベルト:厚さ:約3.5mm、幅:38mm、長さ104cm(ベルトバックルを含む)
  • 加工テーブルを覆う材料(紙など)

使用機種

  • Speedy 400 flexx
  • 120W
  • 2.0インチレンズ
  • 口径3mmのショートノズル
  • 加工テーブル:アルミニウム カッティング ブレード

※長さにもよりますが、このベルトは他のSpeedyシリーズのモデルでも加工できます。

ダウンロード

デザインデータ(cdr/pdf)

※デザインデータは、CorelDRAWまたはIllustratorのグラフィックソフトウェアで開いてください。


ステップバイステップ

ステップ1:デザインのデータ出力

このページのデザインファイルをダウンロードして、cdrかpdfファイルをグラフィックソフト(CorelDRAWまたはIllustrator)で開きます。必要により希望のサイズやデザインに変更してください。

次にデザインをレーザー加工機用データ(=ジョブ)に出力します。デザインを選択し、グラフィックソフトの印刷でプリンター「Trotec Engraver」を選択、環境設定をクリック、出力設定タブを表示して下記を設定します。設定が完了したら最後に印刷のOKを押すと、JobControl(ジョブコントロール)レーザーソフトウェアにデータが出力され、自動でジョブが生成されます。

印刷 > Trotec Engraver > 環境設定 > 出力設定

印刷のデータ出力設定

印刷設定(加工オプション)
加工モード 解像度 カットライン
標準 500dpi なし
ハーフトーン調整: その他
ディザ生成 高度なジオメトリ
最初に内部ジオメトリ

ステップ2:レーザー加工

加工するベルトを加工テーブルの上にセットします。ベルトのバックル部分は右側にします。正確に彫刻するために、加工テーブルの上から約1cmの所に並行に置きます。ベルトが真っすぐ加工テーブルの外枠と一列に並んでいるようにします。空いているエリアは、吸引力を高めるために紙などで覆います。

次にJobControl(ジョブコントロール)をPC画面に表示し、ステップ1でデータ出力したジョブをJobControlのプレート上に配置します。

それからJobControlの「材料テンプレート」を開いて、下記のパラメーターを設定します。パラメーターの設定後、レーザー加工を開始します。

パラメーター設定

カラー 加工の種類 パワー (%) スピード (%) 周波数(ppi/Hz)
彫刻 CO2 50 100 500dpi
カット CO2 75 1.0 1000 Hz
パス(繰返し) エアアシスト Zオフセット 方向 アドバンス パスのプランニング
1 on +2 トップダウン(上から下) 高品質 -
1 on -1 - - 精度

※パラメーターは、加工する材料の材質や色、そしてレーザー加工機の機種やレーザー出力(W)によって異なります。仕上がりの良い最適な加工を検出するために、いくつかのパラメーターでテストすることをお薦めします。


ステップ3:後処理のクリーニング

革は天然素材のため、レーザーで彫刻やカット中に燃えやすく、独特な臭いが発生します。さらに裁断面は黒く変色します。ほどんどの革は簡単にクリーニングできますが、変色の可能性があるので目立たない箇所でクリーニングテストをしてください。最初に乾いた布でスモーク(煙)や加工による残留物を取り除きます。それでも取れない場合は濡れた布かアルコールベースのクリーナーできれいにします。


もっとアイデアをプラス!

革(天然素材を含む)はレーザーで彫刻やカットができます。丸や四角の小さな形状でも適切にレーザーでカットできます。

  • 同じデザインでも革の色によって仕上りが変わるので、違う色の革で加工してみましょう。
  • サイズ、グレースケール、彫刻パラメーター等、ご自身のセンスでデザインを変えてみてください。さらに革の色やカタチも変えると、違ったアクセントが生まれるでしょう。
  • オリジナルのモチーフをデザインしたり、名入れしたりして、オリジナルの革ベルトを作ってみましょう。

トロテックのSpeedyシリーズ レーザー加工機をチェックしてみよう!

トロテックの違いは、実際のレーザーで体感できます! デモをリクエストする
デモをリクエストする