「トロテックは私たちを新たなステージに導いてくれました。」

落書き対策への総合的アプローチ。

グラフィティシールドは、落書き防止フィルムや表面保護フィルムの製造コンバーターです。新しい表面を保護したり、破壊を隠すためのカスタム落書き防止シールドまたは犠牲絶縁膜の作成を専門としています。顧客の多くは、ロサンゼルス、シアトル、ニューヨークなどの大都市圏にある公共交通機関です。また、商業施設では、エレベーターやエスカレーターの保護のために、落書き防止フィルムを施工しています。カリフォルニア州アナハイムにあるグラフィティシールドの本社では、現在2台のSP2000 100wを稼働させ、カスタマイズの表面保護ソリューションを作成しています。

グラフィティシールドは、品質向上と製品ラインナップの拡充を目指してトロテックに連絡を取りました。

トロテックのレーザー加工機を購入する前、グラフィティシールドはナイフカッターやCNCマシンなど他の技術を使って落書き防止フィルムを製造していました。一時期はそれらの技術で十分な品質のものができていましたが、一部の顧客が要求するOEM品質基準を達成することはできませんでした。また、材料のサイズにも制約がありました。公共交通機関と取引をするには、電車やバスの窓のような大きな表面用のカスタムソリューションを作成する必要があります。残念ながら、グラフィティシールドがそれまで使っていた設備では必要な仕様のものを製作できなかったため、レーザーについて調べることにしました。グラフィティシールドは他のレーザーメーカーに問い合わせましたが、必要なサイズと安全性の要件を満たせないことが分かりました。その後すぐに、トロテックレーザーに連絡しました。

「トロテックはまさに私たちを新たなステージに導いてくれました。」 - Jeff Schuch

当初、グラフィティシールドは複数のレーザーメーカーに問い合わせましたが、サイズ要件や希望する安全機能に対応するソリューションを提供できないことがわかりました。他のレーザー加工の能力を試した後、グラフィティシールドはその地域のトロテック営業担当者、Gary Sheriffに連絡しました。グラフィティシールドはトロテックとじっくり話し合い、製品のデモンストレーションを受けて、SP2000ではカット品質が向上することによりOEM基準を満たし、大型輸送窓用落書き防止シールドのプレートサイズに対応でき、しかも安全クラス2レーザーとして動作することを知りました。他のレーザーメーカーには、これらの機能すべてを備えたレーザー加工機はありませんでした。レーザーを購入して以来グラフィティシールドは、レーザー加工機のサイズ、精度、速度のおかげで、より幅広いカスタムジョブを受注することができています。このカスタムジョブの流入により、グラフィティシールドはすぐに2台目のSP2000を購入し、さらに近い将来SP3000を追加して拡張する予定です。

SPシリーズ
これからビジネスを始める方や、生産能力を高めたい方にも理想的なレーザー加工機です。

レーザー加工機のご紹介

お客様お一人お一人のご要望に 
応じたアドバイスが必要です
無料でアドバイス致します

今すぐご相談ください

会員 troGROUP Logo