Speedyレーザー加工機の
パフォーマンスが向上

Speedy 100とSpeedy 300にイノベーションを実装しました

公開日: 03.11.2020

トロテックのSpeedy(スピーディ)100とSpeedy(スピーディ)300が新しくなりました。その改良点をご紹介します。

リニューアルの目的は、レーザーユーザーの作業をより簡単に、より速く、より高い収益性にすることです。

その目的のために、レーザー加工機の新しい基準を再設定しました。


彫刻品質の向上

Speedy 100とSpeedy 300用にCeramiCore(セラミコア)レーザー光源が新しく開発されました。この光源はビーム径が非常に小さいので、繊細な構造、線、文字のレーザー彫刻が可能です。さらに、加工エリア全体にわたって均一な彫刻を実現します。この技術は高出力レーザーの標準でしたが、現在では30Wと45Wでも可能になりました。

新しいレーザー光源(特許取得済み)の開発コンセプトは、信頼性、高い彫刻品質、および長い耐用年数です。レーザー放射が発生する共振器本体は、100%セラミック製です。

準備時間の短縮

Speedy 400のOptiMotion™(オプティモーション)がSpeedy 100とSpeedy 300にも搭載されました。

OptiMotion™とは、形状(ジオメトリ)に応じてカットスピードと加速度をリアルタイムで演算し、最適化することができる画期的なモーション技術です。このOptiMotion™によって、直線や曲線のあらゆるポイントをパラメーター設定したレーザー出力で照射できるように、最適なスピードで自動的に加減速し、均一なカットラインや断面を可能にしています。つまり形状毎に異なるパラメーターを設定する必要がないので、オペレーターは準備時間を節約することができ、生産性も向上します。

安全性の向上

トロテックの全レーザー加工機は、原則、CEに準拠し、EC Machinery Directive 2006/42 / ECの基本的な安全衛生要件を満たしています。 

また、トロテックは、世界で最も安全なクラスのレーザーにするために、マシン固有の安全保護装置を開発しています。その結果、新しいSpeedy 100とSpeedy 300では、キースイッチと緊急ボタンを操作パネルの近くに移動しました。これによって、万一危険な状況になった場合、レーザー加工機を直ぐに停止させることができます。

さらに操作パネルも直感的に操作しやすい新しいデザインを実装。このデザインは、触覚で操作できるブラインドオペレーションの要素を取り入れた配置になっています。

快適性の向上

LED照明によって、加工エリアが均一でさらに明るく見やすくなりました。オペレーターの快適性が向上し、彫刻やカットの位置を素早く設定することができます。

Speedyシリーズをチェック! レーザー加工機
レーザー加工機