ソフトドリンク用グラス

ステップバイステップガイド

レーザー彫刻グラス

安価のソフトドリンク用グラスに装飾、名前、文字、デザインを施すことで価値が上がります。
ここではロータリーアタッチメントを使って、10 ¼ ozのグラス(310cc)をスタイリッシュに仕上げてみました。

準備

材料
  • 10 ¼ ozグラス(31cc)
  • ペーパータオル
使用機種
  • Speedy 300、30W、2インチレンズ

ステップ・バイ・ステップ

Step 1

ステップ1:グラスの下準備

まず、ペーパータオルを僅かに湿らせます。できればスポンジやスプレーを使って湿らせてください。湿らせたタオルを後で彫刻する面にかぶせてください。これで彫刻プロセス時にグラスが割れにくくなります。
レーザーにロータリーアタッチメントを取り付け、電源を入れます。この時点で、グラスをロータリーアタッチメント内に固定ができ、作業面に焦点を合わせることができます。円錐形のコップを使う場合は、彫刻面がワークテーブルと平行になるまで、ロータリーアタッチメントを傾けてください。

Step 2

ステップ2:レーザー加工

PDFファイルを開き、レーザー加工機に送信。すぐにガラスの彫刻が始まります。
レーザーパラメータは使用する加工機や出力によって、設定値が変わります。

Step 3

ステップ3:推奨パラメータ設定

*プロパティー画面で「ロータリーアタッチメント」に✔が入っていること、対象物の「直径」が入力されているのか確認してください。

推奨パラメータ設定(SPEEDY 300、25Wの場合、2インチレンズ)

彫刻(黒): レーザー出力: 100 %、彫刻速度: 20 %、解像度:500 dpi

彫刻が完了すると同時に、ペーパータオルをグラスの上から取り除いてください。

Speedyシリーズ
名入れに最適なレーザー加工機です。

レーザー加工機のご紹介

用途や設定に関するご質問がおありですか?
エアアシストの A から z-offset の Z まで喜んでアドバイス致します。

詳細情報を希望する

会員 troGROUP Logo