表紙を写真彫刻した
メニューブック

レーザー加工機で、表紙の二層板に写真を彫刻したメニューブックを作ってみましょう。

印刷のデータ出力設定(アクリルのメニューブック用)

準備

材料
  • ピンクと白の二層板(表面の薄い層がピンク色のアクリル):厚さ1.6mm 
  • 黒と白の二層板(表面の薄い層が黒、裏面に粘着テープが付いているアクリル):厚さ0.5mm
  • メニューブックを留める部品(ピンタイプ、ネジタイプなど)
  • 綴じるメニュー

※このサンプルのアクリルは、トロテック・レーザー(オーストリア本社)が販売しているレーザー加工用の材料「トロテック商材」TroLase(

photoengraving-trolase-pink.zip

ZIP

今すぐダウンロード

ステップ・バイ・ステップ

Step 1

ステップ1:表紙の作成

先ず表紙のデザインデータを用意します。このサンプルのデザインを使用する場合は、ページ下のデザインPDFをダウンロードして、表紙デザインのファイル(Photoengraving_TroLasePink.pdf)をグラフィックソフト(CorelDRAWまたはIllustrator)で開きます。オリジナルの場合は、彫刻したい写真をグラフィックソフトに配置して、デザインデータを作成します。

※レーザー彫刻に適した写真については、「

Step 2

ステップ2:パラメーターの設定(表紙)

JobControlレーザーソフトウェアを起動し、ステップ1でデータ出力したジョブをJobControlのプレート上に配置します。次にJobControl画面のメニューバーから「設定」→「材料テンプレートの設定」を開いて、下記のパラメーターを設定します。

用途や設定に関するご質問がおありですか?
エアアシストの A から z-offset の Z まで喜んでアドバイス致します。

詳細情報を希望する

会員 troGROUP Logo