回転球体パーツ

アクリルをレーザーカットして、回転する球体パーツの作り方をご紹介します。トロフィーのトップ部分など、飾りパーツとして使用できます。

アクリルをレーザーカットして組み立てた回転球体パーツ

準備

材料
  • メタリック・アクリルガラス(ブライトシルバー色)1枚:606 x 301mm
  • このサンプルの材料は、トロテック・レーザー(オーストリア本社)が販売しているレーザー加工用の材料「トロテック商材」を使用しています。

    ※トロテック商材は日本で販売しておりません。類似品をご利用ください。

使用機種
  • Speedy 360 flexx
  • 100 W
  • 1.5インチレンズ

※はめ込み部分の細かい加工のため、フォーカスレンズは、2.0インチよりも1.5インチの使用を推奨します。

※他のSpeedyシリーズSPシリーズの機種でも加工できます。

アクセサリー
  • 加工テーブル:バキュームテーブルとアルミニウム カッティング グリッド
  • ※パーツ組み立ての際は、はめ込み部分(凹凸)のサイズに注意してください。適切なはめ込み面に加工するために、材料の厚みを測って、材料パラメーターの数値を調整して加工してください。

ステップ・バイ・ステップ

Step 1

ステップ1:デザインデータの出力

このページ下のデザインデータ(cdr/pdf)をダウンロードして、グラフィックソフト(CorelDRAWまたはIllustrator)で開きます。必要であれば、作りたい大きさに合わせてデータを拡大/縮小します。またオリジナルデザインを追加してもよいでしょう。

次にデザインデータをレーザー加工機用データに出力します。グラフィックソフトの印刷でプリンター「Trotec Engraver」を選択し、環境設定をクリック、出力設定タブを表示して下記を設定します。設定が完了したら最後に印刷を押して、JobControl(ジョブコントロール)レーザーソフトウェアにデータを出力し、ジョブファイルを作成します。

印刷 > Trotec Engraver >環境設定 > 出力設定

印刷のデータ出力設定

印刷設定(加工オプション)

加工モード 解像度 カットライン
標準 500 dpi なし
ハーフトーン調整 その他
カラー 高度なジオメトリ
最初に内部ジオメトリ
Step 2

ステップ2:レーザー加工

JobControl(ジョブコントロール)レーザーソフトウェアをPCモニターに表示し、ステップ1でデータ出力したジョブをJobControl画面のプレート上に配置します。次にJobControlの「材料テンプレート」を開いて、下記のパラメーターを設定します。

パラメーター設定

カラー 加工の種類 パワー (%) スピード(%) 周波数(ppi/Hz)
カットCO2 40 0.2 5000
パス(繰返し) エアアシスト Zオフセット アドバンス
1 on - -

ヒント

上記は、トロテックJobControl(ジョブコントロール)レーザーソフトウェアの材料パラメーターデータに登録されているTroGlass の数値です。

※パラメーターは、加工する材料の材質・色、そしてレーザー加工機の機種やレーザー出力(W)によって異なります。仕上がりの良い最適な加工を検出するために、様々なパラメーターテストをお薦めします。

パラメーターの設定後、材料を加工テーブルにセットしてレーザー加工を行います。

加工テーブルの種類は、用意できればアルミニウム カッティング グリッドの使用をお薦めします。このテーブルを使うと、材料の裏面にあたるレーザー光の反射を最小限に抑えることができ、仕上りが良くなります。ハニカム カッティング テーブルでも加工できますが、もし仕上りに影響がでる場合は、ある程度高さのある物を加工テーブル上に置いて、材料とテーブルの間に空間を作るとレーザー光の反射を抑えることができます。

また、加工テーブル上の空きスペースを紙などで覆うと、加工テーブルの吸引力が強くなるので加工品質をアップすることができます。

最後にフォーカスツールとレーザー加工機の操作パネルで焦点距離の位置決めをしたら、レーザー加工をスタートします。

Step 3

ステップ3:組み立て

レーザーカットしたアクリルのパーツを組み立てます。外側に4カ所の凹部分があるリング(ステップ2のパーツ写真1)と内側と外側に2カ所ずつ凹部分があるリング(パーツ写真2)を合体します。写真1のリングを写真2のリングの中に入れて、4カ所の凹部分を写真2のリングにはめ込みます。

次にこの合体したリングを2つの接続部をもったリング(パーツ写真3)の中に入れて取付けます。それから小さなリング(パーツ写真4)の1つを一番外周となるリング(パーツ写真5)の凹部分に付けます。パーツ1~3を組み立てた球体の接続部をパーツ5に取付けたパーツ4にはめ込みます。もう一方も同様に小さなリング(パーツ写真4)をパーツ3の接続部に付けて、パーツ5の凹部分にはめ込みます。

最後に写真1~5のリングパーツを組み立てた球体を台座プレート(パーツ写真6)に取り付けて完成です。

Speedyシリーズ
名入れに最適なレーザー加工機です。

レーザー加工機のご紹介

用途や設定に関するご質問がおありですか?
エアアシストの A から z-offset の Z まで喜んでアドバイス致します。

詳細情報を希望する

会員 troGROUP Logo