レーザーの安全性
(国際安全クラス)

レーザー加工機には、世界的に正しくレーザーを製造し、安全に使用するために定められた国際的な安全基準があります。 その国際規格によってレーザー製品は、目や皮膚への障害を基にクラス1からクラス4に分類されています。 国際規格のクラス分類、トロテック・レーザー加工機の安全性、およびどのクラスに分類されるかについてご説明します。

How safe are Trotec laser machines?

By means of the closed design of the Trotec lasers, the laser user is optimally protected. This concept additionally allows for rapid and efficient extraction of dust and gas. The closed Trotec flatbed laser machines belong to laser class 2. Why only laser class 2? Laser pointers are built into Trotec lasers, in order to show the user where the laser impinges the material. According to the internationally valid standard, laser pointers with an output of less than one milliwatt belong to laser class 2.

Except laser machines with laser class 4

If the Trotec laser plotter is equipped with a hatch, the chassis has an opening through which the laser radiation can exit. Such laser machines thus fall into laser class 4. A similar situation results with Trotec lasers with galvo technology. The laser must be classified into laser class 4 if it doesn't have a corresponding housing. Lasers of the safety class 4 may then only be operated with special protective gear (protective glass, shields, protection goggles).
個別の情報やレーザー安全性に関するアドバイスについては弊社までお問い合せください。 お問い合わせ

レーザーの安全基準クラス

クラス1 ユーザーに触れる可能性のあるこのクラスのレーザー光線は危険性はありません。長い間光線に触れてもレーザーの光線が通らないようになっています。
クラス2 このクラスは、目に見えるレーザー(例:出力が1mw未満のレーザーポインター)で、0.25秒以下の短期間であれば目にも安全です。
クラス3 ユーザーに触れる可能性のあるレーザー光線は、目には危険です。反射についても注意を払うようにしてください(例:反射素材の表面)。Trotec にはレーザークラス3のレーザーシステムはありません。
クラス4 このレベルでは、目や皮膚への損傷が起こる可能性があり、レーザーの危険ゾーンでは火災を引き起こすおそれがあります。このレーザークラスでは、ユーザーは提案の保護の規定に完全に準拠する義務があります。

トロテック・レーザー加工機の安全クラスは?

Speedyレーザー彫刻機

製品概要 レーザーの性能(ワット数) レーザーの種類 安全クラス 保護装備の必要性
Speedy 100 30, 45, 60 W CO2 2 いいえ
Speedy 100 flexx 30, 45, 60 W CO2
20, 30 W ファイバー
CO2およびファイバー 2 いいえ
Speedy 300 30, 45, 60, 80, 100, 120 W CO2 2 いいえ
Speedy 300 flexx 30, 45, 60, 80, 100, 120 W CO2
20, 30, 50 W ファイバー
CO2およびファイバー 2 いいえ
Speedy 360 60, 80, 100, 120 W CO2 2 いいえ
Speedy 360 flexx 60, 80, 100, 120 W CO2
20, 30, 50 W ファイバー
CO2およびファイバー 2 いいえ
Speedy 400 * 60, 80, 100, 120 W CO2 2 いいえ
Speedy 400 flexx* 60, 80, 100, 120 W CO2
20, 30, 50 W ファイバー
CO2およびファイバー 2 いいえ
         
*レーザーにオプションのハッチが装備されている場合     4 はい

SPレーザーカッター

製品概要 レーザーの性能(ワット数) レーザーの種類 安全クラス 保護装備の必要性
SP500 * 40~200 W CO2 2 いいえ
SP1500 100~400 W CO2 2 いいえ
SP2000 60~400 W CO2 2 いいえ
SP3000 60~400 W CO2 2 いいえ
SP4000 60~400 W CO2 2 いいえ
         
*レーザーにオプションのハッチが装備されている場合     4 はい

マーキングレーザー SpeedMarker

製品概要 レーザーの性能(ワット数) レーザーの種類 安全クラス 保護装備の必要性
SpeedMarker 50 (リフトドアなし) 20, 30, 50 W ファイバー 4 はい
SpeedMarker 300* 20, 30, 50 W ファイバー 2 いいえ
SpeedMarker 700 30, 45 W CO2
20, 30, 50 W ファイバー
CO2およびファイバー 2 いいえ
SpeedMarker 1300 20, 30, 50 W ファイバー 2 いいえ
SpeedMarker 1350 20, 30, 50 W ファイバー 2 はい
SpeedMarker 1600 20, 30, 50 W ファイバー 2 いいえ
         
*レーザーにオプションのハッチが装備されている場合     4 はい

Laserati

製品概要 レーザーの性能(ワット数) レーザーの種類 安全クラス 保護装備の必要性
Laserati

100あるいは200 W

CO2 2 いいえ

GSシリーズ

製品概要 レーザーの性能(ワット数) レーザーの種類 安全クラス 保護装備の必要性
GS1000 100 W CO2 2 いいえ
GS1200 100 W CO2 2 いいえ
         
SpeedCutter 100~400 W ファイバー
4~25 W フェムト
ファイバーおよびフェムト 2 いいえ

トロテックのレーザー加工機はどのような安全対策がされていますか?

トロテックのレーザー製品は全てCEマークに適合しています。またEC機械指令2006/42/ECで求められる安全性に関する要件も満たしています。トロテック・レーザー加工機の世界トップレベルの安全性、および安全対策機能や装置についてご説明します。

インターロック安全スイッチ

マシンの金属被覆部、側面カバー/前面フード、保護カバーが、レーザーに対する安全防止装置の役割を果たしています。これらのカバーにはインターロック(連動式)安全スイッチが搭載されているので、保護カバーあるいは別のインターロック保護カバーが開くと警告音が鳴り、レーザー加工機が瞬時にレーザー加工を中断します。この機能によって、使用者やオペレーターの安全性を常にしっかりと確保します。

SPシリーズ レーザーカッターの安全システム

SP2000/SP3000のX軸に取り付けた安全バンパーと移動式ライトカーテン・システムが保護ゾーンを決定します。万一、オペレーターがこの保護ゾーンに入ると、即座にマシンが停止します。 SP2000/SP3000の安全システム

着色アクリルガラスのトップカバー

密閉設計のレーザー製品(例:Speedyシリーズ レーザー加工機、SPシリーズ レーザーカッター)には、アクリル製のトップカバーに安全対策機能があります。トップカバーの色はレーザー発振器によって異なり、CO2レーザーにはブルー系、ファイバーレーザーにはイエローグリーン系のアクリルガラスが使用されています。この着色されたトップカバーがレーザー光を完全に吸収し、使用者やオペレーターを防護しています。

警告信号を発する温度センサー

レーザー加工機は、加工中に材料が発火する危険があります。特にアクリルのカット時に発生しやすい現象です。そこでトロテックは、加工エリア内の温度が危険値を超えると、警報が鳴る「温度センサー」を開発しました。作業者は、温度センサーの警報によっていち早く発火の危険を察知し、加工を中断できます。緊急対応に役立ち、安全性を第一に考慮したオプションです。 ※温度センサーが付いていても、マシン加工中は決してレーザー加工機から離れないでください。 温度センサー

電源供給を即座に遮断する安全スイッチ

万一、危険な状況になった場合、下記の安全スイッチや停止ボタンを使って電源供給を遮断し、レーザー加工を即座に停止できます。
  • メインスイッチ:主電源を遮断します。
  • キースイッチ:モーター、レーザー発振器、各電子装置の電源を落とします。
  • 緊急停止ボタン:電気回路を遮断し、レーザー光と全動作を停止します。

レーザーの安全講習

トロテック・レーザー・ジャパンでは、レーザー加工機を導入後、お客様に正しい操作方法を安心して習得していただくために、安全講習を含めた各種レーザー・トレーニングをご提供しています。 トロテックのレーザー・トレーニング

ご要望に応じたアドバイスをさせていただきます.

30分間の無料相談を申し込む。

会員 troGROUP Logo