レーザー、レーザー加工機とは?

レーザーとは?

レーザーの意味、レーザーの特徴、レーザーの仕組み、レーザー・テクノロジーについてご紹介しています。

※ビデオのナレーションは英語です。

「レーザー」の意味

「LASER(レーザー)」は、「Light Amplification by Stimulated Emission of Radiation」の頭文字が語源で、「誘導放出による光の増幅」を意味しています。

レーザーの仕組み

レーザーは、レーザー発振器によって人工的に作られる光です。レーザー光を作り出すレーザー発振器内の主要部分を「光共振器」と言います。光共振器内の媒質が、向かい合う2枚の鏡の中で、エネルギーを吸収・放射し、光(電磁波)を増幅します。この対面する2枚の鏡によって、レーザー光を特定の方向へ向かわせ、光を増幅させています。そして、一枚の鏡は半透鏡になっているため、凝縮されたエネルギー(レーザー光)の一部を外部に供給しています。レーザー加工機は、この光を使って材料を加工することができるのです。

レーザービームの特徴

レーザー光(レーザービーム)は、ランプ(電球)などの光と異なります。ランプの光は、四方八方に広がりますが、レーザー光はまっすぐに進みます(指向性)。また、ランプの光は波長がバラバラですが、レーザー光は波長が一定で、波の山と谷が時間的にそろっています(可干渉性=コヒーレンス)。

レンズを使うことで、材料にレーザーを集光することができます。レンズで集光したレーザー光の焦点位置を合わせることによって、非常に高いエネルギーを作り出し、材料をカットしたり彫刻したりできます。

また、レーザー光源から距離があっても、レーザー光に適した光学部品を使用することによって、レーザー光のエネルギーを低下させずに反射させて、射出する方向を変えることができます。何より、このレーザー光のパワーはとても安定しているので、レーザー加工機は損耗しない万能ツールと言われています。

ご要望に応じたアドバイスをさせていただきます.

30分間の無料相談を申し込む。

会員 troGROUP Logo