ソフトウェア制御の X-Y 軸

Galvo ヘッドは、大型のワークステーションで加工表面をすべて活用できるように、ソフトウェア制御の X-Y 軸上で (Y軸の場合はYテーブルが移動) 移動できます。これらの移動パスは、SpeedMark ソフトウェアで制御できます(分割も可能です)。このソフトウェアでは、全体の加工エリアを1つの手順で使用できます。SpeedMarker 1300では、ソフトウェア制御のX軸が標準構成として装備されています。SpeedMarker 1300 xlとSpeedMarker 1600では、ソフトウェア制御のX軸とY軸が標準構成として装備されています。