トロテックの安全システム

大型レーザーカッターを安全に操作するためのレーザー・セーフティ・ソリューション

Request a demo

SP2000/SP3000 安全システム

トロテックのエンジニアは、レーザー光だけでなく、機械的な安全面も十分に考慮して、SP2000/SP3000レーザーカッターを開発しました。したがって、SP2000/SP3000は、関連規格に全て準拠しているので、安全な操作が保証されています。

クラス 2の大型CO2レーザー

SP2000/SP3000は、レーザー光の通過経路が完全密閉されているため、レーザー安全基準のクラス2に準拠しています。加えてヘッド部には、レーザー光の反射を防護するアクティブ・レーザー・ディフレクター・シールドが搭載されています。

したがって、レーザー保護用ウォール等を取り付ける構造上の対策や、スタッフにレーザーの安全性に関する特別なトレーニングを行う必要はありません。

加工中のアクセスを可能にしつつ、オペレーターの安全も確保

トロテックは、オペレーターを最大限に保護することを最も重要視しています。X軸に取り付けた安全バンパーと移動式ライトカーテン・システムが保護ゾーンを決定します。万一、オペレーターがこの保護ゾーンに入ると、即座にマシンが停止します。この安全装置によって、マシンがレーザー加工の最中でも、オペレーターは加工エリアへ自由にアクセスすることができるのです。つまり、加工中の利便性を実現しつつ、オペレーターの安全も確保しています。

SP4000 安全システム

SP4000は、SP2000/SP3000と異なる安全システムを備えています。

クラス 2 の安全性を備えたソフトサイネージ・バージョン

SP4000は、レーザー・プロテクション・ギャラリーとオペレーター立ち入り禁止ゾーンを備えているので、レーザー安全基準のクラス2に準拠しています。オペレーターの安全性に加えて、設置面積が比較的小さく、材料取り出しへのアクセスとメンテナンス性に優れ、細かいチューニングが可能なので、お客様の作業環境と容易に統合することができます。SP4000のこのような特長は、材料の厚さが1mm以下のソフトサイネージの用途に最適です。

専用のセーフティキャビン

さらにトロテックでは、用途に合わせて専用に設計されたセーフティ・キャビンも提供しています。当社はお客様と共に機能性やワークフローを決め、お客様が安全な製造環境で最良の生産性を達成できるようにします。


規格準拠

本機は次の指令や規則にも適合しています。

  • 2006/95/EC 低電圧司令
  • 2004/108/EC EMC ガイドライン

調和性のある規格としては次があります。

  • EN ISO12100 機械の安全性
  • EN 60335-1/2007 家電品および同等製品の安全性
  • EN 55014-1/2006、EN 55014-2/1997 電磁親和性
  • EN 60204-1 機械の安全性 – 電気機器
  • EN 60825-1/2007、EN 60825-4/2006 および EN 60825-14/2006 レーザー機器の安全性
  • EN 55022/2008、EN 55024/2003 電磁親和性

CE 適合宣言書は要求に応じて提供されます。