長い耐用年数と低メンテナンスを実現

InPack テクノロジー™(特許取得済み)で、重要な光学部品と駆動部品を粉塵から防護

防塵設計の重要性

レーザー加工機をクリーンに保つ必要は、見た目だけではなく、機能の問題に関わるからです。彫刻とカットを高品質に仕上げるためには、正確な光軸が最も重要な要因になります。そこでトロテックは、InPack(インパック)テクノロジー™を開発し、加工エリア内で発生するガスや粉塵から光学部品や駆動部品を防護するようにレーザー加工機を設計しています。具体的には、ヘッド部のレンズやミラー、そしてX軸やY軸の駆動部分を防護しています。

この特許取得済みのInPackテクノロジー™によって、加工の品質だけではなく、粉塵が多く発生する厳しい使用状況でも安定した加工を保証します。この安定した加工が、結果的に生産性や低ランニングコストにつながります。

防塵キット

ゴムや木材の彫刻など、特に粉塵が多く発生する材料の加工には、この防塵設計が効果的です。駆動部分に装備された防塵キット(ベルト等)によって、電子機器やモーターも粉塵から保護しています。さらにZ軸の追加ブラシが、クリーニングの回数を減らします。これによって機器の耐用年数を長くし、日々のメンテナンスを軽減しています。

特許取得済みのInPack テクノロジー™は、SpeedyシリーズおよびSPシリーズに採用されています。