デジタルテーブル集塵装置

SP2000/SP3000/SP4000 大型CO2レーザーカッターの集塵機能

お問い合わせ

SP2000/SP3000 のデジタルテーブル排気システム

最高のカット品質を引き出すために、レーザー加工には良質の集塵能力が求められます。その役割を担うのがテーブル排気システムです。

SP3000 および SP2000の大型レーザーカッターは、加工エリア内で指定したゾーンの排気システムだけを作動することができます。

通常、セットした材料が加工エリア全体を使うことがない場合、手作業で空いている加工エリアに紙などの材料を置いて吸引力を効率良く強くします。このような前工程の作業には時間とコストがかかりますが、SP2000/SP3000 の排気システムでは、SP3000 の場合は 加工エリアを4 つのゾーンに、SP2000 の場合は 2 つのゾーンに区分することができます。

例えば、カットする材料のサイズが1つのゾーンしか使用しない場合、手作業で使用しない加工エリアを別の材料で覆う必要がなく、そのゾーンだけを稼働させることができます。この機能によって、最適な吸引効果とクオリティの高いカットを実現できるだけでなく、時間とコストも削減できます。

SP4000 のデジタルテーブル排気システム

レーザーカッターは、材料や用途に適した設計の排気システムが重要です。

トロテックのSP4000は粉塵やガスを効率良く吸い出すことができるように設計されています。同時にデジタルテーブルのバキューム機能によって、材料が加工テーブルにしっかりと固定されるので安定した加工が可能です。このデジタルテーブルは、縦方向4列に区分することができます。これにより布地の幅に合わせて加工エリアの排気システムを制御し、的確にカットするとこができます。

さらにトロテックは、ソフトサイネージ用の加工として、レーザーヘッドに取り付けられる移動式排気装置を開発しました。この排気装置によって、煙が発生した箇所から確実に効率良く除去することができます。速いスピードでカットしても、法令遵守した仕様でオペレーターを保護します。