デジタルテーブル集塵装置

SP2000/SP3000大型CO2レーザーカッターの特長と機能

レーザー加工で最高のカット・クオリティを実現するには、性能の高い集塵装置が必要です。SP2000/SP3000の大型レーザーカッターは、加工エリアの指定ゾーンだけに集塵装置が稼動する仕組みになっています。

通常、加工テーブルに材料をセットし、エリア全体をカバーしない場合、空いているエリアを別の材料で覆うことで集塵力をアップすることができます。しかし、大型サイズの加工エリアの場合、これを手作業で行うと時間とコストがかかります。

トロテックの大型レーザーカッターなら、集塵装置の稼動エリアを区分することができます。SP3000は加工エリアを4区分、SP2000は加工エリアを2区分に分けることができます。各エリアの集塵装置は、専用操作台(コンソール)にあるボタンを押せば個別にオン・オフができます。

例えば、加工したい材料を1区分のみにセットした場合、このエリアの集塵装置だけをオンにします。他の区分の加工エリアを別の材料で覆う必要はありません。デジタルテーブル集塵装置の機能によって、作業時間を短縮しながら、効果的な集塵力でクオリティの高い加工を実現することができます。