ソフト看板のレーザーカッティング

クリーンな仕上げの大判ポリエステル製プリントテキスタイル。フラッグ、テキスタイルバナー、看板のメーカーにとって、レーザーカッティングはコスト削減につながります。

ソフト看板にレーザーカッティングが最適な理由。

印刷とカットを、レーザーで確実に行うことができます。レーザーカッターで、印刷された大判のテキスタイルを効率よくカットできます。

レーザーカットは、テキスタイルのサイズや重量に関わらず、ほつれを防ぎ、切断面を確実に密閉します。非接触加工のため、カット時にテキスタイルの反りが発生しません。デジタルテキスタイル印刷やデジタル製作により、個性的なテキスタイルを安価かつ大量に製作できます。

テキスタイルのレーザー加工の可能性をご自身の目でお確かめください。

ご相談のみでも喜んで無料でアドバイス致します。

ソフト看板をレーザーカットすることが合理的な理由。技術の比較。

デジタルテキスタイル印刷でできること。

レーザーカッターがデジタル印刷に生み出す付加価値とは。

利益率の向上、コスト削減、新製品は、会社の成功にプラスの影響を与えます。こちらの例では、購入価格と販売価格の概要を説明しています。見積りには、機械のランニングコスト、減価償却費、ファイル加工と機械使用のための人件費が含まれます。

レーザーカッターでデジタル印刷を確実にカットするには何が必要ですか?

アドバイスさせていただきます。

ソフト看板用途にはどのレーザー加工機が必要ですか?

SP4000 レーザー加工機が、印刷テキスタイル用途に最適です。このレーザーカッターで、幅 3.2 メートルのテキスタイルを、ローラーの長さ分のワークピース長でカットできます。これは、特に大判バナーや展示会ブースのテキスタイル仕上げに適しています。

布地用レーザー加工機のご紹介

お客様の声。

「トロテックのレーザーは、研磨されたカット断面を持つ製品を、効率的に量産できます。さらに、当社は機械の品質とサービスの両方を重視しています。それが、長期的なパートナーとして トロテックを選んだ理由です。」

Bernhard Eremit

マネージングディレクター - Alfred Eremit Gesellschaft m. b.H.

「お客様からの問い合わせがますます具体的になってきたため、当社は長期にわたってサービスを提供してくれるパートナーを探していました。トロテックのSP3000 は、照明技術の関係するあらゆる用途に対応できます。非常にシャープなエッジを備えたアクリルインレイを、レーザーカッターでカットできるのです。さらに、SP3000 では、材料効率の高い方法でデザインをネスティングできるため、経済的に部品生産ができます。」

Roland Plank

マネージングディレクター - Werner + Plank Licht & Metalltechnik GmbH

「レーザーを導入したことで、アクリル製品の受注が可能になり、売上高が大幅に増加しました。粉塵なしの製品品質と、お客様に求められる生産速度は、今のところレーザーでしか達成できません。SP3000 レーザーカッターは、Mister Druck の成長に貢献しています。」

Rune Slembrouck

Mister Druck GmbH

よくある質問

印刷仕上げ技術にはどのような種類がありますか?

グラフィックデザインにおけるレーザーカットの活用方法は?

印刷ワークフローにレーザー加工機を組み込むことはできますか?

レーザーカッターは、フライス加工機よりも早くアクリルを切断できますか?

信頼性の高い印刷とカットのワークフローを統合するには何が必要ですか?
エアアシストの A から z-offset の Z まで喜んでアドバイス致します。

30分間の相談を今すぐお申し込みください。

会員 troGROUP Logo