jobcontrol laser engraving software

Adobe Illustrator®を使ったレーザー加工の仕方

CorelDRAW®だけでなく、Illustrator®でも、レーザー加工OK!

「CorelDRAW®ではなくて、Adobe Illustrator®を使ってレーザー加工できますか?」というご質問をよくいただきます。

もちろん、答えはYesです!トロテックのレーザー加工機は、Adobe Illustrator®のデザインデータを使ってレーザー加工することができす。下記の重要事項をご覧の上、手順に従ってレーザー加工を行ってください。


ステップバイステップ

レーザー加工機がAdobe Illustrator®のグラフィックデータを正しく認識できるように、最初のステップ1とステップ2で、Adobe Illustrator®の設定を行います。

ステップ1: 図を作成します

Adobe Illustratorで次の設定をします:

  • カットラインの幅を0.001mmにします
  • RGBカラースペースを使用します(ジョブコントロール・マテリアルデータベースと同様です)
  • ストロークは中央にくるようにします

ステップ2:プリントダイアログでの操作

デザインの準備ができたら、次はレーザーへの送信を行う必要があります。CorelDraw®と同じく、Adobe Illustrator®もプリントダイアログを介してレーザー加工機との通信を行います。
「プリント(Print)」をクリックして、Adobe Illustrator®のプリントウィンドウを表示します。「出力(Output)」セクションで、カラースペースとしてRGBが選択されているか確かめます。
次に、「セットアップ(Setup)」をクリックします、すると、通常のプリントダイアログが開きます。


ステップ3:レーザー彫刻機を選んで、レーザー設定を調整します

レーザー彫刻機を選び、「基本設定(Preferences)」または「設定(Settings)」をクリックします。ここで、レーザー加工機のプリントパラメータが調整できます。


ステップ5: JobControl®ソフトウェアの操作

(使用ソフトウェア:JobControl®)

JobControl®ソフトウェアを開きます。JobControl®画面の右側にあるリストから出力したデータ(ジョブ)を選択して、画面中央のプレート上にクリック&ドラッグします。


ここで加工したい材料をレーザー加工機の加工テーブルに設置し、加工テーブルを上下させて焦点距離の位置決めを行います。

再びJobControl®ソフトウェアを使って、レーザーヘッドの位置と「ジョブ」の加工位置を合わせます。次にJobControl®の「材料テンプレート」を選択して、レーザー加工の種類(カットや彫刻)、レーザー出力(パワー)、スピード、周波数(PPI/Hz)などのパラメーター設定を行います。パラメーターの設定が完了したら、JobControl®画面右下の「▷ ボダン」をクリックしてレーザー加工を開始します。

JobControl®について、詳しくは下記をご覧ください。
JobControl®(ジョブコントロール)ソフトウェア

初めての加工マニュアル

~木札の作り方~

「初めての加工マニュアル(木札の作り方)」Illustrator版をご用意しました!

このマニュアル(PDF)は、イラストレーターを使って作図し、レーザー加工機で木札を加工するまでの作業方法を詳しく説明した手順書です。このマニュアルを見ながら、一度木札を作成すれば、次のレーザー加工やものづくりに応用できるでしょう。下記PDFをダウンロードして、実際にトロテックのレーザー加工機を使ってみてください。

初めての加工マニュアル(木札の作り方)Illustrator版(PDF:2.15MB) 

※当社の許可なく、本マニュアルの無断転載・転用・複製・配布等はご遠慮ください。また営利目的による使用もご遠慮ください。

さらに詳しい情報は・・・

Adobe Illustrator®(イラストレーター)を使用したレーザー加工について、さらに詳しい内容やご質問は、トロテックに直接お問い合わせください。

【お問い合わせ先】
・Tel: 03-5826-8032
※受付時間:平日9:00~18:00(土日祝日および当社休業日を除く)
・メール
下記の「お問い合わせ」をクリックし、お問い合わせページから質問事項をご記入ください。