レーザー彫刻した瑪瑙(めのう)ペンダント

レーザー彫刻で
付加価値をプラス

カスタマイズ彫刻や高速・高精度のレーザーで商品価値と利益をアップ!

今日では、個人向けにカスタマイズしたサービスや商品を提供する「パーソナライゼーション」が不可欠です。例えば、規格外の贈答品やオリジナルのギフト記念プレートトロフィー等に、個人的なメッセージや献辞を刻むことが人気になっています。この「パーソナライゼーション」に対応できるのが、レーザー加工機の技術です。さらにレーザーなら多様なアプリケーションの彫刻に対応できます。

特にレーザーは、 販促品やノベルティグッズなどの広告商品製作に効率的なツールです。サプライヤーからの無料サンプルや景品、シンプルな販促グッズに、高品質なレーザー彫刻を追加することでかなりの付加価値を付けて販売することができます。


パーソナライズ彫刻のコストと利益を計算

レーザー彫刻でカスタマイズした商品は、市場で販売している類似商品の価格によって決められますが、カスタマイズ品を購入する顧客は、たとえ高い値段でも入手したいと思っている可能性が高いので、一般的な標準価格より5~10倍高くしても販売できるでしょう。

例:追加料金でボールペンにレーザー彫刻した場合

名入れした高級ボールペンが、例えば15ユーロで販売されているとします。発注量にもよりますが、このようなボールペンなら1.5ユーロ程で仕入れできます。レーザー加工業界では加工時間を通常1ユーロ/分で積算します。つまり、デザインや彫刻の時間はすぐにコストに数値化できるのです。このボールペンを例としてあげると、15秒の彫刻時間でレーザーにかかる費用は、1本につき25セントになります。このようにレーザー彫刻なら人件費を考慮しても簡単に利益を出せる計算ができます。

レーザー彫刻したボールペン:1本
ボールペン1本の仕入れ価格 1.5ユーロ
1本の彫刻時間 15 秒
1本の彫刻費(1ユーロ/分) 0.25ユーロ
人件費(40ユーロ/時間) 0.11ユーロ
彫刻した1本の卸値 15ユーロ
利益/本 13.14ユーロ/本
レーザー彫刻したボールペン:150本
ボールペン150本の仕入れ価格 225ユーロ
150本の彫刻時間 15分
150本の彫刻費(1ユーロ/分) 15ユーロ
人件費(40ユーロ/時間) 10ユーロ
彫刻した150本の卸値 2,250ユーロ
利益/150本 2,000ユーロ/150本

※1ユーロ=約125円

パーソナライズできる商品のアプリケーション例

トロテックの推奨モデル:Speedy flexxでパーソナライズ

トロテックは、フラッドベッドタイプの機種を幅広くラインナップしているので、あらゆるアプリケーションや用途に最適なレーザー加工機を提供できます。とりわけSpeedyシリーズは、既にレーザー加工機を所有しているユーザーだけでなく、初めてのユーザーにも最適なモデルです。加工エリア別に4機種をラインナップし、発振器はCO2とファイバー、そしてその2種類の発振器を1台のマシンに搭載したflexx(フレックス)モデルも提供しています。このflexxモデルなら金属と木材またはアクリルを同時に彫刻できるので、加工できる材料の範囲が格段に広がります。

Speedyシリーズ レーザー加工機

販促品の彫刻で利益を上げるには?

販促品はよく大量生産されていて、主にアジアから供給されています。同時に幅広い販促品のサプライヤーや小売業者が多数存在しています。小売業者にとっての挑戦は、購入した販促品を大量に再販することです。再販時に企業名や企業ロゴをマーキングすることで付加価値にはなりますが、マージンはかなり低いでしょう。そこで成功する販促グッズのサプライヤーは、革新的な加工技術で商品を特徴づけることによって、競合より抜きんでるように努めます。つまり高品質な彫刻やマーキングを施した景品や販促グッズはかなり大きなマージンで上手に販売することができるでしょう。高いマージンを実現するプライスアップの方法を2つご紹介します。

1. 高品質仕上げのレーザー彫刻で追加料金

レーザーでより高いマージンを得る従来の方法は、レーザー彫刻による追加料金です。加工してない販促グッズは、他のサプライヤーと比較して低い価格ですが、レーザー彫刻によって追加料金が請求できます。サイズと量によりますが、追加料金は彫刻につき約1ユーロがふさわしいでしょう。仮に1週間に約100個を生産する場合、レーザーシステムの導入が経済的に実現できるでしょう(平均的な価格の場合で、機器のサイズやスペックによります)。レーザーシステムを導入すれば、かなり高い注文数の販促グッズを製造できます。またレーザー加工で固定費は発生しないので、販促グッズの小売業者はレーザー彫刻とマーキングで利益を増やすことができます。

2. レーザー彫刻品を大量に生産して収益をアップ

販促品のサプライヤーには、追加料金を取らずに、あるいはわずか数セントでレーザー彫刻やマーキングを提供しています。生産価格には既に利益が生まれていますが、お客様はただ同然で高品質の彫刻ができると感じています。レーザー加工の費用は変化しません(例えば人件費を除いて、消耗品は必要ありません)。販促品とは、実際にブランド力なしには購入されないので、固定費はマーキングされていない商品価格に含まれます。無料サンプルや景品などは生産数が多いので、販促品の小売業者は低い取得原価でさらに売り上げと収益を生むことができるでしょう。つまり、大量の販促品をレーザーでスピーディに彫刻することで、結果的に利益を増加することができます。

トロテックの推奨モデル:高速スピードのガルバノレーザーで大量マーキング

トロテックは、金属とプラスチックへのマーキングが同時にできるSpeedy flexxモデル(特許取得済み)に加えて、大量受注に対応できるガルバノレーザーのワークステーションも提供しています。販促品の用途と商品の種類によりますが、フラッドベッドタイプのレーザーよりもガルバノレーザーの方が約10~50倍速く稼働できます。

マーキングレーザー

※現在、マーキングレーザーのSpeedMarkerシリーズは、日本で販売しておりません。