トロテック商材の木材を使って、卓上ペンホルダーを作ってみませんか?


材料

※サンプルの材料は、トロテックが販売しているレーザー加工用の商材「トロテック商材」を使用しています。

使用機種

  • Speedy 360
  • 100W
  • 2.0インチレンズ
  • 加工テーブル:アルミニウム カッティング グリッドまたはハニカムカッティングテーブル

※他のSpeedyシリーズのモデルでも加工できます。

ポイント

はめ込み部分がしっかりとはまるように、加工前に材料の厚みを確認し、カーフ(カット幅)に注意してください。


ステップバイステップ

ステップ1:デザインのデータ出力

このページ下のデザインファイルをダウンロードして、cdrかpdfファイルをグラフィックソフト(CorelDRAWまたはIllustrator)で開きます。ペン穴の大きさは、ご希望のペンサイズに調整してください。

次にデザインをレーザー加工機用データ(=ジョブ)に出力します。加工したいデザインを選択し、グラフィックソフトの印刷でプリンター「Trotec Engraver」を選択、環境設定をクリック、出力設定タブを表示して下記を設定します。設定が完了したら最後に印刷のOKを押すと、JobControl(ジョブコントロール)レーザーソフトウェアにデータが出力され、自動でジョブが生成されます。

印刷 > Trotec Engraver > 環境設定 > 出力設定

印刷のデータ出力設定

印刷設定(加工オプション)
加工モード 解像度 カットライン
標準 500 dpi なし
ハーフトーン調整 その他
カラー 高度なジオメトリ
最初に内部ジオメトリ

ステップ2:レーザー加工

材料を加工テーブルの上にセットします。吸引力の効果を上げるために、空いているスペースに紙などを置いて加工テーブルを覆います。

次にJobControl(ジョブコントロール)レーザーソフトウェアをPC画面に表示し、ステップ1でデータ出力したジョブをJobControlのプレート上に配置します。それからJobControlの「材料テンプレート」を開いて、下記のパラメーターを設定します。パラメーターの設定後、レーザー加工を開始します。

パラメーター設定

カラー 加工の種類 パワー (%) スピード (%) 周波数(ppi/Hz)
ハーフカット: 赤 カット CO2 7 1 1000
カット: 青 カット CO2 100 1.6 1000
パス(繰返し) エアアシスト Zオフセット アドバンス
1 on - -
1 on - -

ヒント

  • デザインの「t」は、ベクター彫刻をするために、加工の種類でカットを選択し、彫刻仕上げのパラメーター値を設定しています。
  • 基本的なパラメーターは、JobControlにプレインストールされている材料データベースの5mm solid mapleの値を使用しています。

※パラメーターは、加工する材料の材質や色、そしてレーザー加工機の機種やレーザー出力(W)によって異なります。仕上がりの良い最適な加工を検出するために、いくつかのパラメーターでテストすることをお薦めします。


ステップ3: クリーニングと組み立て

レーザーカットした木材を水で湿らせた柔らかい布で拭いて綺麗にします。カットした2個のパーツを十字に組み合わせて完成です。


もっとアイデアをプラス!

  • 写真のサンプルのように、色々な種類の木材やアクリルで作ってみましょう。
  • カット後に名前やロゴなどを彫刻してオリジナリティを追加してみましょう。

ダウンロード

デザインデータ(cdr/pdf)

※デザインデータは、CorelDRAWまたはIllustratorのグラフィックソフトウェアで開いてください。


お薦めのトロテック機種