laser cutting egg holder

木製イースターエッグカップ

(材料:ハンノキまたは合板)

皆様のためにチャーミングなイースターデコレーションをデザインしました。イースターバニーの形をした木製イースターエッグカップです。荷車は卵を載せるために使います。材料はハンノキ材を使いましたが、一般的な合板も使えます。とくにポプラ材の合板がレーザーカットに適しています。


材料

  • ハンノキ/合板:厚さ3mm
  • イースターエッグ:1個

使用機種

  • Speedy 300
  • 60W
  • 1.5インチレンズ

アクセサリー


ステップバイステップ

ステップ1

本ページにあるイースターバニーのデザインPDFをCorelDRAWまたはIllustratorのグラフィックソフトウェアで開いて、レーザー加工用データに出力します。それから、下記のパラメーターを設定し、彫刻とカットを開始します。

※パラメーターは、加工する材料の材質や色、そしてレーザー加工機の機種やレーザー出力(W)によって異なります。仕上がりの良い最適な加工を検出するために、いくつかのパラメーターでテストすることをお薦めします。

黒(彫刻) - 出力:25%、速度:10%、解像度:500 dpi、エアアシスト:ON
赤(カット) - 出力: 60%、速度:1%、周波数:1000 Hz、エアアシスト:ON、補正:10


ステップ2

全パーツの加工が終わったら組み立てます。組み立てる前に、パーツにお好きな色を塗るのもいいでしょう。

ダウンロード:イースターエッグカップの組み立て方


ダウン・ロード

デザインデータ(PDF) JobControlパラメーター

※デザインデータは、CorelDRAWまたはIllustratorのグラフィックソフトウェアで開いてください。
※JobControlのパラメーターをインポートする際、データベースに同じファイル名が既存している場合は上書きされますのでご注意ください。


トロテックの違いは、実際のレーザーで体感できます! デモをリクエストする
デモをリクエストする