laser cutting egg holder

木製イースターエッグカップ

ステップバイステップガイド

皆様のためにチャーミングなイースターデコレーションをデザインしました。イースターバニーの形をした木製イースターエッグカップです。荷車は卵を載せるために使います。ハンノキ材を使いましたが、一般的な合板も使えます。とくにポプラ製の合板がレーザーカッティングに適しています。


準備

材料

IKEA(イケア)のGURLIクッションカバー: どの
色で制作してもOKですが、彫刻には濃くて鮮やかな色がお勧めです。

使用機種

Speedy 400、80W、1.5インチレンズ


ステップバイステップ

ステップ1

[イースターバニー]ファイルを開いて、レーザーに送信してください。それから、下記の出力と速度のパラメータで彫刻とカッティングを開始してください。(当然、パラメータは加工機とその出力に依存するため、変更する必要がある可能性があります)

黒(彫刻) - 出力:25%、速度:10%、解像度:500 dpi、エアアシスト:ON
赤(カッティング) - 出力: 60%、速度:1%、周波数:1000 Hz、エアアシスト:ON、補正:10


ステップ2

すべての部品のカッティングが終われば、組み立てが可能です。組み立て前に、お好みで色を塗るのもいいでしょう。

ダウンロード:イースターエッグカップのマニュアル。